ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

  • 関連の記事

「Microsoft Online Services」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Microsoft Online Services」に関する情報が集まったページです。

メールセキュリティ運用の負荷を軽減:
PR:ついにメール調査も自動化! Office 365 Advanced Threat Protection によるメールの自動インシデント対応
2015年に登場した「Office 365 Advanced Threat Protection」は、メール配信時の保護を中心に機能提供してきました。そして、より高度化しているメールのサイバー攻撃への対策として、メール配信後に発生する脅威にも対応するようになりました。本稿では“メールにおける多層防御”の一つであり、2019年9月に登場した最新テクノロジー「自動インシデント対応」を紹介します。(2019/10/16)

「Exchange Server 2010」移行計画、オンプレミスかクラウドか【前編】
「Exchange Server 2010」サポート終了、現実解はExchange Onlineへの移行か?
Microsoftのメールサーバ製品「Exchange Server 2010」のサポート終了を機に、クラウド版Exchangeである「Exchange Online」への移行を検討する企業は少なくないだろう。それは最適な選択肢なのだろうか。(2019/10/14)

PR:中小企業だけじゃない! グループウェアの元祖「desknet's NEO」が、大企業に採用され続ける理由とは?
国産グループウェアの元祖として知られる、ネオジャパンの「desknet's NEO」。1999年に「中小企業向けのWeb型グループウェア」として登場した後、2001年には大規模向けモデルの提供も開始。2019年現在の累計導入件数は400万人に上り、大成建設、総務省、宮崎県などの大企業・省庁・自治体が現在も活用している。近年は、Notes/Dominoからの移行先の有力候補として名前が挙がることも多くなった。人気の理由について、ネオジャパンの担当者に話を聞いた。(2019/9/24)

情シスのピンチを救う妖精?:
PR:「石ちゃん」登場!御社のOffice 365、「使っているのはOutlookとExcelだけ」になっていませんか?
働き方改革が叫ばれる昨今、情シスは新しい”何か”を導入しなければいけないのでしょうか。ーーちょっと待つアル! 御社に導入済みの「Microsoft Office 365」、ひょっとして「Microsoft Outlook」と「Microsoft Excel」しか使っていなくナイカ?(2019/8/30)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
登場から4年がたち、Windows 8時代の資産から脱却しつつあるWindows 10
リリースから4年がたったWindows 10。「Windows as a Service」を掲げて定期的な大型アップデートを実施する中で、消えていったもの、加わってきたものを改めて整理した。(2019/7/30)

Microsoft 365で実現するクラウド時代のセキュリティ(5):
PR:Windows Information Protection を正しく知る 〜設定編〜
本稿は Microsoft 365 に含まれるセキュリティに関連する機能にスポットを当て紹介するシリーズです。公式ドキュメントからは読み取れない便利な機能を日本マイクロソフトの技術営業チームが紹介します。今回は、「Windows Information Protection(WIP)」を実際に設定する際に必要となる検討項⽬と具体的な設定方法を解説します。(2019/7/29)

メールセキュリティを強化
不正アクセス被害の明治大学 二段階認証と「Microsoft 365」でどう対処したか
2018年に発生したメールアカウントへの不正アクセスを受け、明治大学は安全なメールシステムを構築するために「Microsoft 365 Education」を活用した。ライセンスの選定理由や導入状況について管理担当者が語る。(2019/7/31)

横河レンタ・リースの「Win10運用マスターへの道」(14):
Windows 10運用に「設定をプリインストール」が通用しない理由
過去のWindows OSと同じように「マスターPC」と同じ設定をプリインストールしたら、ある日突然設定が消えた――こんな“事件”を避ける運用のポイントを解説します。(2019/6/28)

Microsoft 365で実現するクラウド時代のセキュリティ(3):
PR:知っていましたか? Microsoft 365で簡単に実現できるブラウザでの安全なリモートワーク環境 〜応用編〜
本稿は Microsoft 365 に含まれるセキュリティに関連する機能にスポットを当て紹介するシリーズです。公式ドキュメントからは読み取れない便利な機能を日本マイクロソフトの技術営業チームが紹介します。今回のテーマは、前回ご紹介した読み取り専用モードでExchange OnlineとSharePoint Onlineを外部に公開する方法の続編として、これ以外のSaaSアプリケーションでも同様の制御を実現する方法をご紹介します。(2019/6/10)

製造業IoT:
PR:「Office 365」が工場とオフィスをつなぐIoTプラットフォームに
富士ソフトが、業務アプリケーションの「Office 365」をIoTプラットフォームに仕立てた「IoTプラットフォーム on Office 365」の提供を始めた。業務アプリケーションとして製造業の技術者にとってもなじみ深いOffice 365だが、クラウドのAzureと連携することで、製造ラインの可視化や障害対応プロセスの迅速化などに適用できるという。(2019/5/31)

Office 365を自動的に丸ごと無制限バックアップ、NTT Comがサービス提供開始
NTTコミュニケーションズは、Office 365のデータを自動的にバックアップするサービスの提供を開始した。バックアップデータは、無期限、容量無制限で保管する。ユーザーアカウントを新規追加した場合も、自動的にそのアカウントを検出してバックアップを開始する。(2019/4/19)

横河レンタ・リースの「Win10運用マスターへの道」(13):
気軽にバージョンアップして大丈夫? 最新版「Office」運用で気を付けたい落とし穴
Microsoft製品の「2020年問題」で見落とされがちな、「Office 2010」のサポート終了が迫ってきました。「最新版を選べば、サポート期間も長いしメリットも大きいのでは」と考える人は多いかもしれませんが、運用の面では気を付けてほしい点があります。(2019/4/19)

NTTコム、Office 365のデータを丸ごとバックアップできる「クラウドバックアップ」サービスを提供開始
NTTコミュニケーションズは、Office 365のデータを自動バックアップできるデータバックアップサービス「クラウドバックアップ」の提供を開始する。(2019/4/18)

Microsoft 365で実現するクラウド時代のセキュリティ(2):
PR:社給端末制限の緩和でコストをかけずに、安全かつ柔軟性のあるリモートワーク環境の提供を!
本稿は、Microsoft 365に含まれる「セキュリティ関連機能」にスポットを当てるシリーズです。公式ドキュメントからは読み取れない便利な機能を、日本マイクロソフトの技術営業チームが紹介します。今回は「社給端末制限」について再考し、クラウドをより良く活用するためのベストプラクティスを紹介します。(2019/4/18)

「Office 365」の通知装う詐欺メールが横行、送信元偽装の手口が巧妙化
送信元を偽装したフィッシング詐欺の手口は巧妙化が進み、正規のドメインを使ったアドレスから届いたように見せかけてあるため、本物との見分けが付きにくくなっているという。(2019/4/9)

Microsoft 365で実現するクラウド時代のセキュリティ(1):
PR:知っていましたか? Microsoft 365で簡単に実現できるブラウザでの安全なリモートワーク環境
本稿は、Microsoft 365に含まれる「セキュリティ関連機能」にスポットを当てるシリーズです。公式ドキュメントからは読み取れない便利な機能を、⽇本マイクロソフトの技術営業チームが紹介します。今回のテーマは、読み取り専⽤モードでExchange OnlineとSharePoint Onlineを外部に公開する⽅法です。(2019/3/8)

ロードバランサーという選択肢
「Office 365のパフォーマンスが出ない」のは、ネットワークの問題?
「Office 365」を利用すれば業務効率アップ……という期待を抱いて導入したものの、予想外の通信が増大して、逆にパフォーマンスが低下する可能性がある。この懸念を回避するためにできることは?(2019/2/28)

課題は知名度の低いサービスのバックアップ
データ保護の2019年3大トレンドを予想 マルチクラウドで製品はどう変わる?
企業ではマルチクラウドの採用が広がりつつあり、それに伴いデータの散在が進んでいる。データ保護製品も、多様な環境をカバーする必要が生じている。2019年、データ保護製品はどう進化するのだろうか。(2019/2/7)

直面しやすい問題と対処法をチェック
「Exchange」オンプレミス版から「Office 365」への移行で注意すべきこと
オンプレミス環境で「Microsoft Exchange Server」を利用している企業がクラウドサービスに移行する場合、起こりやすい問題をあらかじめ確認しておこう。(2019/2/1)

導入しただけではその真価は分からない
導入企業の評価が高い「Office 365」の使いこなし方とは?
「Office 365」は導入しただけで業務が効率化できるものではない。その機能を最大限引き出すには、ちょっとした工夫が必要だ。(2018/12/28)

オンプレミスにあるデータと同じように考える
「Office 365」のバックアップをどうする? 製品選択3つのヒント
Microsoft「Office 365」のバックアップはサービス多くのベンダーが提供している。これらのサービスを選ぶとしたら、どこから手をつければよいだろう。3つのポイントを紹介する。(2018/12/25)

信者が語るChromebook&G Suiteの魅力(後編):
Chromebookで使うOffice Online/Office 365の現実
ChromebookでG SuiteではなくMicrosoft Officeを使う場合、何ができて何ができないのか。Chromebookをビジネスで活用する際に避けては通れない問題を検証する。(2018/12/19)

隠しきれない「詐欺メールの特徴」を検知せよ:
PR:Office 365を狙うビジネスメール詐欺、見破るための具体策は?
2017年に「Office 365」をすり抜けトレンドマイクロのサービスで検知したビジネスメール詐欺の数は3000を超えていたという。見破るために企業は何をしておくべきか?(2018/11/7)

クラウドの拡大に変調あり:
アクセス制御やデータ保護機能にニーズ、ノークリサーチが文書管理とストレージサービスを調査
ノークリサーチは中堅中小企業を対象に、文書管理とオンラインストレージサービスに関する市場動向の調査結果を発表した。アクセス制御やデータ保護へのニーズが高まっていることが分かった。(2018/10/29)

できること、できないことを見極める
Microsoft TeamsとExchangeを連携させたいIT担当者が知っておくべき5つの注意点
コラボレーションサービスの「Microsoft Teams」が存在感を増している。IT担当者は、「Exchange Online」や「Microsoft Exchange Server」とMicrosoft Teamsを連携させる方法について検討する必要がある。(2018/9/20)

Microsoft Graph APIで管理が容易に
Office 365のスマホ、タブレット利用が増加 管理についても考えよう
エンタープライズモビリティー管理(EMM)との連携で、モバイルデバイス向けOffice 365アプリケーションは以前より管理しやすくなった。Office 365のセキュリティを効果的に強化する戦略とは。(2018/8/28)

GDPR対策の強固な基盤になる可能性
Office 365のできること、できないこと データ保護機能は十分?
Microsoft「Office 365」は高度なデータ保護機能を搭載しているが、全ての機能が十分なわけではない。セキュリティとストレージ管理機能の概要と、補完すべきポイントとは?(2018/7/27)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Office 365」でコラボレーションの世界を飲み込むMicrosoft
Microsoftは「Office 365」をさらに強化し、さまざまなコラボレーションツールを取り込んでいく構えだ。年次パートナーイベント「Inspire 2018」の開催直前に発表された3つのアップデートを整理する。(2018/7/16)

「常に最新機能が使える」はメリット? デメリット?
徹底比較:「Exchange Online」と「Exchange Server」 企業が選ぶべきなのはどちらか
クラウドの隆盛は周知の事実といってもよい。企業は、オンプレミス基盤からクラウドへの移行が正しい選択かどうかを、どう判断すればよいのだろうか。(2018/6/19)

Microsoft、Officeも「Fluent Design」に コンパクトなリボンやAI検索機能など
MicrosoftがWindows 10の「Fluent Design」をOffice(アプリおよびOffice 365)に反映させる。具体的な時期は明言していないが、リボンがコンパクトになり、AI採用の「ゼロクエリ検索」が使えるようになる。(2018/6/14)

エクスペリエンスを刷新
「Office 365」モバイルアプリは何が新しいのか
Microsoftがメッセージング関連サービスの一部に再挑戦し、他のサービスも向上を図る中、同社のモバイルプレゼンスの未来は1つのアプリ、すなわちモバイルアプリの「Outlook」にかかっている。(2018/6/3)

新技術への反対勢力も、その便利さに驚く
「紙至上主義」から「デジタル至上主義」に切り替え成功 ワークフロー自動化の力とは
自動化ソフトウェアは、デスクトップPCやモバイル端末を利用するエンドユーザーのワークフローを簡素化するのに役立つ。紙文化が残る裁判所での成功事例を紹介する。(2018/5/25)

可視化ツールで学ぶWAN入門(2):
Office 365やVoIPのパフォーマンスとWANの関係
本連載では、ツールによる可視化を通じ、WANの世界を垣間見てみます。今回は、Office 365のWAN通信を可視化してみます。また、VoIPのトラブル対応についても考えます。(2018/4/12)

TeamsやGroupsを使い分ける4つのヒント
「Office 365のコラボ機能が多過ぎる問題」が深刻化、何をどう使えばいい?
Microsoftの「Microsoft Office 365」には、「SharePoint」「Teams」「Groups」など共同作業のための機能が多数用意されている。本稿では、チームに最適な共有機能は何かその特定方法を紹介する。(2018/1/10)

拡大するOffice 365の全体像(前編)
Office 2016だけではまねできない、Office 365の多彩なデータ処理機能
Office 365はアプリスイートの枠を超え、データ処理ポータルという新たな価値を創造してきた。Office 365のツールを組み合わせることで、どのようなアプリが生まれるだろうか。(2017/10/24)

これまでのナレッジ、諦めますか?
移行屋さんが教える「Notes」から「Office 365」へのゼロインパクト移行
Notesシステムや別プラットフォームをMicrosoftプラットフォームへ移行する場合、既存資産の活用に頭を悩ませがち。そのような悩みは、ゼロインパクト移行で解決しよう。(2017/10/16)

運用管理“ゼロ”のExchange Onlineとは
「メールボックスがいっぱい」にまだ悩んでいる? 進化する“解決策”
電子メールは最も身近なコミュニケーションツールだ。ただし、実は既存のメール環境には想像以上に多くの課題が潜んでいる。解決の切り札となるのはクラウドメールだ。(2017/10/16)

Microsoft Ignite発表まとめ Microsoft 365の強化、Linux対応SQL Server正式版など:
Microsoft、「量子コンピュータ」向けプログラミング言語とシミュレーターを公開
Microsoftが法人顧客向け年次イベント「Microsoft Ignite」で多数の新世代技術や新サービスを発表。クラウド、AI、MRといった技術を用いて顧客のビジネスを積極支援していく方針を示し、量子コンピュータ関連の研究開発の取り組みや、法人向けの広範な製品やサービスの新展開も発表した。(2017/9/27)

クラウド向けセキュリティ「CASB」にも注目
「個人用Gmailの業務利用」はどう考えても危険、それでも使う?
BYOD(私物端末の業務利用)戦略の一環として個人用Gmailアカウントを業務利用するのは企業にとって高いリスクをはらむ。その理由を解説する。(2017/9/13)

いまさら聞けないPowerShell入門(前編)
Windows管理者がPowerShellを習得すべきこれだけの理由
PowerShellはWindowsを管理するための強力なツールであり、マスターすべき多くの理由がある。さらに、Linuxユーザーにとっても無視できない存在になるだろう。(2017/8/18)

変更は2017年8月24日から:
Office.comへの「条件付きアクセスポリシー」の適用方法が変更 管理者は「何」をすべきか
「Office.com」への条件付きアクセスポリシーの適用方法が、2017年8月24日に変更される。何が変わるのか、どんなシーンで影響があるのか、管理者は何をすべきかをまとめた。(2017/8/8)

EOS請負人、五味メグミが行く!:
PR:【マンガで解説】ソフトのEOSをなめるなよ! 恐怖! Office 2007サポート終了のリスク
10月10日にサポートが終了するのは「SharePoint Server」だけではありません。あなたの会社、まだサポート終了対策を終えていない案件が残っていませんか?(2017/6/1)

Microsoftの「Cloud-powered Clipboard」で端末/アプリ横断コピペが可能に
「Microsoft Graph」では、iOS/Andrdoid端末を含むPCやスマートフォンでファイルやアクティビティを共有でき、例えばPCのPowerPointでコピーしたテキストをAndroid端末の検索枠にペーストすることもできる。(2017/5/12)

「先進企業が語る、API活用最前線」レポート(後編):
Sansanが名刺データをAPI公開した理由から探る、「API×ビジネス」のヒント
2017年3月15日に開催された@IT API活用セミナー「先進企業が語る、API活用最前線」の中から、テクマトリックス、日本アイ・ビー・エム、Sansanの講演模様をお届けする。(2017/4/26)

クラウドの普及で追い風が吹いているが
なじみ深い「Office 365」――後れを取る「G Suite」に待ち受ける2つの課題
Googleのビジネスコラボレーションスイート「G Suite」には多くのアプリケーションが含まれている。だがMicrosoftの「Office 365」と比べると後れを取っているという。(2017/3/8)

具体的に何が変わるのか 「Q&A」も公開:
マイクロソフト、「Yammer」を「Office 365グループ」に統合
マイクロソフトが「Yammer」を「Office 365グループ」に統合すると告知。Yammerから各種のOffice 365共有リソースに直接アクセスできるようにする。(2017/3/6)

クラウド時代のオフィススイート選定術【第6回】
「Googleカレンダー」で予定とタスクを一緒に確認、効率化を後押しする補助機能
「Googleカレンダー」を使うと、どのようにスケジュールを管理できるのだろうか。今回は、Googleカレンダーの特徴的な機能を紹介する。(2017/3/1)

JavaScript、jQueryなどで開発可能:
マイクロソフト、「SharePoint Framework」の一般公開を開始
マイクロソフトが「SharePoint Framework」の正式版をリリース。開発者や管理者がSharePoint Online用のWebパーツを開発し、デプロイできる。(2017/2/28)

グローバルで得たノウハウや知見はどのように生かされるのか:
PR:サイバー攻撃にマイクロソフトはどのように対抗しているのか――マイクロソフトの最新セキュリティ対策事情
世界で最もサイバー攻撃の標的にされている企業の1つでもあるマイクロソフト。しかし、そのセキュリティ対策や組織構造の詳細はあまり知られていないだろう。数多くのセキュリティ製品やテクノロジー、サービスを提供するマイクロソフトのセキュリティ対策とはどのようなものなのか。今、マイクロソフトが最も注力する「セキュリティへの取り組み」を通じて、その詳細に迫ってみたい。(2017/2/9)

クラウド時代のオフィススイート選定術【第5回】
「Exchange Online」の便利で柔軟なグループ機能、スケジュールをクラウド化するメリット
従来は手帳やホワイトボードといったアナログの手段を使ったスケジュール管理が主だった。その手段をデジタルツール、特にクラウドサービスに置き換えた場合どうなるのだろうか。(2017/2/2)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。