ニュース
» 2009年07月14日 21時57分 UPDATE

ソフトバンクグループ、Oracle Exadataを採用

1日に数億件以上のトランザクションを処理するために採用を決めた。

[ITmedia]

  日本オラクルは7月14日、ソフトバンクモバイルをはじめとするソフトバンクグループ3社が、データウェアハウスの拡充を目的にハードウェア一体型のデータウェアハウス製品「Oracle Exadata」を採用したと発表した。通信事業やコンテンツサービス事業では契約数の増加などにより1日に数億件以上のトランザクションが発生するため、大量データをより速く、確実に処理するメカニズムが必要だという。国内の通信事業者としては初めてのExadata採用としている。

 採用したのはExadataシリーズ「HP Oracle Database Machine」2台。最大CPUは128コア、ストレージ容量は物理容量で約336Tバイト、ユーザー領域は約92Tバイトとしている。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -