ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2021年09月14日 12時00分 公開

バイデン政権、プライバシーの権威ベドヤ教授をFTC委員に指名

バイデン米大統領は、連邦取引員会(FTC)の委員にアルバロ・ベドヤ教授を指名した。ビッグテックに批判的なリナ・カーン委員長はベドヤ氏の「監視とデータセキュリティに関する専門知識は非常に価値がある」と歓迎した。

[ITmedia]

 ジョー・バイデン米大統領は9月13日(現地時間)、米連邦取引委員会(FTC)の委員に米ジョージタウン大学法学部教授、アルバロ・ベドヤ氏を指名した。

 ベドヤ氏は同大学のプライバシー&テクノロジーセンターの創設者で、プライバシーの権威として知られる。上院の司法プライバシー小委員会の主任顧問を務めた経験もあり、位置情報データや顔認識技術などの問題に取り組んでいる。

 bedoya アルバロ・ベドヤ教授(ジョージタウン大学のサイトより)

 FTCのリナ・カーン委員長は声明文で「アルバロ(ベドヤ氏)の監視とデータセキュリティに関する専門知識と、公共サービスに対する彼の長年の取り組みは、現在のこの途方もないニーズと機会に対応するために、委員会にとって非常に価値がある」と語った。

 カーン氏はビッグテックと呼ばれるFacebookやGoogleなどのIT大手の独禁法に関する問題に詳しい。プライバシーの権威であるベドヤ氏が加わることで、IT大手の個人情報の扱いに関する監視が厳しくなりそうだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.