ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「米連邦取引委員会」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

FTC:Federal Trade Commission

Retail Dive:
なぜ顔認証技術の導入に失敗したのか? 誤認識で被害者多数、ある小売チェーンの記録
連邦取引委員会は薬局・小売チェーンのRite Aidが顔認証技術を不当に使用し、顧客に損害を与えたと述べ顔認識技術を5年間にわたって使用禁止とした。なぜこの導入は失敗したのだろうか。(2024/1/24)

Beeper、“Appleとのいたちごっこ”からの降板宣言 FTCは「精査する予定」
Androidから青いフキダシで「iMessage」に参加できるアプリ「Beeper Mini」の開発元が、“Appleとのいたちごっこ”から抜けると宣言した。米連邦取引委員会はこの発表直後、「プライバシーやセキュリティを反競争的行為の口実にすることは拒否する」と語った。(2023/12/24)

Retail Dive:
Amazonが連邦取引委員会と17州から提訴 同社のビジネスは“悪”か“恩恵”か
eコマース大手のAmazonが“不当な独占”として訴えられている。その経緯とは。(2023/11/3)

AmazonをFTCと州政府が独禁法違反で提訴 「失われた自由で公正な競争を回復する」とリナ・カーン委員長
米連邦取引委員会と17の米州政府は、Amazonをネット通販事業での独禁法違反の疑いで提訴した。「われわれの訴状は、Amazonが独占を不法に維持するために一連の懲罰的かつ強制的な戦術をどのように使用したかを明らかにしている」とカーン委員長。(2023/9/27)

Social Media Today:
X(旧Twitter)がステマ助長? 米FTCににらまれたら、どうするマスク氏
Xに掲載される広告に幾つかの不具合が生じている。この事態はFTCから警告を受ける可能性がある。(2023/9/27)

Xboxのプランなどの極秘文書、誤って数日間一般公開 FTC対Microsoftの訴訟で
Activision Blizzard買収を巡るFTCとMicrosoftの訴訟の一環で、連邦地裁の公式WebサイトにXboxに関する極秘文書が誤って数日間公開されてしまった。裁判所は文書を削除し、責任はMicrosoftにあると語った。(2023/9/20)

Marketing Dive:
ステマの闇に落ちないために日本のマーケターも知っておきたい米FTCの「エンドースメント」新指針
米FTCが「エンドースメントガイド」の最新版を発表した。この新たな指針には、企業のマーケティング担当者やソーシャルメディアのインフルエンサーにとって注意すべき点が幾つかあると専門家は指摘する。(2023/9/14)

米当局、“悪質UI”のアマゾン提訴 ユーザーだます「ダークパターン」なぜ生まれる?
ECサービスなどでユーザーを故意に迷わせたり、誤って購入させたりする「ダークパターン」。6月、米連邦取引委員会がアマゾンを提訴し大きな話題になった。ダークパターンはなぜ生まれるのか。(2023/7/31)

CIO Dive:
MicrosoftのロックインにGoogleが“不満爆発” 11ページの非難文の中身とは
米連邦取引委員会(FTC)のパブリックコメントの募集に3大ハイパースケーラーが応じた。Microsoftのロックインに対する業界の批判が高まる。(2023/7/17)

MicrosoftのActivision買収、FTCによる控訴は棄却、英規制当局は結論延期
MicrosoftによるActivision Blizzardの買収を阻止しようとしてきた米FTCが敗訴し、残る英規制当局は結論を8月29日までに出すとしている。(2023/7/16)

MicrosoftによるActivision Blizzard買収訴訟、FTCが控訴
FTCはMicrosoftによるActivision Blizzard買収を一時停止するよう控訴裁に控訴した。Microsoftの法務責任者はこの行動を「遺憾に思う」とツイートした。(2023/7/14)

MicrosoftのActivision Blizzard買収、米地裁がFTCによる仮差止命令申請を棄却
MicrosoftによるActivision Blizzard買収阻止を求めるFTCの申請を米地裁が棄却した。FTCは控訴可能だ。この買収はEUは既に承認している。英当局とも合意に向かっているとMicrosoftは説明した。(2023/7/12)

AmazonをFTCが提訴 「プライム」の“詐欺的”な加入/キャンセルプロセスをめぐり
米連邦取引委員会(FTC)はAmazonを提訴した。リナ・カーン委員長は「プライム」への加入とキャンセルのプロセスが“詐欺的”だとしている。Amazonは「顧客はプライムを愛している」という声明を出した。(2023/6/22)

MicrosoftのActivision Blizzard買収、FTCが連邦地裁に仮差止命令申請
米連邦取引委員会(FTC)は、MicrosoftによるActivision Blizzard買収を差し止めるよう連邦地裁に申請した。この取引について、英当局は阻止、EUは承認している。(2023/6/13)

Microsoft、Xboxでの子どもデータ保存問題でFTCに和解金2000万ドル
米連邦取引委員会(FTC)は、MicrosoftがXboxで児童オンラインプライバシー保護法に違反したとして提訴していた訴訟で、Microsoftに2000万ドルの和解金支払いを命じた。Microsoftはこれに合意し、アカウント作成プロセスを改善した。(2023/6/7)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
2022年度の国内PC出荷台数は2年連続の減少/米連邦取引委員会と司法省がAmazonを提訴
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、5月28日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2023/6/4)

Amazon傘下のRing、プライバシー訴訟で580万ドルの和解金 「従業員がユーザーの動画を閲覧」
Amazon傘下のRingは、ホームカメラでの違法スパイ行為でFTCに提訴された。FTCはRingがユーザーの動画を無断で視聴したり、アルゴリズムのトレーニングに使ったと主張。Ringはこの主張に同意しないが、和解するために580万ドルの支払いに同意した。(2023/6/1)

Amazon、「Alexa」による児童オンラインプライバシー法違反で罰金2500万ドル
米FTCと米司法省がAmazonを提訴した訴訟で、Amazonは2500万ドルの罰金支払いに同意した。「Alexa」と会話した子供のデータの収集と利用がCOPPA違反とされた。AmazonはFTCの主張には同意しないが訴訟解決のために和解条件に同意したとしている。(2023/6/1)

MicrosoftのActivision Blizzard買収をEUが承認
EUの欧州委員会は、MicrosoftによるActivision Blizzardの買収を承認すると発表した。MicrosoftがEUの提示する条件を受け入れたため。この買収については、米FTCと英CMAが承認していない。(2023/5/16)

AIウォッシングに警鐘【前編】
「AI製品」の4割はうそ? 盛り過ぎ広告にFTCが“激おこ”の真相
OpenAIの「ChatGPT」をはじめとするジェネレーティブAI製品が急速に普及する一方、“偽りのAI製品”がはびこり始めている。こうした中、AI技術に関する誇大広告を問題視する動きがあるという。何が起きているのか。(2023/4/26)

フェイクレビュー対策に乗り出す米国【中編】
「うちには責任がない」 フェイクレビューで訴えられた賃貸サイトの言い分
偽の商品レビュー「フェイクレビュー」に関してFTCらから提訴された、賃貸物件仲介サイトのRoomster。訴訟の却下を申し立てた同社の言い分とは。専門家が指摘する、この訴訟そのものの問題点は。(2023/2/22)

Epic GamesにFTCが罰金5億2000万ドル 子どものプライバシー侵害とダークパターン使用で
米連邦取引委員会(FTC)は「フォートナイト」を手掛けるEpic Gamesに総額5億2000万ドルの支払いを命じた。米COPPA違反の罰金支払いと「児童をだまして不当な請求をした」としての返金だ。アイテム購入のわかりにくさ改善も命じた。(2022/12/20)

米連邦取引委員会(FTC)、MicrosoftのActivision Blizzard買収を阻止へ
米連邦取引委員会(FTC)は、Microsoftが1月に発表したActivision Blizzardの買収を阻止しようとしていると発表した。ゲーム業界の競争相手を抑圧するおそれがあるとして提訴する。Microsoftの法務担当者は「この訴訟には自信がある」とツイートした。(2022/12/9)

「Twitterの最近の動きに強い懸念」と米連邦取引委員会(FTC)
Twitter内部の混乱が広がっている。プライバシー関連幹部3人が新たに退社した。FTCへの報告期限の前日だった。(2022/11/11)

FTC、中絶特定を可能にする可能性があるとして広告技術のKochavaを提訴
米連邦取引委員会(FTC)は、広告トラッキングツールを提供するKochavaを提訴した。同社が提供するツールで、中絶しようとしている人などの個人の特定が可能になり、個人を危険にさらしていると主張する。(2022/8/30)

Twitterの元セキュリティ責任者が問題を内部告発 Twitterの反論は
Twitterの元セキュリティ責任者がTwitterのセキュリティおよびプライバシーに関する不備について内部告発を行った。米国連邦取引委員会の定めを順守していないと非難している。(2022/8/26)

Amazon、FTCの民事調査請求に制限要請──「嫌がらせ以外に役立たない」
Amazonは米連邦取引委員会が実施中の同社の調査に関し、一部の民事調査請求(CID)の無効あるいは制限を要請した。ベゾス会長やジャシーCEOへの証言要求は「実行不可能かつ不公平」としている。(2022/8/17)

米連邦取引委員会(FTC)、データプライバシー規則制定に向けて始動
米連邦取引委員会(FTC)は、企業によるデータ収集を規制する規則制定に乗り出した。パブリックコメントを求める通知を発行。「FTCが商業的監視とデータセキュリティ慣行に対処するための規則を発行する必要があるかどうか意見を聞きたい」とリナ・カーン委員長は語った。(2022/8/12)

Googleさん特別編「Amazonさん」:
Amazonがルンバ買収で手に入れるご家庭の情報は大丈夫? FTCとの戦いが始まるか
Amazonがお掃除ロボット「ルンバ」のiRobotを買収すると発表しました。欲しいのはロボットではなくルンバが集める間取り情報かも? Amazonの天敵、リナ・カーンFTC委員長はどう出るでしょう。(2022/8/7)

米国での暗号資産詐欺被害額、2021年初頭から累計10億ドル以上
FTCによると、米国での2021年初頭からの暗号資産詐欺被害額は10億ドル以上。4万6000人以上が被害を報告した。2021年の被害額は2018年の約60倍だ。(2022/6/6)

Twitter、FTCおよびDoJによるプライバシー関連申し立てで和解 1.5億ドル支払い
Twitterは2019年にプライバシー慣行で米連邦取引委員会と米司法省に提訴されていた件で和解した。和解条件として罰金1億5000万ドルの支払いと、新たなコンプライアンスの導入を命じられた。(2022/5/26)

この頃、セキュリティ界隈で:
米国では「Log4j」脆弱性の放置に法的措置も 攻撃に引き続き警戒を呼び掛け
「Log4j」の脆弱性の問題は、年が明けても深刻な状況が続いている。米Microsoftは企業に対し、引き続き警戒するように注意を呼び掛けている他、米連邦取引委員会(FTC)は対策を怠った企業に対し、法的措置を講じる考えを示した。(2022/1/17)

競争上の懸念を示す:
FTC、NVIDIAによるArm買収案件で提訴へ
米連邦取引委員会(FTC)は、NVIDIAによるArm買収には競争上の懸念があるとして、それを阻止するために訴訟を起こすという。(2021/12/7)

NVIDIAのソフトバンクGからのArm買収は競争を阻害すると米FTCが提訴
NVIDIAが昨年9月に発表したArmの買収は半導体市場の競争を阻害するとして、買収差し止めを求めて提訴した。NVIDIAは取引完了を2022年3月ごろとしていたが、裁判は2022年8月に開廷する。(2021/12/3)

バイデン政権、プライバシーの権威ベドヤ教授をFTC委員に指名
バイデン米大統領は、連邦取引員会(FTC)の委員にアルバロ・ベドヤ教授を指名した。ビッグテックに批判的なリナ・カーン委員長はベドヤ氏の「監視とデータセキュリティに関する専門知識は非常に価値がある」と歓迎した。(2021/9/14)

FTC、Facebookを再度申し立て リナ・カーン委員長忌避は却下
米連邦取引委員会(FTC)がFacebookをあらためて独禁法違反で提訴した。Facebookが請願していたリナ・カーン委員長の忌避は却下。Facebookはこれを受け「FTCがこの無益な訴訟を続けるのは残念だ」とツイートした。(2021/8/20)

FTC、「修理する権利」制限に対する法的処置強化の政策声明
米連邦取引委員会(FTC)は、企業による「修理する権利」制限に対する法的処置強化の政策声明を発表した。「企業は多様な手段で修理を制限しているが、こうした制限は消費者のコストを上げ、修理業者の機会を削いでいる」とリナ・カーン委員長。(2021/7/22)

Amazonに続きFacebookもFTCにリナ・カーン委員長の忌避申し立て
Facebookが米連邦取引委員会に対し、同委員会のリナ・カーン委員長がFacebookの独禁法訴訟に関わらないよう嘆願した。カーン氏はIT大手規制論者として知られる。同氏に対してはAmazonも同様の忌避申し立てをしている。(2021/7/15)

和解成立し、制裁金は課さず:
FTC、Broadcomに対し独禁法違反の是正を要求
米国の規制当局は2021年7月2日(米国時間)、 同じ範囲のSoC(System on Chip)製品について、同社が違法で独占的な慣行を行っていると裁定した。米連邦取引委員会(FTC)は、Broadcomがブロードバンドやビデオ用の幅広いチップについて、機器メーカーやユーザーと長期的な独占契約を結んでいると主張したのだ。(2021/7/13)

Amazon、FTCのリナ・カーン委員長の独禁法調査関与に忌避の申し立て
Amazonが、米連邦取引委員会(FTC)に同社が関わる独禁法調査や訴訟からのリナ・カーン委員長の忌避を申し立てた。AmazonはIT大手規制論者の同氏が「Amazonの独禁法上の抗弁を偏見なしに検討できない」と主張する。(2021/7/1)

フェイスブックの時価総額1兆ドル突破 米独禁法勝訴で
米フェイスブックの株価は6月28日に急伸し、時価総額は1兆ドル(約110兆円)を突破した。米連邦取引委員会(FTC)と複数の州が起こしていた反トラスト法(独占禁止法)訴訟で、米連邦地裁判事が立証不十分として訴えを退けたことが要因。(2021/6/29)

Facebookを独禁法でFTCと48州が提訴した裁判、連邦地裁が棄却
FTCと48州がFacebookを独禁法違反で提訴した裁判で、連邦地裁は両者の申し立ては法的に不十分として棄却した。ただし、FTCが主張の根拠を説明するよう訴状を修正すれば、裁判は継続する。(2021/6/29)

IT大手規制論者のリナ・カーン氏、FTC委員長に
IT大手規制論者として知られるリナ・カーン氏(32)が米連邦取引委員会(FTC)の委員長に就任した。カーン氏は「企業の横暴から国民を守ることを楽しみにしている」と語った。(2021/6/16)

バイデン政権、IT大手規制論者のカーン氏をFTC委員に指名
ジョー・バイデン米大統領が、米連邦取引委員会(FTC)の委員にIT大手規制論者のリナ・カーン氏を指名した。政府によるGAFA対応が厳しくなりそうだ。(2021/3/23)

米当局がFacebookを独禁法違反で提訴 Instagramの売却など求める
違法に独占を維持したとして米連邦取引委員会(FTC)が提訴。(2020/12/10)

Facebookを米FTCと46州が独禁法違反で提訴
FacebookのInstagramとWhatsAppの買収は独禁法に違反する疑いがあるとして、米連邦取引委員会と米国の46の州とワシントンD.C.、グアムの司法長官が、Facebookを提訴した。Facebookは法廷で争う姿勢を示した。(2020/12/10)

ASUS、“ScreenPad 2.0”を搭載した15.6型ノート「ZenBook 15」新モデルなど2製品
ASUS JAPANは、第10世代Coreプロセッサを搭載した15.6型ノートPC「ASUS ZenBook 15 UX534FTC」「ASUS VivoBook 15 X512JA」を発売する。(2020/5/28)

米連邦取引委員会、GAFA+Mに独禁法関連報告を要請
米連邦取引委員会(FTC)がAlphabet(傘下のGoogleを含む)、Amazon.com、Apple、Facebook、Microsoftに対し、2020年以降に行ったすべての買収に関する情報の提出を要求した。報告に基づいて、買収が競争上の懸念を引き起こしていないかなどについて調査する計画。(2020/2/12)

YouTube、子ども向けコンテンツの新ルールをグローバル展開
YouTubeは、予告通りクリエイター向けの子ども向けコンテンツの設定をグローバルに義務付けると発表した。FTCとの和解条件である児童オンラインプライバシー保護法COPPAに順守するためだ。(2020/1/7)

Intel、「Qualcommの不正な競争障壁のせいでモデム事業をAppleに売却して大損」と主張
Intelが、QualcommとFTCの裁判に提出したアミカスブリーフで、Qualcommがモデムチップ市場で構築した不正な障壁のせいで撤退を余儀なくされたと主張。Appleにモデム事業を売却したことで、数十億ドルの損失があったとしている。(2019/12/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。