ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

「GNU」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

GNU's Not UNIX

Windows 10 The Latest:
【WSL 2互換性チェック】NTFSのシンボリックリンクやジャンクションは使い物になるのか?
開発が進んでいる次期「Windows Subsystem for Linux」(WSL 2)で新たにサポートされたNTFSのソフトリンク対応が行われた。実際にいろいろなパターンでソフトリンクの対応状況を確認してみた。(2019/10/11)

必修Linuxコマンド83選【中編】
知っておきたい「Linux」基礎コマンド一覧:G〜R編
本連載は「Linux」の基本的なコマンドをアルファベット順に紹介する。気軽に使えるコマンドを身に付け、Linuxをもっと便利に使ってみよう。(2019/9/28)

ロボット開発ニュース:
ロボットに最適なOSは「Ubuntu」か、長期サポートとパッケージ管理が強み
Canonical Japanは2019年9月20日、東京都内で記者向けに説明会を開催し、ロボティクスにおけるUbuntu採用の利点と実績を訴えた。(2019/9/25)

電卓4台を使って「ゼルダの伝説」のメインテーマを演奏 メロディ電卓の音が懐かしさを呼ぶ
思い出が甦る……。(2019/9/22)

必修Linuxコマンド83選【前編】
知っておきたい「Linux」基礎コマンド一覧:A〜F編
「Linux」にはファイルを管理したりプロセスの状況を確認したりするのに便利なコマンドがそろっている。基本的なコマンド83種をアルファベット順に紹介する。前編は頭文字がAからFの27個を紹介する。(2019/9/21)

リチャード・ストールマン氏、MITの役職とFSF総裁を辞任 エプスタイン関連コメントへの批判で
フリーソフトウェアの擁護者として知られるリチャード・ストールマン氏が、マサチューセッツ工科大学人工知能研究所の役職と、自身で創設したフリーソフトウェア財団の総裁職を辞任した。“エプスタイン騒動”で故マービン・ミンスキー氏を擁護しようとした発言が誤解を招いたためとしている。(2019/9/17)

高校生のときに「多分病んでて描きまくってたうさぎ」を親がハンカチに刺しゅう → 6万いいねが集まる人気に
かわいい!(2019/9/12)

5年間のサポートを保証:
「Debian 10(buster)」が公開、Linuxディストリビューションの最新安定版
Linuxディストリビューション「Debian」の最新安定版「Debian 10」(コードネーム「buster」)が公開された。ビルド再現性やネットワークフィルタリングに特徴がある。(2019/7/9)

組み込み開発ニュース:
新型Raspberry Pi 4が登場、Pi 3と基本仕様を比較
英国Raspberry Pi財団は2019年6月24日(現地時間)、シングルボードコンピュータの新モデル「Raspberry Pi 4 Model B」を発表した。従来モデル「Raspberry Pi 3 Model B+」からプロセッサとI/Oを大幅に強化したとともに、本モデルから初めてメモリ容量別の3製品をラインアップした。(2019/6/26)

Windows 10 The Latest:
次期Windows 10最新動向:待望の機能アップデート「Windows 10 May 2019 Update」の主な変更点
Windows 10の2019年春の機能アップデート「May 2019 Update」がやっと提供開始となった。仮想マシンによるソフトウェアテスト環境「Windowsサンドボックス」など大きな機能追加が行われている。どのような機能変更があるのかをまとめてみた。(2019/5/31)

ITの教室:
【WSL入門】第4回 bashの展開機能と正規表現の基礎
WSLのメリットには、さまざまなコマンドで利用できる「正規表現」とシェルのbashの展開機能がある。この2つを理解することで、WSLの利用価値が大きく向上する。WSL入門の最終回として、この2つの機能を紹介しよう。(2019/5/24)

OSS脆弱性ウォッチ(12):
QEMU脆弱性を利用したVMエスケープ攻撃の検証:概要&テスト環境構築編
連載「OSS脆弱性ウォッチ」では、さまざまなオープンソースソフトウェアの脆弱性に関する情報を取り上げ、解説する。今回から数回に分けて、OSSのプロセッサエミュレータである「QEMU」の脆弱性を悪用したVMエスケープ攻撃に関する事例を紹介する。(2019/4/3)

ITの教室:
【WSL入門】第1回 Windows 10標準Linux環境WSLを始めよう
Windows 10 Fall Creators Updateから標準搭載されているWSLは、Windows 10からLinuxを利用するための仕組み。上手に活用することで、文書処理などを格段に効率よくできる。まず、インストールから始めてみよう。(2019/3/18)

知っトクWindowsツール:
脱Excelについて考える:無料Excel互換アプリ4種基本評価
Microsoft Office 2010の延長サポートが2020年10月13日に終了予定だ。新たにOfficeのライセンスを購入する前に、無料のOffice互換アプリの導入を検討してみてほしい。(2019/3/11)

Linux基本コマンドTips(278):
【 grub2-mkconfig/grub-mkconfig 】コマンド――GRUB 2の起動メニューを生成する
本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、GRUB 2の起動メニューを生成する「grub2-mkconfig/grub-mkconfig」コマンドです。(2019/2/1)

Linux基本コマンドTips(277):
【 grub2-set-default/grub-set-default 】コマンド――GRUB 2のデフォルト起動メニューを設定する
本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、GRUB 2のデフォルト起動メニューを設定する「grub2-set-default/grub-set-default」コマンドです。(2019/1/31)

Linux基本コマンドTips(276):
【 grub2-reboot/grub-reboot 】コマンド――次回の起動メニューを選択する
本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、起動メニュー選択を指定する「grub2-reboot/grub-reboot」コマンドです。(2019/1/25)

Windows 10 The Latest:
次期Windows 10最新動向:小容量ストレージでも機能アップグレードできる「予約済み記憶域」とは?
Windows 10の次期機能アップデート「19H1」に搭載予定の機能「予約済み記憶域」とはどういったものなのか? その他、最新のプレビュー版から次期Windows 10の新機能を見ていこう。(2019/1/25)

知っトクWindowsツール:
Robocopyより高機能。ファイル同期ツールの決定版「FreeFileSync」
クラウドストレージが普及した現在だからこそ役立つファイル同期ツール。Windows OSには標準でRobocopyというミラーリングツールが付属しているが、それよりも断然高機能な「FreeFileSync」を取り上げる。(2019/1/18)

“応用力”をつけるためのLinux再入門(30):
シェルスクリプトに挑戦しよう(10)「read」コマンドでキーボードからの入力を受け取る
今回は、シェルスクリプトの中でキー入力を受け取る際に使用する「read」コマンドを取り上げます。まず、前回に続いて、文字列のパターンで分岐する「case」を使い、キー入力に応じて処理内容を変える方法を紹介します。後半では、readコマンドのその他のオプションについて解説します。(2018/11/28)

Computer Weekly製品ガイド
Microsoftのクラウド開発プラットフォーム
MicrosoftはWindowsに拘泥せず、Linuxやオープンソースに対応した開発ツールの拡充に注力している。(2018/11/8)

MicrosoftがOINに加盟、約6万の自社Linux関連特許をクロスライセンスの対象に
Microsoftは2018年10月10日(米国時間)、Open Invention Network(OIN)に加盟し、同社の約6万に及ぶLinux関連特許を、この組織に持ち込むと表明した。これにより、OIN加入組織は、同組織を通じて、ロイヤリティ支払いや訴訟のリスクなしに、これらの特許を活用できることになる。(2018/10/11)

大量の監視データを見やすく表示:
機能強化と新機能追加が50以上、システム運用監視ソフト「Zabbix 4.0」を公開
Zabbixはオープンソースのシステム運用監視ソフトウェア「Zabbix 4.0」の提供を開始した。ユーザーインタフェースを刷新し、タグによる権限設定機能や、HTTPを利用した監視データの収集機能を新たに追加した。(2018/10/5)

通信確立までの時間を短縮:
暗号化通信ライブラリwolfSSLが「TLS 1.3」に対応
wolfSSLは、同社が開発する組み込み向け暗号化通信ライブラリをTLS 1.3に対応させた。旧バージョンに比べて、通信を確立(ハンドシェイク)するまでの時間を短縮した他、デフォルトでより安全な暗号化方式を使用できる。(2018/8/16)

OSS脆弱性ウォッチ(7):
OSSのメールリーダーなどに使われる暗号化ソフト「GNU Privacy Guard」の脆弱性
連載「OSS脆弱性ウォッチ」では、さまざまなオープンソースソフトウェアの脆弱性に関する情報を取り上げ、解説していく。今回は、2018年6月9日に公開された「GNU Privacy Guard」の脆弱性(CVE-2018-12020)を取り上げる。(2018/8/7)

コンサルは見た! オープンソースの掟(最終回):
ようこそ、オープンソースソフトウェアエコノミーの美しい世界へ
フリーソフトウェア著作権侵害チェックプロジェクト「GVO」へのタレコミが成功し、ジェイソフトの危機を救ったコンサルタント江里口美咲。彼女が最終的に向かった場所は――。(2018/8/2)

フジロック初のYouTube生配信、ラインアップ47組発表 N.E.R.D、VAMPIRE WEEKEND、サカナクション、cero等
ありがてぇ……。(2018/7/26)

コンサルは見た! オープンソースの掟(8):
GPLに違反したから、わが社は経営破綻するしかない
フリーソフトウェアの権利監視団体から警告を受けた「プレミア電子」。「ジェイソフト」さえ何とかすればと楽観視する木村に、社長の武田は重大な事実を告げる――わが社はもうカーナビを作れない!(2018/7/26)

フジロックのYouTube生配信、エレカシやサカナクションなど40組以上が登場
「フジロックフェスティバル'18」のパフォーマンスをYouTubeで生視聴できるアーティストが決まった。エレファントカシマシやサカナクションなど40組以上をライブ配信する。(2018/7/23)

コンサルは見た! オープンソースの掟(7):
貴社は重大なGPL違反を犯しています
カーナビソフトのGPL違反を指摘された「プレミア電子」の木村(同社初の女性取締役就任目前)は、事態を打破すべく、リベンジプランを画策するが……。(2018/7/19)

コンサルは見た! オープンソースの掟(6):
ジェイソフトはプレミア電子を著作権侵害で訴えます!
部長、GPLをご存じないの?――カーナビソフト開発会社を救うべく単身カーナビベンダーに乗り込んだ江里口美咲は、システム企画部長の木村にタイマン勝負を挑む。(2018/7/12)

Tech TIPS:
Windows 10のWSL環境を初期化してクリーンな状態に戻す
Windows 10のWSLで導入したUbuntuやDebian、SUSEなどのLinux互換環境を再インストールしたり、初期化したりしたい場合は、アプリの「リセット」を行うとよい。(2018/7/6)

Synopsysが調査:
あなたのソフトはOK? オープンソースのリスク分析
大半のソフトウェアプログラムが、脆弱(ぜいじゃく)性やライセンス違反の問題を抱えている――。Synopsys(シノプシス)のソフトウェアインティグリティグループ(SIG)は、「2018オープンソースセキュリティ&リスク分析(OSSRA)」レポートについて、その概要を発表した。(2018/6/21)

Linux基本コマンドTips(214):
【 sed 】コマンド(応用編その3)――ホールドスペースの活用
本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、テキストファイルをフィルター処理で編集する「sed」コマンドです。(2018/6/8)

Linux基本コマンドTips(213):
【 sed 】コマンド(応用編その2)――ホールドスペースの活用
本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、テキストファイルをフィルター処理で編集する「sed」コマンドです。(2018/6/7)

Linux基本コマンドTips(212):
【 awk 】コマンド(応用編その6)――テキストの加工とパターン処理、複数ファイルの処理
本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、テキストのパターン処理を行う「awk」コマンドです。(2018/6/1)

Linux基本コマンドTips(211):
【 awk 】コマンド(応用編その5)――テキストの加工とパターン処理、複数行のレコード処理
本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、テキストのパターン処理を行う「awk」コマンドです。(2018/5/31)

Linux大好き
Windows Subsystem for Linuxに見るMicrosoftのオープンソース戦略
Microsoftのオープンソースコミュニティーへの貢献は称賛に値する。Windows上でLinux用実行ファイルをネイティブ実行する「Windows Subsystem for Linux」も興味深い施策の1つだ。(2018/5/29)

Linux基本コマンドTips(210):
【 awk 】コマンド(応用編その4)――テキストの加工とパターン処理、split関数の活用
本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、テキストのパターン処理を行う「awk」コマンドです。(2018/5/25)

Linux基本コマンドTips(209):
【 awk 】コマンド(応用編その3)――テキストの加工とパターン処理、配列の活用
本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、テキストのパターン処理を行う「awk」コマンドです。(2018/5/24)

脅威の現実性に疑問も:
暗号化メールが読み取られる? 平文を抽出する脆弱性「EFAIL」をESETが解説
電子メール暗号化プロトコル「OpenPGP」と「S/MIME」には脆弱性があり、攻撃者がこれを悪用して、暗号化されたメッセージの平文を抽出して入手する恐れがある。(2018/5/17)

特別キャンペーンを展開中:
IoTでの使いやすさを追求、組み込みプラットフォーム
アットマークテクノは、「第7回 IoT/M2M展【春】」で、産業用組み込みプラットフォーム「Armadillo-640」や国内3キャリア対応のIoT(モノのインターネット)ゲートウェイ「Armadillo-IoT」などについてデモ展示した。(2018/5/14)

“IoT”や“FinTech”での活用を想定:
断片的なデータだけだと無意味なデータに――ZenmuTechが「ZENMU Engine 1.0」の提供を開始
ZenmuTechは「ZENMU Engine 1.0」の提供を開始した。機密データを意味のないデータに変換・分割し、全てのデータがそろわないと元のデータに復元できないようにする同社の「ZENMU」のエンジン部分で、従来のSDKから処理速度を高め、固定サイズで分割できるようにした。(2018/4/23)

機械学習&ディープラーニング環境構築入門:
UbuntuでのGPUディープラーニング環境の構築【Ubuntu 16.04 LTS対応】
GPUを活用したTensorFlowやChainerによるディープラーニングを実践するための環境をUbuntu上に構築する際の選択ポイントと手順を説明する。(2018/4/18)

Ethereumではじめる“スマートコントラクト開発”(4):
企業向けスマートコントラクト「Quorum」って、Ethereumとどう違うの?
Ethereumをベースとしたスマートコントラクトプラットフォーム「Quorum」は企業向けに改良されている。サンプルで動かしつつ、どのように改良されているのかを探る。(2018/4/16)

マストドンつまみ食い日記:
マストドンつまみ食い日記、2年目に突入
Web 3.0も取り込んで、まだまだ続きます。(2018/4/15)

マストドンつまみ食い日記:マストドンつまみ食い日記:
GNU social、ActivityPubに対応へ
GNU socialのActivityPubプラグインが今夏に予定されている。(2018/4/6)

マストドンつまみ食い日記:
第1回プレロマ公会議、5月5日に開催
2017年12月に予定されていた「プレロマ公会議」がゴールデンウィーク中に開催と発表された。(2018/4/1)

マストドンつまみ食い日記:
開発者自ら解説するPleroma入門が公開
lainさんが「青少年のためのぷれろま入門」を公開した。(2018/3/13)

シノプシス DesignWare ARC HS Development Kit:
ARCベースシステムのソフトウェア開発を効率化する開発ボード
シノプシスは、ARC HSプロセッサ・ファミリー向けソフトウェアの開発期間を短縮する開発キット「DesignWare ARC HS Development Kit」の提供を開始した。embARCオープンソースソフトウェアなどにより、早期開発を実現する。(2018/3/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。