ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「起業」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!起業→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で起業関連の質問をチェック

「会社のWindows PCが突如ブルースクリーンに……」 世界中で報告相次ぐ 「仕事ができない」
ネット上で「会社のWindows PCが突如ブルースクリーンになった」とする声が7月19日午後2時半ごろから続出している。午後2時41分時点で、Xのトレンドは「ブルースクリーン」が1位になっている。(2024/7/19)

米GitLabが身売りを検討 関係筋
クラウドに基づくソフトウエア開発ツールを提供する米GitLabが身売りを検討していることが、事情に詳しい関係者の話で明らかになった。(2024/7/19)

ITmedia NEWS初のリアルイベント開催! 今だから聞ける「スタートアップ失敗談」
(2024/7/19)

メイドインジャパンの現場力:
なぜ止まらないラインは悪なのか、老舗総合無線機メーカーが磨くモノづくり力
無線機メーカーのアイコムは会社設立60周年を迎えた。本稿では同社のこれまでの歩みとともに、全量を生産する和歌山アイコムのモノづくり力に迫る。(2024/7/19)

古田拓也「今さら聞けないお金とビジネス」:
好調でも「あえて上場しない」スタートアップが増えている理由
株式上場は資金調達の手段であると同時に、スタートアップの成功を象徴するイベントであり、存在をアピールする重要な意味を持っている。しかし、近年ではスタートアップが上場を避け、M&Aを通じてイグジット(事業売却)する例も増加している。なぜなのだろうか。(2024/7/19)

都知事選出馬・安野たかひろ氏の新作小説が発売 題材はAIスタートアップ
早川書房が、東京都知事選に出馬したAIエンジニアで作家の安野貴博(たかひろ)氏が執筆した小説「松岡まどか、起業します──AIスタートアップ戦記」を発売した。価格は1980円。(2024/7/18)

Anthropic、AIスタートアップ支援の1億ドルファンドをMenlo Venturesと共同設立
Anthropicは、同社に出資するベンチャーキャピタルMenlo Venturesと共同で、AIスタートアップを支援する1億ドル規模のファンド「Anthology Fund」を立ち上げた。(2024/7/18)

時代の波はホラーにも:
40代以上は“ビビることを恥じる” 「闇」創業者が明かすホラービジネスの難しさ
ホラーブームが若い世代を中心に再燃している。ホラーの楽しみ方は世代によって異なる。そして、いまどきのご時世ならではの難しさもあるという。ブームを牽引する「闇」創業者に聞いた。(2024/7/17)

トップインタビュー:
SBI証券、富裕層ビジネス展開へ 最後発から勝機をつかむ道筋は?
SBIホールディングス傘下の最大手ネット証券、SBI証券が対面での富裕層ビジネスに打って出る。SBI証券の前川雅彦副社長がロイターとのインタビューで語った。(2024/7/17)

富士通、AI新興CohereとLLM共同開発 日本語に長けたモデル「Takane」(高嶺)
富士通が、カナダのAIスタートアップCohereと大規模言語モデルを共同開発すると発表した。(2024/7/16)

教えて、スタートアップ反省談:
コロナ禍で受注ゼロ──「地獄のように感じた」 トヨタも導入「ハッカズーク」CEOが語る、どん底と復活
現在はトヨタなどにサービス提供しているものの、コロナ禍では一時受注ゼロになったというHRスタートアップ・ハッカズーク。当時得られた反省について、CEOに話を聞く。(2024/7/16)

CEOの意志:
Visionalが事業を拡大する際に重視する「事業をつくる人材」
Visionalの南壮一郎CEOが経営人材を発掘し、育成する方法がどうだったのかを、アシュアードの大森厚志社長が新卒の社員から経営者になるまでのプロセスから探る。(2024/7/12)

マイナンバー画像など15万人分漏えいのカオナビ子会社、サイバー保険に加入したと発表
カオナビ子会社で、労務管理クラウド「WelcomeHR」を手掛けるワークスタイルテック(東京都港区)が、「サイバー保険に加入した」と発表した。同社は3月に約15万人分のユーザー情報漏えいを発表しており、ユーザーの流出防止策とみられる。(2024/7/11)

複合材料と3Dプリンタのこれまでとこれから(3):
複合材料3Dプリンタの成形条件最適化を図れるシミュレーションソフトを開発
東京工業大学 教授/Todo Meta Composites 代表社員の轟章氏が、複合材料と複合材料に対応する3Dプリンタの動向について解説する本連載。著者の研究グループが開発した、複合材料3Dプリンタの成形条件最適化を図れるシミュレーションソフトなどについて解説します。(2024/7/11)

パルワールド開発元、アニプレ・SMEと合弁会社設立 ソニーと連携でIP世界展開
ゲーム「パルワールド」を開発するポケットペアとアニプレックス、ソニー・ミュージックエンターテインメント(SME)が、ジョイントベンチャー「パルワールドエンタテインメント」を設立すると発表した。新会社は国内外におけるパルワールドのライセンス事業を手掛けるという。(2024/7/10)

「スタートアップで働く」とはどういうことか
エンジニアが「スタートアップに転職」してから後悔する“4つの理由”
大企業からスタートアップ企業への転職を検討するなら、それぞれの違いについて適切に理解すべきだ。「こんなはずじゃなかった」と後悔しがちな4つの理由とは。(2024/7/10)

エンジニア向けのクラウド認定資格【前編】
クラウドエンジニアが「資格取得」でスキルアップできる“賢い学習方法”とは
認定資格を取得したり講座を受講したりすることは、エンジニアが知識習得やキャリア形成を図るための一助となる。エンジニアが資格取得をする際の学習方法の選び方を紹介する。(2024/7/10)

「嘘だったってこと?」 「令和の虎」、志願者のプレゼンから一転……かつてない衝撃の展開に反響 「こんな面白い令和の虎初めて」
動画のネタバレを含みます。(2024/7/10)

newmo、100億円超を調達へ
ライドシェアスタートアップのnewmo(東京都港区)が、100億円超の資金調達を発表した。調達元は後日公開する。累計調達額は120億円超になるという。(2024/7/9)

愛するという技術も磨くのよ:
お悩みその31 キャリア戦略をどう立てるべきか?(22歳 女性 大学生)
世界はそれを「愛」と呼ぶのですわ!(2024/7/8)

ライドシェアのnewmo、大阪の老舗タクシー会社を買収
ライドシェアスタートアップのnewmoが、1960年に創業したタクシー会社・未来都(みらいと、大阪府守口市)の経営権を取得したと発表した。取得価額は非開示。(2024/7/4)

タクシーは3時間待ち──地方の深刻な人手不足は「むしろ勝機」 地銀9行が手を組み、何を仕掛けるのか
人手不足にあえぐ地方の中小企業を、ベンチャーとのマッチングで好転させられないか──。UB Venturesと地方銀行9行は7月3日、「地域課題解決DXコンソーシアム」を発足した。どのような取り組みを進めていくのだろうか。(2024/7/4)

スタートアップが選ぶ“協業”に積極的な大企業ランキング 1位はあの通信事業者
社外の人材と柔軟に協力しながらイノベーションを生み出す「オープンイノベーション」に積極的な大企業は──経済産業省が後援するイノベーションリーダーズサミット実行委員会が調査結果を発表。(2024/7/3)

LayerXが経団連に加入
LayerXが、7月3日付で日本経済団体連合会(経団連)に加入したと発表した。(2024/7/3)

東京代表候補11社が決定:
賞金100万ドルは誰の手に!? スタートアップワールドカップ2024
2024年7月19日、75以上の国/地域のスタートアップが参加するビジネスピッチコンテスト「スタートアップワールドカップ2024」の東京予選が開催される。書類審査を通過した11社がプレゼンを行い、優勝企業1社が同年10月に米国で開催される世界大会への出場権を獲得する。(2024/7/3)

1994年から「同姓同名運動」:
同姓同名の「タナカヒロカズ」さんら会社設立、 究極の縁故企業が目指す新経済圏とは?
同姓同名の人が1カ所に集まるギネス世界記録を2022年に打ち立てた「タナカヒロカズ」さんたちが1日、「タナカヒロカズ株式会社」を設立した。(2024/7/2)

製造業DXプロセス別解説(12):
日本の製造業が世界市場で勝ち抜くためには何が必要なのか
製造業のバリューチェーンを10のプロセスに分け、DXを進める上で起こりがちな課題と解決へのアプローチを紹介する本連載。最終回となる第12回は、製造業DXやその先を目指す日本企業に向けたメッセージとして、世界市場で勝ち抜くために何が必要なのかを論じる。(2024/7/2)

自動運転ベンチャーTuringが15億円を追加調達 累計60億円に 計算基盤の整備に活用
自動運転ベンチャーのTuringが、約15億円を調達したと発表した。これにより、同社の調達総額は約60億円になった。4月の調達と同様、資金は大規模計算基盤の整備や、人間の介入なしに都内を30分走行できる自動運転システムの構築などに充てる。(2024/7/1)

SmartHRが214億円調達、情シス向けID管理サービスに参入へ 事業承継したメタップスクラウドのノウハウ生かす
SmartHRが、新たに約214億円を調達したと発表した。情報システム部門向けのID管理サービスに参入することも発表。調達した資金の一部を、新サービスの営業活動やマーケティングの強化に充てる方針を明かした。(2024/7/1)

50万部超のベストセラー:
孫正義を37年“独占取材”した作家が知る実像 「1000年の歴史に名を残す人」
孫正義氏の“唯一の公式評伝”といわれる『志高く 孫正義正伝 決定版』。37年にわたって独占取材した作家の井上篤夫氏に、孫氏の実像について訊(き)いた。(2024/6/29)

「お金を惜しまずかけて正解だったと思うことは?」SNSで呼びかけたら…… “人生に役立ちそうな回答”続々集結で2250万表示の大反響
2000件以上のリプライが寄せられました。(2024/6/30)

ハローキティ「深く感謝」 50周年祝う英チャールズ国王の晩餐会スピーチの発言に
(2024/6/27)

漫画のAI翻訳スタートアップが7.8億円調達 集英社・小学館・KADOKAWA・スクエニHDなど出資
漫画のAI翻訳を手掛けるスタートアップ・Mantraが、集英社、小学館、KADOKAWA、スクウェア・エニックス・ホールディングスなどから約7億8000万円の資金を調達したと発表した。(2024/6/26)

「放漫経営」による倒産が急増、過去10年で最悪に 「好況期に増える」の定説がコロナ禍で一変
東京商工リサーチが調査結果を発表した。(2024/6/26)

キャンドゥ新作にママ「びっくりやねんけど!」 おままごとのクオリティ爆上がりアイテムに「おもちゃも進化したね」「孫に買わなくっちゃ」
めちゃくちゃリアルなおままごとができそう!(2024/6/26)

マネジメント力を科学する:
第27回:キーエンス流・少数精鋭で高付加価値を生む「潜在ニーズに気付く力」の鍛え方
キーエンスの利益率の高さ、付加価値力に目が行くが、実は付加価値だけではダメで、高い利益を出すためには「付加価値+差別化」(2024/6/24)

「円満退職」死語に?:
「退職代行」大企業の2割が経験 利用の多い業種は?
大企業の2割が「退職代行」業者を活用した従業員の退職を経験している──。そのような結果が東京商工リサーチ(TSR)によるアンケート調査で明らかになった。企業は人材確保のためにどのような施策を打っているのか。(2024/6/24)

イチから分かる! 楽しく学ぶ経済の話(9):
企業が黒字になった分だけ家計の黒字が減る? 「資金過不足」の推移で確かめる
勉強した方がトクなのは分かるけど、なんだか難しそうでつい敬遠してしまう「経済」の話。モノづくりに関わる人が知っておきたい経済の仕組みについて、小川さん、古川さんと一緒にやさしく、詳しく学んでいきましょう!(2024/6/24)

VCに聞く「投資したい・したくないテックスタートアップ」:
三井不動産に聞く「どんなスタートアップに投資したい?」 異業種ベンチャーにも出資するワケ
VCなどスタートアップ投資に携わる人たちに、出資に当たっての考え方などをインタビュー。今回は、ジョーシスやLuup、clusterに投資してきた三井不動産のベンチャー投資事業「31VENTURES」に取材した。(2024/6/21)

OpenAI退社のサツケバー氏ら、「安全な超知能」目指すAI企業SSI立ち上げ
OpenAIで超知能の制御を目指すチームを統括するも幹部と対立して退社したイリヤ・サツケバー氏が、新たなAI企業Safe Superintelligence(SSI)を立ち上げた。「安全な超知能」の製品化を唯一の目標としている。(2024/6/20)

頭脳放談:
第289回 NVIDIAはなぜ強いのか? 競合ベンダー創業者の視点で考えてみる
生成AI(人工知能)の盛り上がりとともに、データセンター向けのAIアクセラレータでほぼ独占ともいえるシェアを誇るNVIDIAの株価もうなぎ上りのようだ。そこで、NVIDIAの覇権をひっくり返すことができるのかどうか、ちょっと妄想(?)してみた。(2024/6/20)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
なぜ「相談」が必要なのか……「相談」は自分の思い込みを外し、応援してくれる仲間を増やす「相談」することで自らの可能性は最大化する
私が関わっている事業やプロジェクトで共通することは、短期的な成果ではなく、結果として長期的に継続しているものが多いということ。その背景には「相談」がある。(2024/6/20)

複合材料と3Dプリンタのこれまでとこれから(2):
自由に連続繊維を湾曲させて成形できる新たな複合材3Dプリンタとは?
東京工業大学 教授/Todo Meta Composites 代表社員の轟章氏が、複合材料と複合材料に対応する3Dプリンタの動向について解説する本連載。著者の研究グループが開発した、連続繊維を自由に湾曲させて成形可能な新しい3Dプリンタについて解説します。(2024/6/20)

社会課題に挑む起業家を支援 大手企業や主要大学などが一般社団法人「WE AT」設立
経済的成長のみでなく、自然や社会環境などを含めた生活者の幸福度を高めていこうとするもので、世界規模の起業家輩出を目指す。(2024/6/19)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(114):
「自分が知らない、自分」を知ると、未来のキャリアが見えてくる
人生100年時代や、未来の見通しが立てにくい中「キャリアの主体性が大切」といった言葉を見聞きするようになりました。言葉の意味は分かります。でも、具体的にどうすればいいのかが分からない。その答えは、未来よりも、過去にあるようです。(2024/6/19)

心はバグだらけだにゃあ:
お悩みその30 私のコードを他人が理解できない(28歳 男性 サーバサイドエンジニア)
「Command-R+」対「GPT-4o」対「Gemini 1.5 pro」の、お悩みデバッグ頂上決戦ファイッ!(2024/6/17)

新興・スタートアップ企業が多い市区郡は? 都内1位は「渋谷区」
帝国データバンクが調査結果を発表した。(2024/6/15)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
プライベートな時間を充実させて生産性もアップ! 同じ時間でより多くの成果を生む日々の過ごし方とは
医療系企業の経営に携わりながら、「伝説の戦略コーチ」として知られるダン・サリヴァン氏による「10x Ambition Program」を卒業した唯一の日本人である名郷根修氏が、仕事が忙しくてプライベートの時間がないビジネスマンに向けて、「10倍の成果を出しながら自由な時間を増やす方法」を伝授する。(2024/6/13)

『志高く』(5):
孫正義の信念 ビル・ゲイツ、ジョブズ、イーロン・マスクに共通すること
作家・井上篤夫氏の著書『志高く 孫正義正伝 決定版』(実業之日本社文庫、2024年)から抜粋記事の5回目。ビル・ゲイツ、ジョブズ、イーロン・マスクに共通することとは?(2024/6/13)

広がるメタバースの活用例18選【後編】
熱狂が冷めた「メタバース」にまだ期待したくなる“10種の活用例”
仮想空間「メタバース」への熱狂的な関心は薄れているが、メタバース関連の市場が今後拡大する可能性を秘めていることは変わらない。これから期待が持てるメタバースの活用例を10個紹介する。(2024/6/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。