ニュース
» 2009年07月27日 20時29分 UPDATE

日本インフォア、人材管理の新ソフトを発表

日本インフォア・グローバル・ソリューションズは7月23日、包括的な人材管理ソフトを7月27日から提供すると発表した。

[ITmedia]

 日本インフォア・グローバル・ソリューションズは7月23日、包括的な人材管理ソフトを7月27日から提供すると発表した。

 製品名は「Infor WFM Workbrain」。勤怠管理だけでなく、人材の配置計画や評価などの情報を全社規模で管理できる。同社が2007年6月に買収したカナダのWorkbrainの製品をベースにしている。「プランニング」「スケジューリング」「勤怠管理」「休暇管理」「パフォーマンス」の5つのモジュールで構成されている。

 過去の実績に基づいて要員の需要予測などを行うことで、最適な要員配置を自動で計画できるようにした。価格は1000人規模で2000万円程度としている。

過去のニュース一覧はこちら

関連キーワード

人材 | ERP | 勤怠管理


関連ホワイトペーパー

ERP


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -