ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「違法」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「違法」に関する情報が集まったページです。

「立ち直ることをお約束します」 沢尻エリカ被告、謝罪文で更生を誓う
「つながりを一切断つことを固く決意」。(2019/12/7)

「私生活動画20万円」に波紋 1カ月間お風呂以外の全てを撮影、すでに個人情報流出のトラブルも 運営会社「プラズマ」の遠野代表を直撃
 「お風呂以外の全ての私生活を1カ月間撮影して20万円」−。こんな「社会実験」が議論の的となっている。プライバシーを金で売るという過激な内容ゆえ、倫理的に問題があると批判の声も飛び交うが、目的は何なのか。実験を手がける企業の代表を直撃した。(2019/12/5)

チケットを時価で販売する「ダイナミックプライシング」活用進む 高額転売に歯止め掛けられるか
コンサートやスポーツの分野で、ダイナミックプライシングの活用が進んでいる。チケットの価格を需要に応じて変動させ、高額転売を防ぐ目的があるが。本格運用には価格を開示する透明性が求められる。(2019/12/5)

世界を読み解くニュース・サロン:
中国が政治利用、韓国は規制をもくろむ「ハリウッド映画」市場のインパクト
11月に公開された『アナと雪の女王2』など、ハリウッド映画には話題作が多い。そんな中、ハリウッド映画を巡って、中国と韓国の騒動が相次いで報じられた。その影響力を政治利用しようとする中国、制限しようとする韓国。それぞれの思惑とは?(2019/12/5)

チケット転売防止へ需給に応じ価格変動 ダイナミックプライシング導入
音楽コンサートのチケットが高額転売されるのを抑制するため、新たな試みが始まっている。(2019/12/4)

Googleに解雇された4人の元従業員が政府機関にGoogleを不当労働慣行で訴え
Googleで従業員の組織化を進め、解雇された4人の元従業員が、これは不当な労働慣行だとして全米労働関係委員会(NLRB)にGoogleを訴えた。(2019/12/4)

違法ダウンロード規制拡大、「スクショ」「軽微なもの」は対象外に? 文化庁、パブコメ踏まえた方針発表
違法ダウンロードの規制拡大について、文化庁がパブリックコメントの結果を公開。意見を踏まえ、「スクリーンショット」「軽微なもの」を対象外にする方針を示した。(2019/12/3)

YouTubeに漫画アップロードした30代男性を摘発 「進撃の巨人」「ONE PIECE」被害で講談社&集英社がW告訴
アップロードもダウンロードもダメ、ゼッタイ。(2019/12/3)

混ぜるな危険:
プライバシーフリーク、就活サイト「内定辞退予測」で揺れる“個人スコア社会”到来の法的問題に斬り込む!――プライバシーフリーク・カフェ(PFC)後編 #イベントレポート #完全版
求人企業は自分たちの問題とは思っていないのではないか――リクナビ事件の論点は、業務委託とコントローラーの視点へ。鈴木正朝、高木浩光、板倉陽一郎、山本一郎の咆哮を聞け! ※本稿は、2019年9月9日時点の情報です(2019/12/3)

「ながら運転」検出AIカメラ、オーストラリア州政府が導入
オーストラリアのニューサウスウェールズ州政府が、AIカメラによる「ながら運転」検出を12月1日から開始した。州内の道路に設置したカメラでながら運転ドライバーを検出する。それを人間の担当者が確認した後警告し、猶予期間後の再犯で罰金と減点を科す。(2019/12/2)

ハッシュ化したからOKでしょ?:
プライバシーフリーク、就活サイト「内定辞退予測」で揺れる“個人スコア社会”到来の法的問題に斬り込む!――プライバシーフリーク・カフェ(PFC)中編 #イベントレポート #完全版
Ad Techが守ってきたルールを、HR Techは軽々と破ってしまったのか――リクナビ事件の問題点を、鈴木正朝、高木浩光、板倉陽一郎、山本一郎の4人がさまざまな角度で討論した。※本稿は、2019年9月9日時点の情報です(2019/12/2)

自らの業の役割を何と心得るか!:
プライバシーフリーク、就活サイト「内定辞退予測」で揺れる“個人スコア社会”到来の法的問題に斬り込む!――プライバシーフリーク・カフェ(PFC)前編 #イベントレポート #完全版
学生の就職活動を支援するための「人材」サービスが、本人の権利利益をないがしろにして己の利益のためだけに野放図に使っていたことこそが、問題だ!(by厚生労働省)――リクナビ事件の問題点を、鈴木正朝、高木浩光、板倉陽一郎、山本一郎の4人がさまざまな角度で討論した。※本稿は、2019年9月9日時点の情報です(2019/11/29)

Facebook傘下のOculus、人気VRゲーム「Beat Saber」の企業を買収
Facebook傘下のOculus VRが、人気VRゲーム「Beat Saber」の製造元であるチェコのBeat Gamesを買収した。HTC ViveやソニーのPlayStation VRのサポートは今後も続ける。(2019/11/27)

あなたの会社は大丈夫? 『倒産の前兆』を探る【最終回】:
『倒産の前兆』を見抜くために――1日22社が倒産する中で知るべきは「成功」よりも「失敗の公式」
連載「あなたの会社は大丈夫? 『倒産の前兆』を探る」最終回となる今回は、倒産する企業に共通する「失敗の公式」について帝国データバンク情報部にインタビューした。同社の情報部は、50年以上にわたって企業の倒産について調査・分析を続けている倒産情報の「プロフェッショナル集団」だ。『倒産の前兆 (SB新書)』の舞台裏についても掘り下げたい。(2019/11/27)

あなたの会社は大丈夫? 『倒産の前兆』を探る(12):
低迷続くアパレル業界で急成長 売上高の拡大にこだわり「粉飾決算」に手を染めたレディースニット卸に学ぶ
成功には決まったパターンが存在しないが、失敗には『公式』がある。どこにでもある普通の企業はなぜ倒産への道をたどったのだろうか。存続と倒産の分岐点になる「些細な出来事=前兆」にスポットを当て、「企業存続のための教訓」を探る。(2019/11/23)

「技適マーク」未表示の無線機器を利用できる制度がスタート 実験目的で180日以内(要申請)
いわゆる「技適マーク」を表示していない(取得していない)無線機器を180日以内の範囲内で実験利用できる制度がスタートした。利用には住所地を所管する総合通信局などへの届け出が必要だ。【更新】(2019/11/23)

あなたの会社は大丈夫? 『倒産の前兆』を探る(11):
突如、明らかになった簿外債務35億円 最後まで説明責任を果たさなかった婦人用バッグ卸が示す「倒産の図式」
成功には決まったパターンが存在しないが、失敗には『公式』がある。どこにでもある普通の企業はなぜ倒産への道をたどったのだろうか。存続と倒産の分岐点になる「些細な出来事=前兆」にスポットを当て、「企業存続のための教訓」を探る。(2019/11/21)

相手の行動を監視する「ストーカーウェア」に対策を セキュリティ企業とDV被害者支援団体が新組織結成
「Coalition Against Stalkerware」は、ストーカー行為に使われるソフトウェアの検出を向上させて対策を強化し、この問題の認知度を高めることを目指す。(2019/11/21)

消費者庁に聞いてみた:
「禁煙」を掲げているのに、開店前に店員がプカ〜 これって許されるの?
「禁煙」を掲げている飲食店がある。開店前に従業員が店内で喫煙をしたら問題になるのか? 消費者庁の担当者に聞いてみた(2019/11/20)

「被害にあった」との投稿も:
「満席だから系列店にご案内」はウソ 鳥貴族がお客への注意喚起続ける
鳥貴族が客引きの被害にあっている。店の外にいる客引きが「鳥貴族は満席だから系列店に案内する」などとお客を誘導。被害拡大を防止するため、公式WebサイトやTwitterで注意喚起している。(2019/11/19)

講談社が「はるか夢の址」に勝訴 大阪地裁、運営者に約1億6000万円の支払い命じる
講談社が、海賊版リーチサイト「はるか夢の址」の運営者ら3人に対する損害賠償請求について、勝訴したと発表。大阪地裁が同社の主張を全面的に認め、3人に約1億6000万円の支払いを命じた。(2019/11/18)

講談社、海賊版リーチサイト「はるか夢の址」への訴訟で勝訴 運営者に約1億6000万円の支払命令
「はるか夢の址」運営者が漫画を無断でアップロードしていたとして講談社が訴訟を起こしていました。(2019/11/18)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(71):
リバースエンジニアリングしたけど、もうけてないから問題ないでしょう?
依頼主が作成したプログラムをリバースエンジニアリングして改修したエンジニアが訴えられた。僕、何か悪いことしましたか?(2019/11/18)

朝日新聞社の見解は:
広告表現の責任は誰に? 朝日新聞に掲載された「がん治療」の書籍広告に「科学的根拠ない」と批判広がる
朝日新聞にがんの治療法を紹介する書籍の広告が掲載された。広告内容に専門家から「科学的根拠ない」という批判が広がった。広告表現の責任は?(2019/11/15)

ものになるモノ、ならないモノ(84):
「真のP2Pを実現した完全な水平分散型社会」を目指すNeukindの未来は、Libraか? Winnyか?
2018年8月創業のブロックチェーン関連のスタートアップ「Neukind」は「ブロックチェーンの本質を追究し、そこにどのようなビジネスモデルを構築できるのかを模索している」という。その真意を探った。(2019/11/15)

朝日新聞「十分な検討行うべきだった」 専門家から指摘が相次いだ『ガンの新しい治療法』書籍広告について見解示す
広告の内容について、専門家から「科学的根拠がない」など指摘が相次いでいました。(2019/11/14)

損害額は3億円以上 米ポルシェ専門ショップで火災、博物館レベルのヴィンテージマシンや貴重なパーツが一夜で焼失
なんてこった……。(2019/11/12)

カードゲーム「バトスピ」、公式サイトのデッキ公開機能の悪用に注意喚起 公序良俗に反する長文がデッキ名として公開
編集部の調べでは、デッキ名が800文字近くの怪文書じみたテキストになっているケースが確認されました。(2019/11/8)

「本田のおやっさん、ありがとう」 昔、日本では「赤いクルマ」が禁止だった
そのままだったら、真っ赤なポルシェ様やフェラーリ様はどうなっていたのでしょうね。(2019/11/8)

お天道様は見ている:
リクナビだけじゃない――不正利用元年に理解すべき個人情報の概念と倫理
就活サイト「リクナビ」が就活生の「内定辞退率」を企業に販売し、影響を受けた(と思われる)学生の就職活動の妨げとなった。問題の根源は何か、リクナビが反省すれば問題は解決するのか――HR業界の闇を明らかにするために、あのフリークたちが集結した!(2019/11/8)

あなたの会社は大丈夫? 『倒産の前兆』を探る(10):
大手金融機関の誘いに乗って「金融デリバティブ商品」に手を出した食品卸会社の末路
成功には決まったパターンが存在しないが、失敗には『公式』がある。どこにでもある普通の企業はなぜ倒産への道をたどったのだろうか。存続と倒産の分岐点になる「些細な出来事=前兆」にスポットを当て、「企業存続のための教訓」を探る。(2019/11/6)

Twitterで“闇バイト”に応募する少年が続出 警察「タップ1秒 悔い一生」と注意
 TwitterなどのSNSで高額報酬をうたい、違法行為に加担させる「闇バイト」に応募する少年が増加している。実際に現金やクレジットカードの受け渡しを担当する「受け子」応募した結果、詐欺グループに脅され、やめたくてもやめられないこともある。(2019/11/6)

「どうして育休を取るの?」「取りたいからです」 夫が育休取得の理由を“会社のために”答えなかった理由
禅問答チックだけど、理由を聞いたら納得。(2019/11/5)

泉佐野市、ふるさと納税からの除外取り消しを求めて国を訴える 「過去にさかのぼって法的規制しているのと同じ」
制度設計が甘かったという総務省のミスを自治体に転嫁している、という主張です。(2019/11/1)

半径300メートルのIT:
豊かな学びは「サブスク読み放題」から?  読書で伸びる子どもたち
ペーパーレス世代のビジネスパーソンにも「本は紙じゃないと」という意識は根強いもの。それでは、電子書籍世代の子どもたちにとってはどうでしょうか? 統計から見える興味深い傾向から、技術が広げる可能性と大人の責務を思います。(2019/10/29)

京都市と吉本興業、“4ツイート100万円”で宣伝 広告表記なしで「ステマ」批判相次ぐ
京都市が吉本興業所属の芸人に、市を宣伝する内容のツイートを有償で依頼していたと京都新聞が報じた。ツイートには、広告主が市であることを示すような表記がなく、「ステルスマーケティングではないか」という批判が相次いでいる。(2019/10/28)

海外子会社使った節税規制へ ソフトバンクGの“抜け道”ふさぐ
政府は海外子会社を使った節税行為の規制に乗り出す。ソフトバンクグループ(SBG)が、海外子会社の株式をグループ内で移動させ、意図的に巨額の損失を作り出す手口で租税回避を行っていたためで、こうした“抜け道”をふさぐのがねらいだ。(2019/10/25)

10月以降も要注意:
経産省、2014年の増税以降に“買いたたき”した企業を発表 リクルート、大東建託ら 担当者は「安心して通報を」
経済産業省は10月23日、2019年9月末までの消費税転嫁対策に関する取り組みの状況を公式Webサイト上で発表した。14年4月に消費税が8%になってから、適切に増税分を転嫁して支払っていなかった企業もリスト化して公表された。(2019/10/24)

ドイツでは金色のクルマは違法!? ド派手な金箔仕様「ポルシェ・パナメーラ」を警察が検挙、過去には金色のランボルギーニも
「まぶしいから他のドライバーに迷惑」だとか……。(2019/10/20)

アニメ制作会社「STUDIO 4℃」社員が未払い残業代を求めて提訴 「海獣の子供」の制作進行を担当、労基が是正勧告も未だ支払われず
顔出しで業界の悪習を変えたいと語るAさんにお話を伺ってきました。(2019/10/18)

航空法、道交法、規制法、条例…… ドローン飛行、ルール守って
 手軽に空撮が行えることから愛好家を増やしているドローン。不用意な飛行による事故やトラブルを防ぐためにもルールを十分に理解しておきたい。(2019/10/18)

チケットのキャンセル・転売禁止は違法か USJを提訴、大阪のNPO法人
大型テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」のチケットをめぐり、来場できなくなった場合にキャンセルや転売ができない利用規約は消費者契約法に違反するとして、NPO法人が規約の一部差し止めを求める訴訟を大阪地裁に起こした。(2019/10/17)

専門家のイロメガネ:
【前編】食べログはなぜ何年も炎上し続けるのか?
たびたび炎上する食べログ。先日も、Twitter投稿を元に有料加盟とレビューの点数操作をめぐる疑惑が話題になっている。炎上が続く根本の原因としては、一番の理由は広告料の存在だ。口コミサイトを名乗りながら広告を売るというは矛盾が内包されている。(2019/10/17)

4月から有給取得義務化:
ドトール、休日減らして「有給奨励日」に 有給取得の“水増し”に厚生労働省「望ましくない」
4月から企業に義務付けられた従業員の有給取得。年間10日以上付与されている人について、5日以上取得させる必要がある。こうした中で、ドトールコーヒーがもともと休日だった日を出勤日にした上で「有給奨励日」に。理由については「改元などで祝日が多くなり、調整する必要が生じた」とコメントしている。働き方改革に逆行する取り組みを、厚生労働省はどう受け止めているのか?(2019/10/16)

Apple、中国政府が抗議した香港デモ支援アプリをApp Storeから削除
Appleが、香港のデモ参加者が警官や道路封鎖の状況を把握するために使っていたiOSアプリ「HKmap.live」を、中国政府の機関紙である人民日報が「Appleは香港の暴徒の暴力を支援するのか?」という記事を公開した後、App Storeから削除した。(2019/10/11)

スピン経済の歩き方:
「日本経済が成長しないのは、中小企業が多いから」は本当か
少子化に歯止めがかからない。出生数は90万人割れが確実となっていて、これは推計よりも早いペースだという。このままだと日本経済がさらに悪くなりそうだが、“治療法”はあるのだろうか。筆者の窪田氏は「中小企業改革」を挙げていて……。(2019/10/8)

幹部を支えた“過去の教訓”:
新システムを入れる、ただしカスタマイズはしない――社内の反対にぶれなかったコニカミノルタの決断
日本企業の多くが行うといわれるシステムのカスタマイズ。しかしコニカミノルタの調達部門は、新システム導入の際、社内の大反対に遭ってもカスタマイズを最小限に抑える決断を下した。その理由と、決断を支えた過去のある教訓とは。(2019/10/7)

「違法ダウンロード対象拡大」法案、文化庁が意見公募 ネット上では「誘導的な質問ではないか」など疑問の声も
違法ダウンロードの規制対象を拡大する著作権法改正案について、文化庁がパブリックコメントを始めた。法案の再提出に向け、国民の懸念事項などを募る考えというが、ネット上では「違法化に賛成するよう、誘導する質問ではないか」など設問内容を疑問視する声も。(2019/10/4)

抗議や電凸、「権利」と「犯罪」の線引きは? 過度な行為は立件も
ある意見が自分の意見とは異なることを主張したり、デモを行ったり−。特定の事象をめぐり、人々が「抗議」すること自体は、憲法21条(集会、結社及び言論、表現の自由)で保障された権利だ。だが暴力や脅迫をにじませるなど、事が一線を越えれば話は別になる。正当な「抗議」とは何なのだろうか。(2019/10/4)

文化庁が「ダウンロード違法化拡大」巡るパブリックコメントを募集 ネット利用の萎縮招く点について意見あおぐ
国民のネットを萎縮させる可能性があるとして、法改正案の提出が見送られていました。(2019/10/3)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。