ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「違法」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「違法」に関する情報が集まったページです。

スピン経済の歩き方:
なぜ日産は「技術」をアピールして、「ぶっ壊せ」と言えないのか
日産の業績が悪化している。「ゴーン前会長のことがあったから仕方がないでしょ」と思われている人が多いかもしれないが、筆者の窪田氏はちょっと違うところが気になるという。それは、同社のCM「ぶっちぎれ、技術の日産」というコピーだ。(2019/5/21)

違法な長時間労働、アニメ制作会社「マッドハウス」に是正勧告
 アニメ制作会社「マッドハウス」(東京都中野区)が社員に違法な長時間労働をさせたなどとして、新宿労働基準監督署から是正勧告を受けていたことが17日、分かった。勧告は4月17日付。(2019/5/20)

アニメ会社マッドハウス、労基から是正勧告 スタッフが月393時間労働や37連勤など労働実態を証言
マッドハウスは問題を一部認めていますが……。(2019/5/17)

世界を読み解くニュース・サロン:
「日本発アメコミ」の挑戦 アジア系ヒーローは世界で勝負できるか
映画『アベンジャーズ』の大ヒットで、これまで以上にアメコミが注目されている。その独特のスタイルになじみがない人も多いかもしれないが、いま日本で新たな挑戦が動き出している。それが「日本発のアメコミ」だ。(2019/5/16)

マネーの達人:
ネットワークビジネスに勧誘されやすい人とは? 断るために知っておきたい「勧誘手口の4ステップ」
ネットワークビジネスに勧誘されやすい人には4つの特徴があります。間一髪で勧誘から逃げ切った筆者の経験から、勧誘方法の4ステップと断り方を解説します。(2019/5/14)

年収400万円の不動産投資家は、どうやって3年で家賃収入700万円を超えたのか?
不動産投資は、資産運用の王道の一つだが、なかなか最初の一歩が踏み出せないという人も多い。先輩不動産投資家は、どうやって最初の一歩を踏み出したのか?(2019/5/13)

専門家のイロメガネ:
わたし、定時で帰れるの? 残業を強制できるラインはどこか
ドラマ『わたし、定時で帰ります。』が話題になる背景には、多くの人にとって定時で帰れず残業が当たり前の状況があります。本来、残業をせずに定時で帰っていいラインとはどこにあるのでしょうか?(2019/5/8)

架空世界で「認証」を知る:
君は「マニュアルプロテクト」を知っているか? 小島秀夫監督のゲーム作品に見る“認証の謎解き”
小説、漫画、アニメ、映画などの架空世界に登場する「認証的なモノ」を取り上げて解説する連載をITmediaで出張掲載。第14回のテーマは「現実とゲームが溶け合う認証」について。(2019/5/7)

麻薬や流出データを売る世界最大級“闇サイト”摘発 ダークウェブ上の利用者は115万人超
さまざまな国と機関の協力によって逮捕・閉鎖に至りました。(2019/5/4)

観月ありさがまさかの“52歳”役で登場「インハンド」 驚異の「若返り術」を真に受けそうになった3話を振り返り
観月ありさ自身の実年齢は42歳、それにしたって若くみえるのに!(2019/5/3)

長谷川京子×水野美紀×玄理×大政絢 金10「ミストレス 女たちの秘密」男性陣が怖すぎる、距離感が狂ってる
女4人の関係は浅くもないが深くもない。(2019/4/26)

体が小さくても気は強い!? 優しいワンちゃんとファイトする赤ちゃんカンガルーがやんちゃ
パンチ! パンチ!! キーック!!!(2019/4/21)

世界を読み解くニュース・サロン:
タイガー・ウッズ復活劇、勝利の裏で名を上げた“あの企業”
米プロゴルファー、タイガー・ウッズの復活劇が注目を浴びている。その裏には、暗黒時代にもスポンサーとして支え続けた企業の存在があった。その筆頭が、スポーツ用品大手のナイキだ。また、その中には日本企業も名を連ねている。(2019/4/18)

大阪で“ヤミ民泊”4200件撃退! 悪質業者と闘い続ける「撲滅チーム」の正体
東京に比べて家賃が安いことや、観光地が多いことから、大阪は営業許可がないまま客を泊める“ヤミ民泊”の温床になっている。この事態を改善するため、大阪市は警察OBなど約70人を集めた「違法民泊撲滅チーム」を昨夏に立ち上げた。今回は、同チームの現地調査に同行取材を実施。現状について、トップへのインタビューも行った。(2019/4/17)

Microsoft 365で実現するクラウド時代のセキュリティ(2):
PR:社給端末制限の緩和でコストをかけずに、安全かつ柔軟性のあるリモートワーク環境の提供を!
本稿は、Microsoft 365に含まれる「セキュリティ関連機能」にスポットを当てるシリーズです。公式ドキュメントからは読み取れない便利な機能を、日本マイクロソフトの技術営業チームが紹介します。今回は「社給端末制限」について再考し、クラウドをより良く活用するためのベストプラクティスを紹介します。(2019/4/18)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2019年3月版:
「JavaScript」と「警察」は相性が悪いのか?
2019年3月のセキュリティクラスタでは、「JavaScriptを使った無限アラートサイトへのリンクで中学生が補導された事件」に対する意見が殺到しました。「コインハイブ事件の判決」でもJavaScriptと警察の対応が話題の中心になりました。この他、「破産者マップ」についても多数のツイートが飛び交いました。(2019/4/15)

古市憲寿VS. ひろゆき(後編):
マイナンバーを嫌ってTポイントを喜ぶ、日本人が気付いていない思い込み
人々が互いに監視しあい評価しあう社会では、働き方や消費行動はどのように変わるのだろうか。AIによって選択させられる人間は幸福なのか。社会学者の古市憲寿氏と元2ちゃんねる管理人のひろゆき氏に、AI時代の人間像について語ってもらった。(2019/4/15)

検察側の控訴が物議 なぜコインハイブ事件は無罪判決を勝ち取れたのか、地裁判決3つの根拠を整理
無罪判決後、モロさんは会見で「今後はフェアな取り調べをしていただけたら」と語っていました。(2019/4/14)

不適切動画をAIでフィルタリング、映像・音声の分割で精度向上――Hmcommとイー・ガーディアンが共同開発
投稿監視やソーシャルリスニングなどを手掛けるイー・ガーディアンと、AIによる音声処理技術を用いたサービスを提供するHmcommは、AIによる動画監視フィルタを共同開発する。動画内の映像と音声を別々に切り出して精査し、不適切なコンテンツを高精度に検出する。(2019/4/12)

「『不正指令電磁的記録の罪』積極的な取り締まりを」警察庁の2月の通達、奈良県警が全文開示
奈良県警がエンジニアのSUGAIさんの情報公開請求に応じ、「不正指令電磁的記録に関する罪」(いわゆるウイルス罪)についての警察庁からの通達を公開。(2019/4/11)

「負けられない裁判だった」モロさん、Coinhive訴訟を振り返る 裁判所からは「涙が出るほど嬉しい言葉」も
Coinhive訴訟で無罪を勝ち取ったデザイナーのモロさんが4月4日、事件や裁判の振り返った文書をnoteに公開。「もはや私の意思とは半ば無関係に負けられない裁判だった」などと述懐するとともに、裁判所からは「涙が出るほど嬉しい言葉」もあったとつづっている。(2019/4/4)

ソーシャルエンジニアリング攻撃に備える
「偽のフィッシングメール」の効果的な使い方
エンドユーザーによって引き起こされるセキュリティ脅威は、ソフトウェアでは防ぎきれない。本稿ではフィッシングやマルウェアなど、IT担当者が従業員に周知すべき脅威と、セキュリティ教育の方法について考える。(2019/4/4)

GoogleのAI諮問委員会ATEACに「待った」 反LGBTQなメンバー除名の署名運動
GoogleがAI倫理を守る目的で立ち上げた諮問委員会ATEACのメンバーとして、保守系シンクタンクの所長を指名したのは不適切だとして、Google従業員有志が除名を求める署名運動を開始した。(2019/4/2)

動画の世紀:
TikTokはなぜ「位置」を集めるのか? ユーザー動画と位置情報が融合するとき
若者を中心に人気のTikTokは、単なるショートムービーSNSではない。その目指すところは?(2019/3/31)

Facebookを米住宅当局が提訴、ターゲティング広告での差別で
米住宅都市開発省が、Facebookの不動産関連広告で広告主が人種や性別で広告を表示するユーザーをターゲティングできる機能は差別に当たり、構成住宅法に違反するとして同社を提訴した。Facebookは既にこの問題への対処を発表済みだ。(2019/3/29)

「アルバイトにも残業代や有給休暇はつく」 岡山県が若者向け啓発動画でブラックバイトに注意喚起
県が展開しているドラマ仕立てのシリーズ。(2019/3/28)

対策が急ピッチで進む:
日本は「マネロン天国」の汚名返上なるか 国際組織が今秋審査
犯罪収益の出所や所有者を分からなくするマネーロンダリング(資金洗浄)の対策に国内の金融機関が頭を悩ませている。国際組織「金融活動作業部会」(FATF、本部パリ)による立ち入り審査を今秋に控え「マネロン天国」の汚名を返上できるかの正念場にあるからだ。厳しい結果が出れば国際的な資金取引から締め出しを食らいかねない。顧客の格付けや現金の持ち込み送金を受け付けないなど、対策が急ピッチで進む。(2019/3/28)

世界を「数字」で回してみよう(57) 働き方改革(16):
デジタル時代の敬老精神 〜シニア活用の心構えとは
今回は「シニアの活用」についてです。やたらとずっと働きたがるシニアに働いてもらうことは、労働力の点から見ればよい施策のはずです。ただし、そこにはどうしても乗り越えなくてはならない壁が存在します。シニアの「ITリテラシー」です。(2019/3/27)

フェラーリなど乗り回す姿も:
総合病院が“横流しの薬” 中国では美容効果で人気
肝臓治療の処方薬「ラエンネック」を販売目的で許可なく病院内に保管していたとして、千葉県野田市にある総合病院の理事長が医薬品医療機器法違反容疑で逮捕された。ラエンネックは肝機能障害の治療に用いられるほか、中国などでは美容に効果があるとして高値で取引されており、千葉県警は、中国へ転売する目的で薬を横流ししていた可能性があるとみて裏付けを進めている。(2019/3/26)

もう「日本スルー」はなくなる? 技適なし最新端末が日本で使えるように(前編)
技適が緩和される? どのように? ITジャーナリストの山崎潤一郎氏が総務省の技適担当者に詳細を聞いた。その前編をお届けする。(2019/3/26)

EU、Googleに15億ユーロ(約1900億円)の制裁金 検索広告で競争法違反
欧州委員会がGoogleに対し、AdSenseによる検索広告仲介で独禁法に違反したとして14億9000ユーロの制裁金を科した。2017年からのEUによるGoogleの制裁金の累計が82億5000万ユーロになった。(2019/3/21)

「BitTorrent」用いた漫画の違法アップローダーが摘発 被害受けた講談社と集英社が声明
これまでほとんど立件されていなかった、BitTorrentによる著作権侵害が摘発。(2019/3/20)

Facebook、広告の差別的ターゲティング裁判で和解
Facebookの広告主が、住宅、求人、クレジット広告のターゲティングで人種、性別、年齢で差別できるのは法律違反だとして提訴されていた裁判で和解した。これらのカテゴリの広告ではそれらのターゲティングができなくなった。(2019/3/20)

Dropbox無料版に台数制限…… 改めて各社無料クラウドストレージを整理する
有料プランにアップグレードした際のメリットやコストも意識しつつ、2019年3月時点で提供されている各社クラウドストレージの個人向け無料プランを中心に整理していきます。(2019/3/20)

「破産者マップ」、プライバシーや著作権の問題は? 弁護士に聞いた
プライバシー権侵害、名誉権侵害になるとの見解。(2019/3/19)

ごく普通の手法:
反発呼ぶ“ダウンロード規制”拡大 相互創作から2次作品が生まれる
東京・神保町にある小さな落語の定席が10周年を迎えるのを記念して、武道館で落語公演会が2月下旬に開かれた。さだまさしとのコラボレーション企画とはいえ、1万人以上収容の会場がほぼ満席だった。寄席からホール落語全盛時代となって久しいが、それでも観客数は多くとも1000人前後である。(2019/3/19)

日本学術会議有志、ダウンロード違法化拡大を懸念 「科学者の情報アクセスへの自由を損なう危険」
政府の違法ダウンロード規制拡大法案について、日本の科学者でつくる団体・日本学術会議の有志3人が、懸念する声明を公表した。現行法案は、「科学者の情報アクセスへの自由を損なう危険がある」などと指摘。民事上の違法化の範囲は「原作のまま」「著作権者の利益を不当に害する場合」という要件を加えることを求めているほか、刑事罰は不要だと主張している。(2019/3/15)

欲しいものは“物理メディア”で買うべき? ピエール瀧容疑者逮捕で考える「デジタル時代の購入と所有」
ピエール瀧容疑者が逮捕され、過去の音楽作品や映像作品も“自粛”の影響を受けている。デジタルコンテンツの場合は、定額配信サービスなどにも影響は及ぶのか。デジタル時代に「所有すること」について考えたい。(2019/3/14)

ダウンロード違法化拡大の見送りに「大変遺憾」 賛成派のコンテンツ海外流通促進機構が表明
2月には「一部の権利者の意向によってわが国の法的措置の内容が後退することがあってはならない」と意見していました。(2019/3/14)

違法ダウンロード規制見直し、明治大が17日にシンポジウム 「これまでとこれから」考える
違法ダウンロード規制の拡大を盛り込んだ政府の著作権法改正案について、これまでの経緯を検証し、今後の情報収集や著作権制度のあり方について議論する緊急シンポジウムを明治大学知的財産法政策研究所が開催する。(2019/3/14)

違法DL規制拡大見送り「大変遺憾」 権利者団体・CODAがコメント
違法DL規制を拡大する政府の著作権法改正案の今国会提出が見送られことを受け、コンテンツ海外流通促進機構(CODA)は3月13日、「大変遺憾」とする声明を、後藤健郎会長名で公表した。(2019/3/14)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2019年2月版:
ダウンロード規制では何が規制されるのか?
2019年2月のセキュリティクラスタでは、引き続き「Coinhive(コインハイブ)事件」が大きな注目を集めていました。ようやく消えたブロッキング法制化に代わって、新たに「ダウンロード規制」の強化が行われようとしており、さまざまな反対意見がツイートされています。今月から始まった国によるIoT機器へのセキュリティ検査「NOTICE」に関しても、賛否両論がTwitterのTLをにぎわせていました。(2019/3/14)

「これだから信用できる」「ファンで良かった」 伊集院光、薬物使用者をいさめる発言がネットで反響 
本当に立派。(2019/3/13)

「私は既に萎縮している」 セキュリティエンジニア、兵庫県警に情報公開請求 「いたずらURLで摘発」問題で
JavaScriptを使った無限ループプログラムのURLを掲示板に書き込んだ3人が摘発された事件。「何がセーフで何がアウトか分からない」とエンジニアの間で困惑が広がる中、あるセキュリティエンジニアが兵庫県警に対して、どういった内容が摘発対象になるか説明を求める情報公開請求を行った。(2019/3/13)

違法ダウンロード規制拡大法案、今国会提出見送り リーチサイト規制も
違法ダウンロード規制を拡大する著作権法改正法案について、自民党は今通常国会での法案提出を見送ることを決めた。法案に盛り込まれていたリーチサイト規制も同時に先送りされる。(2019/3/13)

「ダウンロード違法化」改正案 自民党が国会提出の見送りを決定
「ネットの利用を萎縮させる」などクリエーターや法研究者などから批判を浴びていました。(2019/3/13)

違法ダウンロード規制「一刻も早い対策求められている」 改正案、今国会で成立目指す 菅官房長官
菅義偉官房長官は12日の記者会見で、漫画などの海賊版対策として違法ダウンロード(DL)の対象を全著作物に拡大することが柱の著作権法改正案について「被害は深刻さを増しており、一刻も早い対策が求められている」と強調。改正案の今国会の提出、成立を目指すとした。(2019/3/13)

ITりてらしぃのすゝめ:
「いたずらURL」補導にCoinhive事件、“警察や法律を頼れない時代”に私たちがすべきこと
サイバー犯罪が増える中、「これは犯罪なのか?」というグレーゾーンにまで警察が踏み込んできている。私たちにできることは何があるのだろうか。(2019/3/13)

湯之上隆のナノフォーカス(10):
新たな世界ハイテク戦争の構図 ―― 米国、中国、Huaweiの3者のにらみ合い
米中におけるハイテク戦争では、2018年末以降、Huaweiが台風の目となっている。しかし、筆者には、3つの疑問がある。本稿では、3つの疑問について論じるとともに、世界のハイテク戦争が、米中二国間の単純な対立ではなく、米国、中国、Huawei3者のにらみ合いの構図になっていることを示す。(2019/3/13)

日本建築学会、違法ダウンロード規制拡大に「強く反対」「クリエイティブの土壌が痩せる」
違法ダウンロード規制拡大について、日本建築学会は3月11日、「強く反対する」との声明を会長名で公表した。作品のごく一部のダウンロードも違法とする現在の案は「クリエイティブな活動を行うための情報収集、コミュニケーション等に著しい悪影響を及ぼす」と指摘している。(2019/3/12)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。