ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「違法」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「違法」に関する情報が集まったページです。

事例で学ぶAIガバナンス:
企業「ChatGPTは使っちゃダメ」→じゃあ自分のスマホで使おう──時代はBYODから「BYOAI」へ
会社はChatGPTを禁止しているが、自分のスマートフォンからChatGPT(しかも有料契約している高性能版)にアクセスして、使ってしまえば良いではないか――。生成AIのビジネス活用が進む中でBYODならぬ「BYOAI」という発想が生まれつつある。(2024/2/20)

働き方の「今」を知る:
日本経済にはびこる「下請けいじめ」 巧妙化するその実態
ある企業が、自社で販売・使用する商品や製品を発注している下請け企業に対して、不当な値切り行為や支払遅延をしたり、相手側に非がないにもかかわらず、受け取り拒否や返品などをしたりする行為を総称して「下請けいじめ」と呼ぶ。この下請けいじめが、多くのビジネス現場において深刻な問題となっている。下請けいじめに遭わないためには、どうしたらいいのか? その実態と解決策に迫る。(2024/2/16)

弁護士やアナリストが警鐘:
“AIで作った音声電話”は「違法」 米国FCCの声明が物議を呼んでいる訳
AI技術で音声を生成したロボコール(自動音声電話)は違法だと、米連邦通信委員会(FCC)が声明を発表。予備選挙に先立ち、ジョー・バイデン大領領を装う電話を防ぐ狙いがあるが、企業にも余波が広がっている。(2024/2/16)

緊急寄稿「時間外労働の上限規制」を徹底解剖:
建設業を悩ます“2024年問題”【前編】違反者は社名公表リスクも
2024年4月1日、5年間の適用猶予期間を終え、建設業でもいよいよ罰則付きの時間外労働の上限規制が始まる。違法と認められた場合、罰則が科されるおそれがあり、悪質なケースでは厚生労働省が企業名を公表することになる。法適用まであと数カ月と迫った今、何をすべきかを考える。(2024/2/9)

働き方の「今」を知る:
【炎上対応まとめ】その時、どうしたらよかった? パワハラ、性加害、寄付金着服……企業の対応を振り返る
「炎上」を目にする機会が年々増えている。一時に大きく注目されても、時間が経つと忘れ去られてしまうものも多いが、過去の失敗を学ぶことは重要だ。毎年同じような炎上が繰り返されており「過去から学んでいればこんなことにはならなかったのに」という事案がたくさんある。本記事では2023年の主な炎上をおさらいし、「企業は炎上にどう向き合い、どのように予防していけばよいのか」について考える。(2024/2/14)

発売前の『少年ジャンプ』ネットにアップ “早バレ”容疑者逮捕 集英社「問題解決に向けた大きな前進」
講談社も捜査に協力。(2024/2/5)

石川温のスマホ業界新聞:
アップルがEUでサイドローディングの導入を渋々了承――日本は欧州が失敗してから導入しても遅くないはず
Appleが、iOS/iPadOSの新バージョンでEU(欧州連合)地域においてサードパーティーの「ストアアプリ」を介したアプリのインストールに対応する。いわゆる「サイドローディング」を事実上容認することになるが、仕組み上「超大手」のアプリ開発者でないとメリットを得られない。果たしてうまく行くのだろうか?(2024/2/4)

業務用端末のリサイクルで得られる利点【前編】
「PC」や「スマホ」をいいかげんに捨てたら“絶対NG”な理由
企業のIT管理者は、業務用デバイスの調達だけでなく廃棄のプロセスも入念に計画を立てるべきだ。デバイスを廃棄する際に、できる限りリサイクルを選択することにはさまざまな利点がある。それは何か。(2024/2/3)

増加する、60歳超えの労働者:
定年後の嘱託社員、最低賃金での雇用はアリなのか?
60歳の定年後に社員を再雇用する場合、給与はどれくらい支給すべきでしょうか? 6割程度が一般的と聞きましたが、最低賃金での雇用もアリなのでしょうか?(2024/2/2)

YouTube登録者数66万人の“人気歌い手”、薬物所持容疑で逮捕 活動休止の裏で数日前に「現行犯の報道」
すでに11日時点で逮捕されていたとの一部観測も。(2024/1/31)

iOS版「詐欺ウォール」で警告画面を変更、検知カテゴリーに「危険性の高いアダルトサイト」新設
BBソフトサービスは、iOS版「詐欺ウォール」をアップデート。警告画面上で検知カテゴリーの詳細を把握できるようになり、警告画面のカテゴリーではを新設するなど細分化を実施した。(2024/1/23)

ソフトバンクの「iPhone 15(128GB)」がMNPで“実質12円”に 1年後の端末返却で
ソフトバンクが、「iPhone 15」を「新トクするサポート(バリュー)」の対象機種に加えた。このプログラムを適用すると、128GBモデルは1年間実質12円で運用できる。MNPでソフトバンクに移り、オンラインショップ割を適用することが条件。(2024/1/22)

「食べログ」の点数アルゴリズムめぐって飲食店が起こした訴訟、運営のカカクコムが逆転勝訴
カカクコムに3840万円の損害賠償支払いを命じた第一審が覆されました。(2024/1/19)

高根英幸 「クルマのミライ」:
高速道路SAPAの「有料化」案 しわ寄せで何が起こるのか
高速道路のサービスエリアとパーキングエリアについて、混雑緩和を目的とした有料化の検討について報じられた。しかし、有料化にはデメリットも多い。駐車スペース拡充や通行料金の見直し、トラックドライバーの地位向上などについても考える必要があるだろう。(2024/1/18)

Apple対Epicの独禁法訴訟、米最高裁が両社の控訴を却下 ほぼEpicの敗北
Epicが2020年にAppleを独禁法違反で提訴したことで始まった訴訟で、米最高裁が両社の控訴を却下した。これにより、Appleは反ステアリング規則を見直すことになる。(2024/1/17)

“10キロ減量”の菊地亜美、詐欺に加担させられ「みんな騙されないで!」 事務所も対応困難な悪質手口紹介し「訴えられますように」
「海外なので事務所もすぐ対処できないみたいでして」(2024/1/16)

ポン・ジュノ、「パラサイト」俳優死去を受け声明発表 捜査に関する真相究明求める「安全上の問題はなかったか」
48歳で亡くなった俳優のイ・ソンギュン。(2024/1/15)

新春トップインタビュー 〜ゲームチェンジャーを追う〜:
組織改革したくば、まず味方を探せ タニタ3代目が明かす“幹部との全面対決”
社員の個人事業主化など、さまざまな働き方改革を進めているタニタ。創業家3代目の谷田千里氏に、社長就任後に勃発した幹部との全面対決の真相を聞いた。(2024/1/15)

甲元宏明の「目から鱗のエンタープライズIT」:
「組織力」だけ鍛えても不祥事はなくならない “集団浅慮”に陥らないための「個人力」のすすめ
世間に名の通っている会社の不祥事が相次いで発覚しています。個人としてはモラルのある人々が、「社会の公器」であるべき企業という集団になったときになぜ不法行為に手を染めてしまうのか。筆者は「集団浅慮」に原因があると喝破します。(2024/1/12)

Steam、生成AI使ったゲームの提供を“ほぼ解禁” しかし「今後再検討の可能性も」と慎重な姿勢
ゲーム配信サービス「Steam」を運営する米Valveは1月10日、Steam上でのAI技術を使ったゲームの取り扱い方法を変更すると発表した。これにより、AI技術を使ったゲームの大半がリリース可能になった。(2024/1/10)

労働市場の今とミライ:
定年後の再雇用、賃金50%減の「妥当性」は? ”異例の判断”が下った判例から考える
60歳の定年後、再雇用で賃金が下がるのはよく聞く話だ。再雇用社員の賃金が5〜7割下がるのが一般的だが、果たして妥当な設計なのか? ”異例の判断”が下った「名古屋自動車学校事件」の裁判例を基に考察する。(2024/1/10)

浜辺でずっと欲しかったクジラの骨を発見→持ち帰ろうと思ったら思わぬ落とし穴が 地元の自治体に連絡した結果は?
勝手に持って帰ってはいけない?(2024/1/9)

こうしす! こちら京姫鉄道 広報部システム課 @IT支線(43):
私のこと、勝手に診断しないでください
情報セキュリティの啓発を目指した、技術系コメディー自主制作アニメ「こうしす!」の@ITバージョン。第43列車は「無料セキュリティ診断」です。※このマンガはフィクションです。(2023/12/27)

半径300メートルのIT:
サポート詐欺を“疑似体験”してみよう IPAが作ったWebサイトの再現度が高すぎる
最近非常に手口が巧妙化している“サポート詐欺”。これを疑似体験できるWebサイトをIPAが公開しました。その手口を知ることでこうしたフィッシングに冷静に対処していきましょう。(2023/12/26)

NEWS Weekly Top10:
無理ゲーすぎ! 「婚活中の僕(実在)との恋愛ゲーム」公開、100問正解必須
クリスマス前にSNSで衝撃のサービスを発見した。「デートシミュレーター 佐藤翔 100の質問」だ。Webデザイナーの佐藤翔さん(38)が開発した、独身女性向けのゲームで、100の質問に答えて全問正解すれば、佐藤さんと相性がピッタリだと分かるという。(2023/12/25)

法令改正後もスマホの大幅値引きは可能? 想定される“抜け穴”を考えてみた
12月27日から電気通信事業法に関わる総務省令が改正され、端末単体の過度な値引きが規制される。ただし、この規制にも抜け穴がある。キャリアが値引きをしなければ問題ないのだ。(2023/12/21)

マキタ互換バッテリーで、ヤフオクが注意喚起 違法の疑い強い非純正品が「中国から大量出荷された」
LINEヤフーのネットオークション「Yahoo!オークション」が、マキタ製の電動工具に使われているバッテリーの互換品に対し、PSEマークがあるものの届出事業者名が記載されていない違法品が中国から大量出荷されたとして注意喚起している。(2023/12/19)

欧州連合、X(旧Twitter)のDSA調査を開始 イスラエル関連の偽情報拡散を受け
EUの欧州委員会は、Xがデジタルサービス法(DSA)に違反した可能性があるとして正式な調査を開始したと発表した。イスラエル・ハマス関連の偽情報の拡散に十分に対処しなかった可能性があるとしている。(2023/12/19)

その甘えっぷりに“こんなにも人間を愛してくれる”と話題のハトさんが650万表示! 信じきる姿に「こんな鳴き声初めて」
ずっと眺めていたくなる……。(2023/12/19)

放置された池でレアな魚を狙っていた親子に、想定外の事態 目にしたショッキングな光景に悲しむ声が続々
意外と身近な問題です。(2023/12/15)

「ハイエナにたかられる気分」 テイラー・スウィフト、お騒がせセレブの“でっち上げ”ビデオを非難 バッシングで人間不信に「酷く落ち込んだ」
『TIME』誌のインタビューに応じたテイラー。(2023/12/12)

人気アニメシリーズ、最新作を放送前にデータ販売 シリーズ全作を二次創作可能にしてしまう 「さすが邪神ちゃん」「行動力の化身すぎる」
邪神ちゃん行動力の塊。(2023/12/9)

Innovative Tech:
小学校の「端末パスワード問題」どう考える? 児童が被害/加害者になる可能性も 指紋認証は代替え案になるか
広島市立大学大学院情報科学研究科に所属する研究者らは、小学校で普及している端末のパスワード問題を取り上げ、代替案として学校向けのパスワードを用いない指紋ベースのFIDO認証適用の可能生と課題について調査した研究報告を発表した。(2023/12/8)

AI人事採用ツールがもたらすリスク【後編】
採用におけるAI活用が訴訟リスクに? 人事採用でのAI利用は「まだ早い」のか
米国の人事業界の間でAI活用への懸念が高まっている。採用面接でAIツールを利用した企業が訴えられた事例もある。専門家が推奨するAIツールの使い方は。(2023/12/1)

おとなの六法:
月2回の当日欠勤でクビって言われました。不当解雇になりますか?
月2回、会社を当日欠勤したところ、会社から「クビ」と言われました。これって問題があるのでは……。(2023/11/29)

粉々に砕け散ったスポーツカー 猛スピードで電柱に衝突、ドライバーは約50メートル吹き飛ばされるも奇跡的に生還
無謀な運転はやめよう……。(2023/11/24)

みなし残業制、どうせなら「毎日定時」で帰りたい ダメですか?
多くの企業が取り入れている「みなし残業制」(=固定残業制)。「どうせ残業代が含まれているのなら、何とかして仕事を終わらせて、毎日定時に帰りたいよね」と考えるビジネスパーソンも多いのではないだろうか?(2023/11/20)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
「メルカリvs.タイミー」勃発 スキマバイト市場の“勝者”はどちらになるのか
メルカリが“スキマバイト”事業への参入を発表した。この知らせに「久しぶりにワクワクしてます」と応じたのは、市場のパイオニア的存在であるタイミーの小川嶺CEOである。タイミーが事業を開始してから5年余りが経過しているが、なぜ今、メルカリは市場に切り込もうとしたのだろうか。(2023/11/17)

小寺信良のIT大作戦:
「岸田首相フェイク動画」にみる、生成AIとフェイクニュースの関係 加速する誤情報にどう対処すべきか
11月4日、日本テレビは同社のニュース番組を模したフェイク動画がXを中心に拡散しているとして、注意を呼びかける報道を行った。各社の報道において、動画の制作には生成AIが使用されたとしているが、どの部分に生成AIが使用されているのか細かく説明されていない。この事件の形をもう少し細いペンでなぞってみることにしよう。(2023/11/14)

Q&A これって違法ですか?:
休日も深夜も「上司から連絡」 これってパワハラですよね?
上司が勤務時間外、それも深夜や休日に業務命令の連絡をしてきます。ペースも頻繁ですし、メールに気付かずにいると電話が鳴りやまない始末。これってパワハラですよね?(2023/11/13)

Q&A これって違法ですか?:
引き継ぎが間に合わない! 退職者に「有給を使い切らないで」とお願いしても大丈夫?
退職者が「余っている有給を1カ月以上取得したい」と言っています。そんなに長期で取得されると引き継ぎが間に合わないので「有給取得を短くしてくれないか」とお願いしましたが、もしかして、これって違法ですか?(2023/11/10)

ニコニコ、Mastercardでの決済を突如停止 原因は“猫の動画”? 「カードブランドとの不和」疑う声も
動画投稿サイト「ニコニコ」は11月8日、一部Mastercardを使った決済を一時停止したと発表した。事前告知がなかったことからSNS上では「ニコニコの運営会社であるドワンゴと、Mastercard側との不和が原因では」などと臆測を呼び、話題になっている。(2023/11/9)

高根英幸 「クルマのミライ」:
「マイクロモビリティ」が次々に登場 個性的なモデルは広まるのか
ジャパンモビリティショーでさまざまな「マイクロモビリティ」が展示されていた。品質が高く個性豊かなモデルが並んでいたが、日本で普及するのだろうか。(2023/11/6)

Retail Dive:
Amazonが連邦取引委員会と17州から提訴 同社のビジネスは“悪”か“恩恵”か
eコマース大手のAmazonが“不当な独占”として訴えられている。その経緯とは。(2023/11/3)

Q&A これって違法ですか?:
新卒が「残業が多い」と激怒 訴えられても勝てますか?
卒の社員が「募集要項より残業が多い」と激怒しています。確かにその新卒社員が配属された部署は忙しく、募集要項の記載よりも残業時間が長くなっているのは事実です……。新卒は「訴える」と言っているのですが、これは当社が悪いのでしょうか。(2023/11/2)

弁護士が解説! VTuberの法律:
VTuberは人間か? キャラクターか? 止まらない誹謗中傷との戦い方 ポイントは「中の人」の存在
後を絶たないインターネット上での誹謗中傷。その矛先は、バーチャルYouTuber(VTuber)にも向けられている。この記事では、VTuberの誹謗中傷における法的見解をシティライツ法律事務所の前野孝太朗弁護士に解説してもらう。(2023/11/1)

経験者に聞く:
ブラック企業だと感じたこと 3位「サービス残業」、2位「長時間労働」、1位は?
識学が実施した「ブラック企業」に関する調査によると、38.6%がブラック企業に勤めたことがある、もしくは現在勤めていると回答。「ブラックだと感じたこと」の1位は?(2023/10/31)

スピン経済の歩き方:
「渋谷に来ないで作戦」は成功か ハロウィーン対応を誤れば、街が衰退する
10月31日はハロウィーンだ。渋谷の街には「ハロウィーンイベントの会場ではありません。」と書かれた垂れ幕が掲げられているが、この作戦は成功するのか。成功したら成功したで、街にとっては……。(2023/10/31)

裁判例を交え解説:
初任給40万円超、でも残業80時間込み ベンチャーで増える給与形態、狙いや法的問題は?
サイバーエージェントが昨年、残業代80時間分を含む形で新卒の初任給を42万円に設定した発表は記憶に新しいでしょう。9月には人材事業などを手掛けるベンチャー企業・レバレジーズが同様の発表をしました。固定残業時間と大幅な初任給引き上げを実行する企業の思惑を、判例とともに考えてみたいと思います。(2023/10/31)

Q&A これって違法ですか?:
「納得できない」と異動を拒む社員 どうすればいい?
社員に転勤を伴う異動を打診したところ「納得できない」と断られてしまいました。会社としては異動・配置の要請に従ってもらえないのは困りますし、他の社員に示しをつけるためにも解雇を検討しています。どう対応するのが適切なのでしょうか。(2023/10/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。