ニュース
» 2009年08月25日 14時53分 UPDATE

IDC Japan調べ:国内x86サーバ市場、年間成長率はプラス0.9%に

IDC Japanによると、2008年から2013年までのx86サーバ市場の年間平均成長率は0.9%になる見通しだ。

[ITmedia]

 調査会社のIDC Japanは8月24日、国内におけるx86サーバ市場の予測を発表した。2009年の同市場は2008年に続き2年連続のマイナス成長で、2008年から2013年までの年間平均成長率は0.9%になる見通しだ。

 同市場は、2002年から2007年まで順調に拡大してきたが、景気後退の影響が出た2008年は、2002年以来のマイナス成長(出荷金額 5.7%減)になった。

 これに伴い、2009年の出荷金額は前年比16.3%減の2263億7700万円、出荷台数は同12.5%減の49万8800台になる見通し。x86サーバの出荷台数は、2005年から50万台以上を維持してきたが、2009年はこの台数を割り込むという。

 2009年における同市場の不調は、2008年9月以降に始まった景気後退による影響が大きい。市場がプラス成長に転じるのは2010年になる。IDCによると、Windows Server 2008やWindows Server 2008 R2といった最新OSは、2010年以降に本格的に普及するという。

image 国内x86サーバー市場予測、2006年〜2013年(出典:IDC Japan)

関連ホワイトペーパー

サーバ | x86


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -