ニュース
» 2009年09月07日 06時44分 公開

Googleの中国法人社長カイ−フー・リー氏、退任へ

Googleが2005年にMicrosoftから引き抜いた中国法人社長が退任し、中国で起業すると発表した。

[ITmedia]
kaifu カイ−フー・リー氏

 米Googleの中国法人社長であるカイ−フー・リー氏が9月4日、9月中旬に同職を退くことを明らかにした。退任後、中国でベンチャー企業を立ち上げるという。

 リー氏は2005年に米MicrosoftからGoogle入りし、中国のBaiduが圧倒的シェアを誇る中国検索市場で、同社のシェアを3年間で16.1%から31.0%に拡大させた。

 カーネギーメロン大学のコンピュータ科学の博士号を持つ同氏は、米Apple、米SGIを経て1998年〜2005年はMicrosoftで幹部を務めた。同氏は中国の技術系学生の育成に力を入れており、独自のサイト「www.5xue.com」を運営しているほか、学生向けの書籍を出版している。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

関連キーワード

中国 | Google | 社長 | 辞任・退任 | 起業


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -