ニュース
» 2009年07月08日 14時40分 UPDATE

特許は主張しない:Microsoft、C#とCLIに「Community Promise」を適用

Microsoftはこれらの仕様を実装した成果物に対し、特許を主張しないことを明確にした。

[ITmedia]

 米Microsoftは7月6日、開発言語「C#」(ECMA-334)と共通言語基盤「Common Language Infrastructure(CLI)」(ECMA-335)に同社の「Community Promise」を適用すると発表した。

 「Community Promise」は、商業ソフトウェアまたはオープンソースソフトウェアを扱う開発者が、知的所有権の正当性を認めた上で、簡易化された技術的資産の共有方法を通じて仕様を実装できるようにするための方法。この適用により、開発者はMicrosoftとの契約や連絡なしに、これらの仕様を自由に技術、プログラム、ソリューションに実装できるようになる。

 C#実装をめぐっては、FSFの設立者、リチャード・ストールマン氏が6月26日、Microsoftがソフトウェア特許を主張する危険があるのでC#に依存するべきではないという文書を公開していた。

関連ホワイトペーパー

Microsoft(マイクロソフト) | C#


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ