ニュース
» 2009年07月21日 08時58分 UPDATE

Hyper-V用をGPLv2で:Microsoft、デバイスドライバのソースコードをLinuxコミュニティーに提供

MicrosoftがGNU GPLv2の下、Linux向けHyper-VデバイスドライバをLinuxコミュニティに提供すると発表した。

[ITmedia]

 米Microsoftは7月20日、2万行に上るデバイスドライバのコードをLinuxコミュニティーに提供したと発表した。同社がLinuxコミュニティーに直接コードを提供するのは初めてという。

 提供したのはWindows Server 2008およびWindows Server 2008 R2のHyper-V上で稼働するLinux OSの性能を高めることを目的とした3つのデバイスドライバーで、GNU General Public License(GPL) v2の下での公開となる。このドライバにより、Hyper-V上でLinuxを自動最適化モードで稼働させることができる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -