ニュース
» 2009年07月14日 07時10分 UPDATE

Google Apps対抗のオンライン版も:Microsoft、「Office 2010」「Office Web Applications」発表

Microsoftが次期版オフィススイート「Microsoft Office 2010」のテクニカルプレビュー版を発表した。クラウドサービス「Office Web Applications」を含む新版の発売は2010年上半期になる見込みだ。

[ITmedia]

 米Microsoftは7月13日、ニューオリンズで開催の年次カンファレンス「Worldwide Partner Conference 2009」において、次期版オフィススイート「Microsoft Office 2010」ほか関連製品のテクニカルプレビュー版をリリースしたと発表した。正式版は2010年上半期になる見込み。

 発表されたのは、Office 2010のほかグループウェアサーバの「Microsoft SharePoint Server 2010」、ビジネス向け描画ソフト「Microsoft Visio 2010」、プロジェクト管理ソフト「Microsoft Project 2010」のテクニカルプレビュー版で、招待制で数万人に提供される。

 Office 2010には従来のWordやExcelに加え、オンライン版のスイート「Office Web Applications」が含まれる。オンライン版はWord、Excel、PowerPoint、OneNoteで構成される。ユーザーはMicrosoftのサーバ「SkyDrive」に保存したドキュメントをPCだけでなく携帯端末からもWebブラウザで表示、編集、共有できる。

 主な新機能は、オンライン版によるコラボレーション機能のほか、PowerPointにビデオ編集機能やオンラインでのスライドショー機能が追加され、Excelにセルに小さなチャートを表示する機能「Sparklines」などが加わった。

powerpoint PowerPointのビデオ編集機能
excel ExcelのSparklines機能

 Microsoftは、Officeのエディションを従来の8種類から5種類に減らすことを明らかにした。またOffice Web Applicationsの3種類の利用方法についても発表した。Windows Liveの4億人以上のユーザーが無料で、Officeのボリュームライセンス顧客9000万人以上がオンプレミスで、Microsoft Online Services経由ではホスティング版に加入することで、それぞれ利用できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -