ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「違法」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「違法」に関する情報が集まったページです。

退職代行を頼る新卒社員 入社後すぐ辞める若手のリアルな声
新入社員からの退職代行依頼が相次いでいるという。退職代行サービス「モームリ」を管理するアルバトロス(東京都大田区)の代表取締役・谷本慎二氏に話を聞いた。(2024/4/13)

「大谷選手は被害者」と米連邦検察 口座ひも付けの電話番号・メールアドレスが水原氏に変更されていた
米カルフォルニア州地区連邦検察が、米ドジャースの大谷翔平選手の通訳を務めていた水原一平氏による違法賭博への送金事件について、銀行詐欺罪(最高懲役30年)の容疑で訴追したと発表した。被害は1600万ドル(約24億5000万円)以上としている。(2024/4/12)

ディズニーch出身のゼンデイヤ、幼くして“一家の大黒柱になったこと”へ複雑な思い 「学校へ行きたかった」
14歳でドラマデビュー。(2024/4/10)

ITmedia Security Week 2024 冬:
「アタックサーフェス管理」とは、今日からできることは――日本ハッカー協会の杉浦氏が「OSINT」視点で考える
2024年3月4日、アイティメディアが主催するセミナー「ITmedia Security Week 2024 冬」における「アタックサーフェス管理」ゾーンで、日本ハッカー協会 代表理事 杉浦隆幸氏が「今日から始めるアタックサーフェス管理」と題して講演。日本ハッカー協会として「日本のハッカーが活躍できる社会を作る」べく活動する杉浦氏が、幅広いセキュリティ分野の中から「アタックサーフェス管理」をキーワードに、OSINT技術を通じてセキュリティ対策の根幹を語った。(2024/4/9)

Tech TIPS:
失敗しないMicrosoft Officeライセンスの買い方
Microsoft Officeは、仕事をする上では必須ともいえるアプリケーションだ。パッケージ版やプリインストール版、Microsoft 365とさまざまなライセンス形態があり、バージョンやプランなども複雑だ。意外と高価なアプリケーションなので、購入でミスは防ぎたいところだ。そこで、本Tech TIPSでは、それぞれのライセンスの違いや注意点などをまとめてみた。(2024/4/5)

映画「Winny」、アマプラ見放題に登場
Winny事件を題材にした映画「Winny」が、4月3日からAmazonプライムビデオの見放題コンテンツに登場している。(2024/4/3)

護衛艦「いずも」をドローンで撮影? 木原防衛大臣「悪意をもって加工捏造されたものの可能性」
真偽ふくめて物議を醸していました。(2024/4/2)

配達員が愛犬を射殺 「リゾーリ&アイルズ」主演、怒りと悲しみの訴えに反響「理解不能な行為」「犬を簡単に殺せるなら次は人」
「リゾーリ&アイルズ」リゾーリ役で有名。(2024/4/2)

生成AIを特定の絵柄に特化させる「LoRA」 著作権の考え方は? 弁護士が解説
生成AI技術の一つ「LoRA」とイラストレーターの立場を巡り、SNS上で議論が巻き起こった。AIモデルに数枚の画像を追加的に学習させることで画像を特定の絵柄に寄せる技術を指すが、著作権などはどのように考えればいいか。弁護士が解説する。(2024/4/2)

大谷翔平、球団専属カメラマンが公開した“貴重”な姿に「見られて嬉しい」「裏側の写真、とても好き」と反響
いい写真だ。(2024/3/30)

粗品、“通帳没収”されるも即68万円大負け 無断送金も開き直り「違法賭博じゃない」「平気でウソつくんですよ我々は」
まあこうなるよね。(2024/3/29)

大谷翔平選手の新通訳ものまねに「仕事早い笑」「似てる」の声 RGによる“バトンタッチ”が行われる
3月26日の会見に登場しました。(2024/3/28)

元通訳の違法賭博で揺れるドジャース大谷翔平、“古巣”エンゼルスからの温かい歓迎に「こういうのマジで最高」と反響
エンゼルス……!(2024/3/27)

働き方の「今」を知る:
続く賃上げ 「初任給バブル」に隠されたカラクリとは
 昨今の深刻な人手不足を背景に、多くの企業で賃上げの動きが出ている。その動きは初任給にも波及し、大企業だけでなく勢いのあるベンチャー企業などでも初任給アップの動きが活性化している。一方で、歓迎ムードで語られる「賃上げ」といえども、単に「月額基本給が上がる」ケースだけではないことに注意が必要だ。それはどういうことかというと……。(2024/3/28)

三菱UFJ銀、大谷の広告起用は「現時点で変える予定ない」 他社は?
米大リーグ、ドジャースの大谷翔平選手は25日、自身の通訳だった水原一平氏が違法賭博に関与していたとされる問題について声明を発表したことを受け、大谷を広告で起用する日本企業の多くは引き続き起用する方針を明らかにした。(2024/3/26)

三菱UFJ銀、大谷の広告起用は「現時点で変える予定ない」本人声明受けて他社も継続へ
米大リーグ、ドジャースの大谷翔平選手が3月25日(日本時間26日)、自身の通訳だった水原一平氏が違法賭博に関与していたとされる問題に「関与していない」とする声明を発表したことを受け、大谷を広告で起用する日本企業の多くは引き続き起用する方針を明らかにした。(2024/3/26)

薬物依存の俳優、水原一平氏の“ウソ”を解説 大谷翔平の会見発言「全てがウソだったということです」
薬物依存からの回復を目指している高知東生さん。(2024/3/26)

英、中国ハッカー集団関連の個人・企業に制裁 英選管システムに侵入、約4000万人分の名簿に不正アクセス
英政府は、中国当局とつながりのあるハッカー集団APT31が英選挙管理委員会のシステムにサイバー攻撃を仕掛けたほか、複数の英国会議員のアカウントへの侵入を試みたとして、APT31の関係者2人とフロント企業を制裁対象に指定したと発表した。英国内の資産が凍結され、英国への入国も禁じられる。(2024/3/26)

日本レコード協会、音楽違法アップローダー11人と賠償金の支払いなどで合意 金額は平均40万円
日本レコード協会は25日、ファイル共有ソフト「BitTorrent」を使ってネット上に大量の音楽ファイルを継続してアップロードしていたユーザーについて、東京地方裁判所などがISPに対して発信者情報を開示するよう判決を下したと発表した。(2024/3/25)

小寺信良のIT大作戦:
社会制度のバグ? 本人確認の穴を突いたマイナンバー過信の新手口とは
いわゆる振り込め詐欺の手口は、いつの時代にも手を替え品を替え新しい手法が開発され続けてきているが、今年3月にはこれまで聞いたことがない手口の詐欺事件が発覚した。女性のマイナンバーカードの情報を元にネットバンキング口座を無断で作り、そこに本人に現金1400万円を振り込ませたという。(2024/3/25)

勤怠管理:
QRコードを読み取るだけで工事別や工種別に勤怠登録、内田洋行ITソリューションズ
内田洋行ITソリューションズは、2024年問題への対応策として、建設業向けクラウド型勤怠管理サービス「UC+キンタイ for PROCES.S」の提供を開始した。現場作業員は、スマホでQRコードを読み取るだけで工事別や工種別に勤怠登録が可能になる。(2024/3/25)

ソフトウェアにはどのドメインにも適用できる力がある:
宇宙ビジネスをソフトウェア開発で支える「ドメイン駆動でキャリアをつむぐ男」
本が好き。音楽が好き。でも、ドメインにコミットして複雑な仕組みを整理してソフトウェアに落とし込むことはもっと好き。(2024/4/2)

「ここに一平がいる」 大谷翔平インスタ、水原一平氏の写真“ほぼ削除”も……「唯一残された1枚」が話題
「消さないで」という声も。(2024/3/24)

ロックフェラー家当主も推進するブルーシーフードが救う 海洋大国ニッポンの課題
ロックフェラー家の当主でロックフェラー・キャピタルマネジメント取締役のディビッド・ロックフェラー・ジュニア氏などが推進しているのが「ブルーシーフード」だ。SDGsの目標「海の豊かさを守ろう」のために、日本企業が取り組むべきことは?(2024/3/24)

三菱UFJ銀行、大谷翔平のCM削除 水原通訳報道とは「無関係」と説明 「アプリで銀行振込に挑戦!」など非公開で物議
特設サイトのWebCM5本のうち、2本が非公開になっている。(2024/3/22)

「水原一平氏がドジャースを追い出される」 SNSで「大きなスーツケース」持って移動する姿が拡散されるも……実際は「デマ投稿」
6万以上の「いいね」を集めていました。(2024/3/22)

Appleを米司法省がiPhoneでの市場独占で提訴 Appleは「積極的に抗弁する」
米司法省は16州とコロンビア特別区とともに、Appleを独禁法違反で提訴した。顧客をiPhoneに依存させ、競合する端末に乗り換える可能性を低くすることを目的とした行為が違法だとしている。(2024/3/22)

大谷選手を起用した三菱UFJ銀行のWebCMが一部非公開に 「アプリで銀行振込に挑戦!」など
米ロサンゼルス・ドジャースの大谷翔平選手が出演していたWebCMを、三菱UFJ銀行が非公開にしていることが3月21日までに分かった。同行の大谷選手特設サイトには、5本のWebCMが掲載されているが、そのうちの2本が非公開となっている。(2024/3/21)

レイザーラモンRG、水原一平のものまねを「封印します…」 2日前に新ネタ披露したばかり
「相席食堂」で披露していました。(2024/3/21)

32歳ですい臓がんステージ4のYouTuber、殺害予告したアンチが書類送検 詐病あらためて強く否定「証明書類を刑事さんにお見せした」
「誹謗中傷する方がいなくなるまで続けます」(2024/3/21)

「嘘でしょ」「大谷さんが心配」 大谷翔平選手の通訳、水原さん解雇報道で波紋広がる
ショックを受けたという人が多く見られます。(2024/3/21)

鳥山明さん逝去に中国から悲しみの声が相次いだワケ なぜ「ドラゴンボール」はここまで浸透したのか
鳥山明さんの悲報は本当に数多くの中国メディアが報じた。中国外交部の報道官・毛寧氏が「彼の作品は中国で非常に人気で、多くの中国のネットユーザーが死を悼んでいました」と哀悼のコメントを行い、それが人民日報など権威ある国のメディアで更に広がった。漫画家の死去に外交部がコメントするのは見たことがないと中国でも驚かれた。(2024/3/20)

生成AIとみられる女性の「扇情動画」乱立、目的は?
生成AIによって作成・加工されたとみられる若い女性の扇情的な動画が、SNS上などで拡散されている。(2024/3/17)

世界を読み解くニュース・サロン:
ようやく制度化「セキュリティ・クリアランス」とは? 民間企業にどう影響するのか
閣議決定されたセキュリティ・クリアランス法案は、民間企業の従業員も無関係ではない。先端技術分野も機密情報となり、情報を扱うための適性評価の対象が民間にも広がるからだ。プライバシーの懸念も出ているが、国の安全と発展のために不可欠な制度だといえる。(2024/3/15)

「Mステ」出演のK-POP“第5世代”に「人身攻撃、侮辱、悪意的な誹謗中傷」が発生 “ストーカー行為、暴言や罵倒”に法的措置も検討
メンバーたちからの直接の言及もありました。(2024/3/14)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
AppleがEpic Gamesの開発者アカウントを停止 Epicが反論/「Microsoft Copilot」の2月アップデートまとめ公開
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、3月3日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2024/3/10)

2024年の生成AIトレンド5選【中編】
野良AI時代の「AIガバナンス」とは何か? 悪質なプロンプトの改善も
生成AIが爆発的に普及する中で、AIガバナンスの体制構築が企業にとって急務だ。具体的に何に取り組めばいいのか。2024年の生成AI市場に起こる変化と併せて解説する。(2024/3/6)

金融犯罪に立ち向かう【後編】
金融犯罪にAIで先手 SymphonyAIが見据える「AI×金融」のこれから
SymphonyAIは、金融機関のさまざまな業務をAI技術で効率化し、金融犯罪を未然に防ぐことを目指している。同社製品ロードマップについて、金融サービス部門プレジデントに話を聞いた。(2024/3/3)

「プロバイダ責任制限法」は「情プラ法」へ 誹謗中傷対応の迅速化を狙い改正案
総務省は1日、プロバイダ責任制限法の改正案が閣議決定されたと発表した。誹謗中傷などの投稿削除を申し出る窓口の設置を事業者に義務づけ、対応の迅速化を図る。(2024/3/1)

成増に「MEGAドン・キホーテ」3月13日オープン、特徴は?
ドン・キホーテは3月13日、売り場面積が都内最大級の店舗「MEGA ドン・キホーテ成増店」をオープンすると発表した。(2024/3/2)

金融犯罪に立ち向かう【中編】
金融機関の反マネーロンダリングに「AIの賢さ」を拡張するアプローチとは
SymphonyAIの反マネーロンダリング(AML)システム「Sensa-NetReveal」は、金融機関を取り巻く法的規制やITインフラなどの制限を問わずに導入を可能とする仕組みを目指したという。同社金融サービス部門のプレジデントに話を聞いた。(2024/3/1)

緊急寄稿「時間外労働の上限規制」を徹底解剖:
建設業を悩ます“2024年問題”【後編】完全適用を前に、今備えるべきこと
2024年4月1日、5年間の適用猶予期間を終え、建設業でもいよいよ罰則付きの時間外労働の上限規制が始まる。違法と認められた場合、罰則が科されるおそれがあり、悪質なケースでは厚生労働省が企業名を公表することになる。法適用まであと数カ月と迫った今、建設業が何をすべきかを考える。(2024/2/22)

LIBリサイクルの水熱有機酸浸出プロセス開発の取り組み(1):
リチウムイオン電池の基礎知識とリサイクルが必要なワケ
本連載では東北大学大学院 工学研究科附属 超臨界溶媒工学研究センターに属する研究グループが開発を進める「リチウムイオン電池リサイクル技術の水熱有機酸浸出プロセス」を紹介する。第1回ではリチウムイオン電池の基礎知識やリサイクルが必要な背景、当研究グループの取り組みの一部を取り上げる。(2024/2/22)

事例で学ぶAIガバナンス:
企業「ChatGPTは使っちゃダメ」→じゃあ自分のスマホで使おう──時代はBYODから「BYOAI」へ
会社はChatGPTを禁止しているが、自分のスマートフォンからChatGPT(しかも有料契約している高性能版)にアクセスして、使ってしまえば良いではないか――。生成AIのビジネス活用が進む中でBYODならぬ「BYOAI」という発想が生まれつつある。(2024/2/20)

働き方の「今」を知る:
日本経済にはびこる「下請けいじめ」 巧妙化するその実態
ある企業が、自社で販売・使用する商品や製品を発注している下請け企業に対して、不当な値切り行為や支払遅延をしたり、相手側に非がないにもかかわらず、受け取り拒否や返品などをしたりする行為を総称して「下請けいじめ」と呼ぶ。この下請けいじめが、多くのビジネス現場において深刻な問題となっている。下請けいじめに遭わないためには、どうしたらいいのか? その実態と解決策に迫る。(2024/2/16)

弁護士やアナリストが警鐘:
“AIで作った音声電話”は「違法」 米国FCCの声明が物議を呼んでいる訳
AI技術で音声を生成したロボコール(自動音声電話)は違法だと、米連邦通信委員会(FCC)が声明を発表。予備選挙に先立ち、ジョー・バイデン大領領を装う電話を防ぐ狙いがあるが、企業にも余波が広がっている。(2024/2/16)

緊急寄稿「時間外労働の上限規制」を徹底解剖:
建設業を悩ます“2024年問題”【前編】違反者は社名公表リスクも
2024年4月1日、5年間の適用猶予期間を終え、建設業でもいよいよ罰則付きの時間外労働の上限規制が始まる。違法と認められた場合、罰則が科されるおそれがあり、悪質なケースでは厚生労働省が企業名を公表することになる。法適用まであと数カ月と迫った今、建設業が何をすべきかを考える。(2024/2/9)

働き方の「今」を知る:
【炎上対応まとめ】その時、どうしたらよかった? パワハラ、性加害、寄付金着服……企業の対応を振り返る
「炎上」を目にする機会が年々増えている。一時に大きく注目されても、時間が経つと忘れ去られてしまうものも多いが、過去の失敗を学ぶことは重要だ。毎年同じような炎上が繰り返されており「過去から学んでいればこんなことにはならなかったのに」という事案がたくさんある。本記事では2023年の主な炎上をおさらいし、「企業は炎上にどう向き合い、どのように予防していけばよいのか」について考える。(2024/2/14)

発売前の『少年ジャンプ』ネットにアップ “早バレ”容疑者逮捕 集英社「問題解決に向けた大きな前進」
講談社も捜査に協力。(2024/2/5)

石川温のスマホ業界新聞:
アップルがEUでサイドローディングの導入を渋々了承――日本は欧州が失敗してから導入しても遅くないはず
Appleが、iOS/iPadOSの新バージョンでEU(欧州連合)地域においてサードパーティーの「ストアアプリ」を介したアプリのインストールに対応する。いわゆる「サイドローディング」を事実上容認することになるが、仕組み上「超大手」のアプリ開発者でないとメリットを得られない。果たしてうまく行くのだろうか?(2024/2/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。