ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「違法」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「違法」に関する情報が集まったページです。

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
突然売れ始めたPC周辺機器やサプライ用品の裏で何か起こったのか
本体機器の動向によって売れ行きが大きく変わるのはPCやスマホのアクセサリーおよび周辺機器では日常茶飯事だが、中には本体機器とは無関係な要因によって、爆発的に売れ始めることがある。この四半世紀の間に起こった、こうした事例を3つ紹介する。(2020/11/30)

ゾンビになったおじいちゃん(享年22歳)が孫のためにがんばる 笑えてホロリとくるコメディ漫画がステキ
生き生きしたゾンビおじいちゃんの孫愛がステキ。(2020/11/29)

これは一体!? 米ユタ州の砂漠で謎のモノリス発見される
上空から羊を調査していたときに発見。(2020/11/25)

犯罪者の資金源を遮断
ランサムウェアの身代金支払いを支援すると罰金&制裁対象に
米国政府は、金融機関や保険会社などがランサムウェアの身代金支払いを支援した場合、罰金を科したり刑事告発したりする可能性があると警告した。(2020/11/23)

Computer Weekly日本語版
ランサムウェアの身代金支払いを支援すると罰金
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2020/11/18)

「アスリートの盗撮は卑劣な行為」 JOCらが通報窓口を開設 SNS普及で悪用増加
日本オリンピック委員会(JOC)など7団体が、アスリートを性的な目的で盗撮したり、その内容をSNSに投稿したりする行為の通報窓口を開設。関係組織内での情報共有に役立てるほか、悪質な事例は警察当局に通報するという。(2020/11/13)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
嫌いな人にも読んでもらえるコンプライアンス教材
法とかルールとかが大嫌いな人にも、楽しんでもらいながらコンプライアンスの基本を学んでほしい。(2020/11/12)

コンサルは見た! 偽装請負の魔窟(9):
ベンダー一揆を回避したいなら、この情報をうまく使ってください
偽装請負に苦しむ先輩を助けるために、白瀬が乗り込んだのはユーザー企業の法務部だった。そのころ江里口はある老人を訪ねていた――。(2020/11/10)

SNS使い接近 中国産業スパイの脅威
積水化学工業のスマートフォン関連技術を中国企業に漏えいしたとして、大阪府警が元従業員を書類送検した。中国企業は誰もが使うSNSを通して元社員に接近しており、中国の産業スパイ網が身近に忍び寄っていることが明らかとなった。(2020/11/9)

5ちゃんねるの姉妹サイト「PINKちゃんねる」で「半角文字列板」などが突然閉鎖に リーチサイト規制の影響か
10月1日からの改正著作権法施行で、著作権侵害コンテンツへのリンク情報を掲載する、いわゆる「リーチサイト」行為も違法となっていました。(2020/11/5)

「キヤノンのインク仕様変更は違法」 リサイクル品業者が提訴 大阪地裁
インクカートリッジの仕様を変更し、リサイクル品を販売できなくしたのは独占禁止法違反にあたるとして、リサイクル品製造販売の「エコリカ」がキヤノンを相手取り、計3000万円の損害賠償や違反行為の差し止めを求め、大阪地裁に提訴した。(2020/10/29)

全国平均よりも高い:
沖縄の長時間労働、62%が違法 過労死ライン超えは33%
沖縄労働局は、2019年度に長時間労働が疑われる県内の156事業場に監督指導を行い、そのうち62.8%の98事業場で違法な時間外労働があったと発表した。割合は全国の47.3%より15.5ポイント高かった。(2020/10/28)

インパクト強め体験談で効能うたうネット広告の舞台裏露呈
健康食品に病気への効能があるかのように宣伝したとして、大阪府警が東京の販売会社などを医薬品医療機器法違反容疑で摘発した。広告主と広告代理店が両方摘発されたことから、行政指導の実効性がこれまでよりも高まるとする見方もある。(2020/10/27)

嵐ライブの風船、メルカリで高額取引 5色セットで4万円超も ネット上で驚きの声
男性アイドルグループ「嵐」のロゴ入り風船が1万円を超える高額で取引されている。(2020/10/26)

Googleさん:
「Google検索は競争を阻害している」のか? 米司法省とGoogleの言い分を整理してみた
米司法省がGoogleを独禁法違反で提訴しました。これから長くなりそうなので、訴訟の要旨をまとめてみました。(2020/10/25)

コンサルは見た! 偽装請負の魔窟(5):
お客さまは神様だもの、徹夜してでも手伝わなくちゃ
会社の方針で契約外作業も積極的に行っているベンダーのメンバーは、本業がピンチなのにサービスをやめようとしない。みんな「ゆでガエル」なんじゃない?(2020/10/22)

『五等分の花嫁』違法Tシャツ製造の男性2人を逮捕 「きわめて悪質」「断固たる姿勢で臨む」と講談社
今後も断固たる姿勢で対応していくとも。(2020/10/21)

「五等分の花嫁」違法Tシャツ所持 2人を逮捕
「五等分の花嫁」のTシャツ数点を販売目的で所持していた著作権法違反の疑いで2人が逮捕された。(2020/10/21)

中国、個人情報保護法制定へ 対米念頭に対抗措置も定める
中国がインターネット上の個人情報の取り扱いを厳格化する「個人情報保護法」の制定へ作業を積極化させている。個人情報を取得する際は個人の承諾を得る必要があると定めた。個人情報を海外に不正に持ち出した場合は最高で約8億円の罰金を科す。(2020/10/21)

「違法動画に厳しく対処」 ジャニーズ事務所が警告 ネット上での転載を多数確認
ジャニーズ事務所が、映像や音楽の違法アップロードを巡り「事案に応じて厳しく対処する」と警告。同社の動画サービスで配信した映像を、ネット上で転載・売買する例を多数確認したという。(2020/10/20)

ジャニーズ事務所が違法動画について声明を発表 違法な配信・視聴に「徹底的に対峙する」
開示請求を行うなど厳しく対応していく。(2020/10/19)

「断れば口コミ悪く書く」 Go To Eat不正利用に飲食店が悲痛な訴え 予約受けた食べログを取材
問題をどのように捉えているのか、食べログを運営するカカクコムに取材しました。(2020/10/18)

Zoom、E2E暗号化の“第1フェーズ”を来週ロールアウト 無料ユーザーも利用可能
Zoomが5月に予告したWeb会議のエンドツーエンド暗号化(E2EE)のプレビュー版を来週提供すると発表した。ホストと参加者の双方が有効化して使う。無料ユーザーの場合は、悪用回避のため追加の認証プロセスが必要だ。(2020/10/15)

日本を含む7カ国、エンドツーエンド暗号化コンテンツへの公的接続を可能にするよう要請する国際声明
いわゆるファイブアイズと日本、インドが、IT企業に向けた共同声明を発表した。犯罪捜査のため、エンドツーエンド暗号化(E2EE)コンテンツに法執行機関がアクセスできるようにという要請だ。(2020/10/12)

強豪大学サッカー部でも……SNSで若者に広がる大麻汚染
SNSの普及で、若者の大麻使用者が増加している。摘発者数は2019年に過去最多となり、20代以下は15年の2.5倍、大学生以下は4〜5倍に増えており、専門家は「健康被害や禁止の理由、使用した際のリスクを納得できるよう説明すべき」と指摘する。(2020/10/9)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
ワタミは違法残業、勤務記録改ざんも…… 問題企業のトップが見ていない、過重労働の現実
ワタミが宅食事業のグループ会社で残業代未払いがあったとして是正勧告を受けた。勤務記録の改ざんもあったという。同社は労働環境の改善に努めていたはず。組織のトップと従業員たちに断絶があったのではないか。残業は単なるカネの問題ではなく、命の問題だ。(2020/10/9)

漫画の「キャラクター」は著作物ではない? 「同人誌の法的位置づけ」を巡り画期的判決、弁護士にポイントを聞いた
同人作家が無断転載サイトを訴えていた裁判の控訴審が決着、判決文に意外な形で注目が集まりました。(2020/10/9)

「CLANNAD」移植版メーカー「ノベルゲームのプレイ配信控えて」 ネタバレが直接的な損失に
同意する声が多い一方、「どこまでならOK」と線引きしたうえでの配信許可を求める声も。(2020/10/8)

イートでの「錬金術師」問題 野党が改善要求
 立憲民主党などの主要野党は7日、国会内で開いた合同ヒアリングで、新型コロナウイルス感染拡大で打撃を受けた飲食業への支援事業「Go To イート」を利用して客側がポイントを稼ぐ「トリキの錬金術師」問題を取り上げ、事業を担当する農林水産省に改善を求めた。(2020/10/7)

サイバーセキュリティマネジメント海外放浪記:
タイのセキュリティコミュニティーリーダーが語る、一人ではなく皆で学ぶ本当の意義
攻撃者は攻撃者同士で情報を共有し協力し合っているが、なぜ守る側は協力し合わないのだろうか? 攻撃者の情報を早く知ることができれば、素早く私たちの情報やインフラを守ることができるだろう。(2020/10/7)

ジョン・マカフィー氏逮捕、脱税とICO違法宣伝でDoJとSECがそれぞれ起訴
セキュリティ企業McAfeeの創業者、ジョン・マカフィー氏が、脱税などの疑いで米司法省に逮捕、起訴された。有罪判決を受けた場合、最大5年の懲役と罰金の支払いが科せられる見込みだ。(2020/10/6)

違法音楽アプリの根絶に向けて 日本レコード協会が「あの音楽アプリは、もう違法。」開設で啓蒙活動
「リーチサイト・リーチアプリ規制」に関する改正著作権法が10月1日から施行されたことを受けて。(2020/10/1)

改正著作権法きょう施行 「あの音楽アプリは、もう違法。」日本レコード協会がWebサイト
権利者の許諾を得ていない音楽アプリの規制を強化する改正著作権法が10月1日から施行されたことを受け、日本レコード協会が特設Webサイトを開設。法改正の内容や違法音楽アプリの実態を発信し、健全な環境で音楽を楽しむよう呼び掛ける。(2020/10/1)

「海賊版はダメ」のんさんが呼びかけ 「不正商品撲滅キャンペーン」開始
リーチサイト規制の施行日に、コンテンツ海外流通促進機構がキャンペーンを開始しました。(2020/10/1)

渋谷のハロウィーン、今年は“バーチャル”でフェス開催 区長「来街を控えて」
auが渋谷区公認で開催。(2020/9/25)

米司法省、「セクション230」改定案を議会に提出 プラットフォーマーによる検閲や見逃し規制強化目指す
米司法省が、Tiwtter、Facebook、Googleなどのオンラインプラットフォームがそのコンテンツについての責任回避を可能にしていた法律、いわゆる「セクション230」の改定案を議会に提出した。(2020/9/24)

助言か命令か:
「総務省は常識を逸脱」 渋谷区と総務省が対立の“住民票LINE交付”巡り、技術提供会社が国を提訴
渋谷区と総務省が対立していた「住民票」問題。交付申請の際、LINEで本人確認する点を総務省は問題視して「事実上法令違反」とする通知を出していた。一方、総務省の対応は違法だとして技術提供会社が国を提訴した。(2020/9/11)

「もう行かない」チケット不正転売した「嵐」ファンの後悔
入場券不正転売禁止法が初めて適用されたケースとして注目を集めた、チケット転売事件の裁判が8月、大阪地裁で開かれた。嵐のチケットを転売した女性は少しでもいい席を確保するため、チケットの転売や身分証偽造を行っていた。(2020/9/11)

Apple、Epicを反訴「ロビンフッドを装う大金持ち」
アプリストアのガイドラインに違反した「フォートナイト」を削除し、Epicから提訴されているAppleが、Epicの行為は窃盗に当たるとして反訴した。(2020/9/9)

Epic、「フォートナイト」のAppleアプリストアでの復活を裁判所に申し立て
EpicがAppleを独禁法違反で提訴した裁判で、EpicはAppleによるiOS版「フォートナイト」の削除を差し止めるよう、改めて裁判所に申し立てた。(2020/9/6)

「授業で違法アップロード動画を見せられた」学生がSNSで指摘 法的な問題は? 弁護士に聞いた
憤る生徒も。(2020/9/4)

「シュールストレミング」の非正規輸入品に注意 購入時に気を付ける点などを正規輸入代理店に聞いた
「シュールストレミング」の非正規輸入品の購入は様々なリスクがあるようです。(2020/9/4)

ワインの密造がバレて税務署の人が自宅にやってきた! めったにない実体験を描いた漫画が勉強になる
お酒の密造、ダメ絶対!(2020/8/26)

弁護士が解説!知財戦略のイロハ(5):
こんな広告活動には要注意! 比較広告や「ステマ」に潜む法的リスクとは
本連載では知財専門家である弁護士が、知財活用を前提とした経営戦略の構築を図るモノづくり企業が学ぶべき知財戦略を基礎から解説する。今回はモノづくり企業が広告活動を展開する上で留意すべき、比較広告やステルスマーケティングなどの諸問題点について解説する。(2020/8/27)

アマゾン、メルカリ、ヤフー、楽天が電子商取引の協議会を設立
アマゾン、メルカリ、ヤフー、楽天が電子商取引の協議会を設立。違法・悪質出品や不正レビューなどに対する取り組みを検討し、消費者にとって安全な取引環境を構築する。(2020/8/24)

「データが完全に消去された状態」とは何か? その根拠は?:
PR:情シスに問う 買い取りでキャッシュ化できるのに、わざわざハードウェアの廃棄にコストをかける理由とは?
ITハードウェアの更改時には、古いハードウェアを処分するための費用がかかる。だがそのような機器にはまだ価値が残っている。それにもかかわらず、多くの企業が費用をかけてまで処分するのには、幾つかの理由があったからだ。ここに着目したのが、20年間、企業に対してハードウェアの買い取りサービスを展開してきたゲットイットだ。これまで廃棄が常だったIT機器に対し、新規購入時にあらかじめ5年後の買い取り価格を提示する「将来査定」など、やがて訪れるハードウェアの問題に先手を打ち、ハードウェア資産を有効活用できるサービスを手掛けている。(2020/8/20)

フリマアプリ運営各社、“うがい薬”出品の対応強化 ラクマは医薬部外品も全面禁止
フリマアプリなど個人間取引サイトでうがい薬が多数出品されていることを受け、運営各社が商品削除などの対応を進めている。(2020/8/6)

メルカリ、うがい薬の高額転売に対応検討 医薬品の違法出品は削除中
医薬品うがい薬などの違法出品がフリマアプリ「メルカリ」で相次いでいることについて、メルカリは医薬品に該当する出品は商品を順次削除していると明かした。医薬部外品の出品は、著しく高額な商品は削除していくという。(2020/8/5)

新型コロナ対策に“うがい薬”が有効? → フリマアプリで「イソジン」など出品相次ぐ 違法出品や無関係な商品に注意
「第三類医薬品」の無許可販売は違法です。(2020/8/4)

うがい薬がコロナ重症化を予防? 大阪府発表を受けメルカリ高額出品が相次ぐ 医薬品の出品は違法
大阪府などが「ポビドンヨードという抗微生物成分を配合したうがい薬が、新型コロナウイルス感染症の重症化を防ぐ」という研究結果を発表。直後からメルカリでは、医薬品に分類されるうがい薬「イソジン」などの違法出品が相次いだ。(2020/8/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。