ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  E

「eコマース」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!ネットショッピング→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でネットショッピング関連の質問をチェック

ECサイト会員を対象に実施:
普及する在宅勤務、どんなデスクが売れているのか コクヨが人気ランキングを発表
コクヨが「2021年上半期 デスクの人気売れ筋ランキングTOP3」を発表した。自社の公式直販ECサイト「KOKUYO Workstyle Shop」の会員を対象に調査を実施した。在宅勤務向けにどんな商品が支持されているのか。(2021/7/24)

ECサイトでまたクレカ情報流出か 建築系ショップから2018年7月〜21年1月の間に4000件以上
建材・家具などの補修材の卸売業をするキャンディルデザインは、同社のECサイトに不正アクセスを受け、クレジットカード情報4040件が漏えいした可能性があると発表した。(2021/7/20)

中古スマホ販売「にこスマ」、iPadを最大7000円オフ 8月10日まで
中古スマートフォンのECサイト「にこスマ」は、iPadが最大7000円オフになる夏休み応援セールを開催する。対象は32GB/128GBのiPad(第5世代)と32GBのiPad(第6世代)で、期間は7月21日〜8月10日の3週間。(2021/7/20)

ヤフー、後払い開始 Yahoo!ショッピング、PayPayモールで
ヤフーが運営するeコマース「Yahoo!ショッピング」「PayPayモール」において、後払い決済「ゆっくり払い」の提供が開始。8月からはアスクルがヤフーの協力により運営する「LOHACO by ASKUL」においても提供する予定。(2021/7/15)

読売新聞子会社でクレカ情報流出 すでに767万円の金銭的被害も確認
読売新聞の子会社が、ECサイトが不正アクセスを受け、ク1301人分のクレジットカード情報が漏えいした可能性があると発表した。一部の情報は不正利用され、計767万4605円の被害が出ていることを確認したという。(2021/7/14)

Yahoo!ショッピング、PayPayモール、LOHACOで後払い決済が可能に
ヤフーが運営するeコマース「Yahoo!ショッピング」「PayPayモール」で、支払期限が最大2カ月になる後払い決済「ゆっくり払い」を提供開始した。「LOHACO by ASKUL」も8月から対応する予定。(2021/7/14)

人気の「生ジョッキ缶」再登場 一部ネット通販では相場の倍に
アサヒビールは13日、「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」を再発売した。人気の商品だけに一部ECサイトでは割高な値付けの商品も見られる。(2021/7/13)

スマホアクセサリー購入ガイド:
スマホの機能はちゃんと使える? 防水ケースの選び方とオススメ製品
屋外のアクティビティーを楽しむ機会が増えるシーズンには、防水ケースを用意しておくと何かと心強い。今回は、スマートフォン向けの防水ケースを選ぶポイントをチェックしつつ、ECサイトで手頃に入手できる製品を5つピックアップして紹介する。(2021/7/11)

「にこスマ」の6月中古iPhone販売ランキング iPhone 8がトップ2
中古スマートフォンのECサイト「にこスマ」が、2021年6月の中古iPhone販売数ランキングを発表。iPhone 8(64GB)とiPhone 8(256GB)が3カ月連続でトップ2を独占している。(2021/7/8)

中古スマホ販売「にこスマ」が保証期間を改定 1年間は無料で返品交換が可能に
中古スマートフォンのECサイト「にこスマ」が、7月1日に保証期間を改定。初期不良による故障が発生した際、端末発送から1年間は返品交換が可能な「あんしん1年保証」を適用する。(2021/7/1)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
中国で“果実酒人気”が爆発、日本企業は「中国の女性」に訴求できるか?
中国で、果実酒など低アルコールドリンクの市場が急拡大している。新興ブランドが都市部の高収入女性のニーズを掘り起こし、伝統酒造メーカーも相次ぎ参入。アリババECサイトの6月のセールでは、果実酒の流通総額は前年比100%、梅酒は200%増えた。中国の女性に特化したマーケティングに力を入れる日本企業も出てきている。(2021/7/1)

DXを推進:
ニトリHD、22年3〜5月期の連結決算を発表 EC事業などが好調
ニトリが2022年2月期第1四半期の連結決算を発表した。売上高、営業利益、経常利益、純利益ともに好調だった。(2021/6/30)

日本郵便が「置き配保険」を導入 1万円まで補償
日本郵便が、「置き配」の荷物が盗難に遭ったとき、保険会社を通して商品の注文者に最大1万円の保険金を支払う「置き配保険」を導入する。事前に合意したEC事業者などが発送する荷物が対象。(2021/6/28)

Windows 11に無料アップデートできるのはどれ? Lenovoが現行の対応モデル公開
米Microsoftが発表したWindows OSの新バージョン「Windows 11」について、LenovoはWindows 10から無償アップデートできる現行モデルを自社のECサイトで公開した。(2021/6/25)

中古スマホ販売「にこスマ」、AndroidスマホとiPadの取り扱いを開始
中古スマートフォンのECサイト「にこスマ」は、中古iPhoneに加えてAndroidとiPadの取り扱いを開始した。第1弾としてAndroidを6機種、iPadを2機種をそろえる。(2021/6/24)

楽天グループ、物流センターを東京都八王子市に新設 2023年稼働へ
楽天グループは東京都八王子市に物流センターを新設すると発表した。同社が運営する「楽天市場」などECサイトの利用需要がコロナ禍により高まっていることに伴い、既存の物流センターの稼働率上昇を見込むため。2023年の稼働を目指す。(2021/6/23)

アマゾン、不正商品管理に不備 名誉毀損やわいせつ物頒布の疑い
電子商取引(EC)大手のアマゾンジャパン(東京)のECサイトで、女性芸能人への名誉毀損(きそん)やわいせつ物頒布などの疑いがある不正な商品が多数販売されていることが20日、分かった。一部の出店者による不正商品の販売に対するアマゾンの管理に不備がある形で、アマゾン自体の責任が問われる可能性もある。政府もアマゾンに聴取するなどの検討に入った。(2021/6/21)

巨大ITに問われる責任 Amazonに不正商品多数 質向上へアメとムチ
EC大手のアマゾンジャパンのECサイトで、女性芸能人への名誉毀損(きそん)やわいせつ物頒布などの疑いがある不正な商品が多数販売されていることが分かった。同社を含むプラットフォーマーは、不正出品をAIで検出して強制排除したり、質の高いコンテンツを優遇したりするなど、アメとムチを使い分ける対策を進めている。(2021/6/21)

スピン経済の歩き方:
ネットフリックス通販参入が、「日本のコンテンツ産業衰退」を早めるワケ
米ネットフリックスがECサイト「Netflix.shop」をスタートした。身近な話ではないので、「それが何か?」と思われたかもしれないが、筆者の窪田氏はこのことによって「日本のコンテンツ産業が衰退するのではないか」と予測する。どういう意味かというと……。(2021/6/16)

NetflixがECサイト「Netflix.shop」を米国でオープン 新進アーティストとアニメやドラマのコラボ商品を展開
米Netflixは6月10日(現地時間)、独自のECサイト「Netflix.shop」を米国でオープンした。同社が配信するアニメやドラマと、アーティストやアパレルブランドがコラボした限定グッズを販売。(2021/6/11)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年6月)
ECサイトから顧客のニーズや嗜好に適した顧客体験を提供するための「パーソナライゼーションエンジン」が人気です。今月の国内顧客ドメイン数TOP10を前月と比較すると、「AiDeal」は横ばい、他のツールは微減しました。(2021/6/8)

ヤマトが配送票の個人情報を伏字に、氏名のみQRコード化 「置き配」の情報漏えい抑止、まずはZOZOが導入
ヤマト運輸が、配送伝票に書く住所などの個人情報を伏字にし、氏名のみをQRコードにして記載するサービスを開始。住所や電話番号などを印字しないため「置き配」時にこれらを盗み見られるリスクが減らせるという。まずはECサイト「ZOZOTOWN」が導入する。(2021/5/31)

PS用ソフトが最大80%OFFの「Days of Play」セール開始 「ドラクエ11S」35%OFF、「Ghost of Tsushima」50%OFFなど
今回はヨドバシやAmazonなどのECサイトや店頭販売も対象に。(2021/5/27)

“0円販売”で食品ロス抑止 月額会員制のECサイトがクラウドファンディング開始
STRKは5月24日、賞味期限の近い食品などを市価の6〜10割引きで販売する月額会員制のECサイト「トクポチ」を発表した。8月1日にサービスを始める予定。商品は食品卸会社の在庫などから調達し、食品ロスの削減につなげるという。(2021/5/24)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年5月)
オンラインショッピング市場がますます重要になっている中、ECサイトから顧客のニーズや嗜好に適した顧客体験を提供するための「パーソナライゼーション エンジン」が人気です。今月は「Sprocket」と「Silver Eggアイジェント・レコメンダー」が顧客を増やしました。(2021/5/18)

ヤマト運輸、利用者に配達順を通知 ECサイトの商品で
ヤマト運輸がECサイトの荷物を配達する際、受け取り側に配達の順番を知らせる新サービスを2021年度中に始める。「何番目に荷物が届く」のかを示して受け取りのタイミングを明確にし、顧客の利便性を向上させるという。(2021/5/11)

楽天市場や楽天Payが一時利用できず、機器の不具合で 現在は解消
楽天グループが運営するECサイト「楽天市場」や決済サービス「楽天Pay」などが、5月1日の午後6時ごろから一時利用できない状態だった。原因はデータセンターの不具合で、障害は30分ほどで解消したという。(2021/5/2)

中古スマホ販売「にこスマ」、iPhone SE(第2世代)64GBモデルを販売 3万8000円〜
中古スマートフォンのECサイト「にこスマ」は、数量限定でiPhone SE(第2世代)64GBモデルを3万8000円(税込み)から販売。全機種に使用できる1000円クーポンキャンペーンも期間限定で実施する。(2021/4/23)

ECサイト「au WALLET Market」終了 「au PAY マーケット」に引き継ぎ
KDDIは、ネットショップ「au WALLET Market」を10月31日に終了する。ユーザー情報は、「au PAYマーケット」に引き継ぐ。(2021/4/21)

マスクド・アナライズの新弟子入門!:
創業2年半でユーザー数3000人超 ノーコード×AI開発の「MatrixFlow」が考える“真のAI民主化”とは
2018年の設立から現在までで3000人超のユーザー数を抱える他、インテリアのEC事業「LOWYA」などを手掛けるベガコーポレーションから1億円の資金調達を受けるなどの成長を見せているMatrixFlow社の田本社長に、ノーコード×AIの未来を聞きました。(2021/4/5)

Amazon、楽天、ヤフーなどが国の規制対象に 出店者向けの相談窓口も設置
経済産業省はアマゾンジャパンや楽天グループ、ヤフーなどを規制対象に指定し、各ECサイトの出店者向けに相談窓口を設置したと発表した。2月に施行したデジタルプラットフォームに関する法律に基づく取り組み。(2021/4/1)

「ドスパラ」で景表法違反 別商品や販売実績乏しい商品と値引き比較【訂正あり】
東京都が、ECサイト「ドスパラ」を運営するサードウェーブに景品表示法に基づく措置命令を下した。PCの値引き前の価格を不当に高く表示し、割安であるかのように消費者に誤認させていたという。(2021/3/30)

大資本VS. ローカル:
地元の小さな店を“オンライン”にする、米国スタートアップ3選
新型コロナの感染拡大を受けて、ECサイトにチカラを入れる企業が増えてきた。しかし、大企業であればすぐに対応できても、小さな会社は違う。限られたリソースの中で対応するのは大変だが、そうした課題に対して支援する動きが出てきた。どういうサービスかというと……。(2021/3/19)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
ありがたや、ECサイトの「星1」レビュー(?)
Amazonの「星1レビュー」、どのくらい参考にしてますか?(2021/3/11)

ヤフー、4月からECサイトの配送料を全国一律に 打倒アマゾン・楽天へ、業界3位から巻き返し狙う
ヤフーとヤマト運輸は、ヤフーが運営するECサイトの配送料や配送方法を見直すことで、EC業界での競争力を強化する。現在「業界3番手」と自社サービスを認識するヤフー。先行するアマゾンジャパンや楽天に対し、巻き返しを狙う。(2021/3/10)

アーバンリサーチの公式ECサイトに不正アクセス 会員情報約32万件が流出した可能性
アーバンリサーチが、同社のECサイトが不正アクセスを受け、31万7362人分の会員情報が流出した可能性があると発表。クレジットカード情報について流出の恐れはないとしている。(2021/3/10)

メルペイ、ECサイトで使えるバーチャルカード発行 カードを持たない人でも後払い可能に
メルペイは3月8日、オンラインサイトでのカード決済に利用できるバーチャルカードの発行を開始した。利用代金の支払いは後払いの「メルペイスマート払い」を使う。ブランドはMastercard。(2021/3/8)

三井不動産、物流施設新たに7件 コロナで好調なネット販売が需要押し上げ
三井不動産が、首都圏など国内で新たに7つの物流施設を開発する。コロナ禍を受け、物流施設のニーズはECサイトの好調などを背景に高まっている。同社はラストワンマイルの物流サービスを後押しする施設開発を進め、事業拡大を図りたい考えだ。(2021/3/5)

楽天カードかたる詐欺メールに注意 偽のログイン画面に誘導しクレカ情報を窃取
フィッシング対策協議会が、楽天カードをかたるフィッシングメールを確認したとして注意喚起。ECサイト「楽天市場」が障害から復旧したなどと偽ってフィッシングサイトへ誘導するという。(2021/3/4)

大手ECなどかたるフィッシングメール、1年で5倍に 被害に遭わないためには?
大手ECサイトなどをかたるフィッシングメールが1年で5倍近く急増している。被害に遭わないためには何ができるのか、専門家に聞いた。(2021/2/18)

ECサイト利用で現金還元 レシート買取アプリ運営元が新サービス
フィンテックベンチャーのWEDが、指定のECサイトで商品を購入したユーザーに、決済額の最大15%を現金で還元するサービス「C」の提供を始めた。(2021/2/17)

人の動きを検知するLED電球、+Styleが発売 人感センサーを一体化してコンセント不要に
ECサイト「+Style」を運営するプラススタイルが人感センサーで人の動きを検知して点灯するLED電球を発売する。価格は3980円(税込)。(2021/2/10)

カルビー、EC事業で副業人材を募集 原則テレワークで
カルビーが、EC事業に副業として参加する外部人材の募集を始めた。出社は求めず、テレワークでの業務を原則とする。(2021/2/9)

デジタルマーケティングの専門スキル求める:
カルビーが「副業人材」募集 EC事業拡大へ、社外の知見を活用
カルビーは、副業人材の募集を開始した。EC事業の拡大を担う専門的な人材と契約し、数カ月から1年の期間、オンラインで業務を任せる。柔軟な働き方を推進するとともに、社外の知見を事業拡大に生かす。(2021/2/9)

ECサイト決済、クレジットカードが減少し「PayPay」が台頭 SBペイメントが調査
SBペイメントサービス株式会社は、ECサイト(物販、デジタルコンテンツ)にでの決済手段の利用実態を調査。2018年調査と比較してクレジットカード決済の利用割合が減少し、PayPay(オンライン決済)などの割合が増加している。(2021/2/5)

Xiaomiの「Redmi 9T」が登場 4眼カメラやSnapdragon 662搭載で1万5900円(税別)
Xiaomiが2月2日、SIMロックフリースマートフォン「Redmi 9T」を発表した。2月5日からMVNOや家電量販店、ECサイトなどで販売される。4眼カメラやSnapdragon 662を搭載しながら、税別で1万5900円という価格を実現した。(2021/2/2)

4月めど:
楽天、社名を「楽天グループ」に変更へ グループの機動力向上
楽天は4月をめどに、社名を「楽天グループ」に変更する。EC事業に限らず、事業の多角化が進む中、グループ経営を加速させる狙いがあるようだ。(2021/1/28)

“音声版Twitter”のClubhouseの招待枠、メルカリで出品相次ぐ 1枠4000円から1万円程度
米Clubhouseが手掛ける音声チャットプラットフォーム「Clubhouse」の招待枠が、ECサイト「メルカリ」で出品されていることが分かった。価格は4000円から1万円程度で取引されていた。(2021/1/26)

ヤフー、無料で商品1つ提供するサービス マスクや米など ECサイト利用を促進
ECサイト「Yahoo!ショッピング」「PayPayモール」で買い物をするユーザーに、無料で商品を1つ提供するサービスをヤフーが始めた。(2021/1/22)

不正アクセスでペイメントアプリ改ざん 「柿安オンラインショップ」カード情報集出、不正利用も
ECサイト「柿安オンラインショップ」が不正アクセスを受けて顧客のクレジットカード情報が流出し、一部の顧客のカード情報が不正利用された可能性。第三者によってシステムの脆弱性が突かれ、ペイメントアプリを改ざんされたためという。(2021/1/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。