ニュース
» 2009年07月21日 12時37分 UPDATE

トレンドマイクロ、資産管理ツールベンダーの協業強化

トレンドマイクロとエムオーテックス、富士通四国システムズと共同で、セキュリティ対策製品と資産管理ツールの動作検証を始める。

[ITmedia]

 トレンドマイクロは7月21日、資産管理ツール製品を提供するメーカーとの協業を強化すると発表した。エムオーテックスと富士通四国システムズと動作検証を始める。

 同社によれば、コスト削減の必要性などから、セキュリティ対策製品と資産管理ツールとの連携でPCを一元的管理したいというニーズが高まっているという。資産管理ツールで端末やユーザーの情報、デバイスの利用履歴、セキュリティ対策状況の管理を一元化することで運用コストが削減され、導入時の検証の手間も緩和されるという。

 同社では、まずエムオーテックスとネットワーク管理ツール「LanScope Cat6」、富士通四国システムズのPC運用支援パッケージ「瞬快」と、ウイルスバスターコーポレートエディションの共同動作について検証する。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連ホワイトペーパー

運用管理 | トレンドマイクロ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -