ニュース
» 2009年09月02日 06時34分 UPDATE

約19億ドルで売却:Skype、再び独立企業に――eBayが株式の65%を売却

eBayが2005年に買収したIP電話サービスSkypeを“相乗効果が得られなかった”として投資グループに売却した。

[ITmedia]

 米eBayは9月1日、インターネット電話サービスのSkype部門を投資会社グループに売却することで合意に達したと発表した。株式の65%を投資会社らに現金19億ドルで売却し残りの35%はeBayが保有する。分離手続きは年内に完了の見込みだ。

 投資会社グループは米Silver Lakeが率い、ベンチャーキャピタルの米Index Ventures、米Andreessen Horowitz、カナダ年金制度投資委員会(CPPIB)などが名を連ねる。Indexのパートナーであるダニー・ライマー氏とマイク・ボルピ氏は初期のSkypeで取締役を務めたことがある。

 eBayは2005年9月にSkypeを買収したが、eコマースとオンライン支払いサービスという本体事業との相乗効果が期待通りに得られず、2009年4月にはSkype部門を分離して、2010年に株式公開する計画を発表していた。株式公開の準備中に投資会社グループから売却を打診され、これを受けたという。

 Skypeは独立企業となり、従来通りのサービスを続ける。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -