ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「映画」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
質問!映画→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で映画関連の質問をチェック

緊張しすぎて……? ミスした西島秀俊をいじる佐々木蔵之介、映画「空母いぶき」初日舞台あいさつ
会場の空気が一気に和やかに。(2019/5/25)

「腐女子、うっかりゲイに告る。」とうとう学校中にゲイがバレる5話 傷つけ合う青春にハマりまくる“QUEEN楽曲”演出
「ママ〜」。映画以上にズンと来たQUEEN「Bohemian Rhapsody」。(2019/5/25)

「首相とセルフィーする日が来ようとは」 高畑充希&大泉洋、安倍首相と“爆笑連発”ディナーでの3ショット披露
安倍首相は2人が出演した映画のファン。(2019/5/23)

「宣戦布告してる」 映画「チャイルド・プレイ」の米ポスター、トイ・ストーリーを敵視したデザインが暴走しまくり
敵はディズニーだぞ……!(2019/5/23)

『無限の住人』完全アニメ化決定 木村拓哉主演実写映画の原作
期待。(2019/5/23)

架空世界で「認証」を知る:
カードキャプターさくらで考える“呪文と認証の関係”
小説、漫画、アニメ、映画などの架空世界に登場する「認証的なモノ」を取り上げて解説する連載をITmediaで出張掲載。第15回のテーマは「魔法少女と認証」について。(2019/5/20)

銚子電鉄が映画制作!? 超C級エンタメ「電車を止めるな!」発表、クラウドファンディングを実施中
どこかで聞いたことある感……!(2019/5/19)

「ペコとオババだぁー!!」 窪塚洋介&夏木マリ、映画「ピンポン」再会ショットにファン大興奮
これは胸熱。(2019/5/19)

映画「名探偵ピカチュウ」の半券で「しわしわピカチュウ」ステッカーがもらえる……! 全国のポケモンセンターなどで
欲しい!(2019/5/19)

「おジャ魔女どれみ」放映開始20年記念のフェイスパウダーにドキドキワクワク 「♭」した気持ちが 「#」に!
2020年上映予定の20周年記念映画も楽しみです。(2019/5/18)

「ゴジラ」実写映画、31作品がAmazon Prime Videoで見放題に!
これまでの3作品に加え、28作品が見放題に。(2019/5/18)

CloseBox:
ジョブズ復活 アイアン・スカイ続編で魔界転生化
7月12日に日本でも公開されるSFバカ映画にジョブズが登場するらしい。(2019/5/17)

「負けたら腕立て、勝っても腕立て」 ケイン・コスギさん、ゲーム実況者になっていた
テレビや映画で活躍するスポーツマンが、なぜゲームの世界に足を踏み入れたのか、ゲーミングマウスの新製品発表会に登壇した本人に話を聞いた。(2019/5/17)

世界を読み解くニュース・サロン:
「日本発アメコミ」の挑戦 アジア系ヒーローは世界で勝負できるか
映画『アベンジャーズ』の大ヒットで、これまで以上にアメコミが注目されている。その独特のスタイルになじみがない人も多いかもしれないが、いま日本で新たな挑戦が動き出している。それが「日本発のアメコミ」だ。(2019/5/16)

Apple、「iOS 12.3」配信開始 「Apple TV」アプリが日本でも利用可能に
AppleがiOSデバイス向けの最新OS「iOS 12.3」の配信を開始した。アップデートすると「ビデオ」アプリが「Apple TV」アプリに置き換わる。日本ではコンテンツは今のところ映画のみで、テレビ番組はない。(2019/5/14)

仕事ぶりに迫る:
映画のヒット「請負人」、水戸市係長が明かすロケ地の極意
低予算で制作するインディーズ映画の業界で「ヒット請負人」と呼ばれる自治体職員がいる。水戸市みとの魅力発信課係長、平戸正英さん(36)がその人だ。2本の低予算映画を異例のヒットに導き、制作陣からの信頼も厚い。最適なロケ地を選び抜いて作品の魅力を引き出す平戸さんの仕事ぶりに迫った。(2019/5/14)

「名探偵ピカチュウ」は2019年の「ブレードランナー」である “ポケモンと暮らす都市”が描くポケモンの本質とは
「名探偵ピカチュウ」は、これ以上ないほど「ポケットモンスター」の本質、原理にのっとった映画だった。(2019/5/13)

映画鑑賞料、値上げ相次ぐ 109シネマズ、新宿バルト9も
TOHOシネマズに続き、「109シネマズ」も映画鑑賞料を値上げ。一般は1800円→1900円、シニアは1100円→1200円など。東映グループの「新宿バルト9」なども値上げする。(2019/5/13)

横浜流星がラップ生披露、浅香航大とのハグに大歓声 映画「チア男子!!」初日舞台あいさつ
浅香航大さんの横浜流星さんへの胸打つ語りは必聴。(2019/5/11)

ティ・ジョイも映画鑑賞料金値上げへ 新宿バルト9は一般料金1900円に
TOHOシネマズ、5月7日には松竹マルチプレックスシアターズ(新宿ピカデリーなど運営)に続いて……。(2019/5/10)

正答率66%→81%に:
認知されにくい読み書き障害 UDフォントを使うと 
「ディスレクシア」という言葉をご存じだろうか。文字の読み書きに困難を伴う学習障害の一種で、米映画監督のスティーブン・スピルバーグ氏も自身がディスレクシアであると公表している。(2019/5/9)

ポケGOに「探偵帽のピカチュウ」登場
スマートフォンゲーム「Pokemon GO」で5月8日、映画「名探偵ピカチュウ」の公開を記念したコラボイベントが始まった。(2019/5/8)

なんだこのニット! 「映画版 ふたりエッチ 〜ダブル・ラブ〜」予告が完全に青山ひかる無双
や、やりすぎたー。(2019/5/8)

中川翔子、映画館でジュースをかけられショック 上映中の急襲に「内容が頭に入らなかった」「泣けてきたわ」
ファンからは同情の声。(2019/5/8)

架空世界で「認証」を知る:
君は「マニュアルプロテクト」を知っているか? 小島秀夫監督のゲーム作品に見る“認証の謎解き”
小説、漫画、アニメ、映画などの架空世界に登場する「認証的なモノ」を取り上げて解説する連載をITmediaで出張掲載。第14回のテーマは「現実とゲームが溶け合う認証」について。(2019/5/7)

ロケットの和名は“大筒狸” 映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」を浮世絵風に描いたイラストがカッコいい!
ハルクは横綱力士風の「豪傑張躯丸」、キャプテン・アメリカは、「米国団長」など和名もカッコいい。(2019/5/2)

平成最後の日、いつもと変わらずダラダラ過ごす夫婦の漫画 「泣かせる」「こんな2人になりたい」の声
世間的に特別な日だろうが、あなたとご飯食べて、あなたと映画観て……。(2019/5/2)

神田明神と“異色”のコラボ:
ジブリ展で鈴木敏夫Pの書画120点公開! 専門家が見るその腕前は?
現在開催中の「鈴木敏夫とジブリ展」では鈴木氏の書画約120点や映画企画書、宣伝用キャッチコピー案、作業予定表など500点以上の資料が展示されている――。(2019/5/2)

実写「ソニック」映画の予告がついに公開 ジム・キャリー演じるDr.エッグマンの姿も
ソニックはフサフサ。(2019/5/1)

レース用ドローンのスピード感! 時速100キロで森の中を飛ぶ映像がもはや映画のワンシーン
難しそうですが同時にめちゃめちゃ楽しそうです。(2019/5/1)

「コナン映画」Twitterで悪質ネタバレ 「見る」とつぶやいた人に真犯人暴露 法的責任問える?
公開中の人気アニメ「名探偵コナン」の映画をめぐる「怪事件」が起きている。Twitterで映画を観賞予定だとつぶやいた人たちを標的に、意図的に結末や真犯人をばらす「ネタバレ」するアカウントが複数確認されているのだ。迷惑極まりないが、ネタバレ犯の責任を追及できるのか。(2019/4/26)

映画「バースデー・ワンダーランド」は“号泣不可避”、声優初主演・松岡茉優のワンダーランド体験を聞く
“大人が泣けるアニメーション”の巨匠、原恵一監督新作映画はやっぱり泣ける。(2019/4/26)

「映画 おかあさんといっしょ」新作、2020年1月公開へ 子どもの“映画館デビュー”を応援
前回同様記念写真撮影タイムもあるよ!(2019/4/25)

映画「SUNNY」出演 21歳の人生論:
女優・山本舞香の仕事観――もう後悔したくないから、今を全力で生きる
若手女優の注目株として、映画やドラマ、テレビCMなどに引っ張りだこの山本舞香さん。1つのことに全力を注ぐことを信条とする彼女は、女優業を一生続けるつもりはないと言い切る。そんな21歳の山本さんが語る人生哲学とは。(2019/4/24)

【Amazonタイムセール祭り】「ボヘミアン・ラプソディ」も対象! Prime Videoでも「平成最後の特別キャンペーン」開催中
平成を代表する映画がレンタル100円に!(2019/4/21)

Apple TV+拡充へ、ドキュメンタリー名手が入社
Appleが、ドキュメンタリー専門映画プロデューサーのモリー・トンプソン氏を雇用した。(2019/4/17)

第2の「カメ止め」を探せ! 映画業界奔走、有望な新人監督を“青田買い”
昨年、社会現象となる大ヒットとなった映画「カメラを止めるな!」(上田慎一郎監督)。今、映画業界では“第2のカメ止め”を掘り起こそうとする動きが広まっているという。果たして“二匹目のどじょう”はいるのか。(2019/4/17)

「空飛ぶクルマ」への挑戦 日本の革新力を培う好機
都市の上空をクルマが飛び交う−。そんなSF映画さながらの未来図は、決して絵空事ではない。海外では、ベンチャー企業から大手企業まで、さまざまな企業が「空飛ぶクルマ」の開発競争を繰り広げ、日本でも実用化に向け、官民一体の取り組みが本格化してきた。空を活用した次世代の移動手段による「空の移動革命」への挑戦は、日本経済に何をもたらすのか。(2019/4/17)

欧米の最近の映画業界のブーム:
「ボヘミアン・ラプソディ」に続け 欧米でロック系伝記映画が続々登場
今週ご紹介するエンターテインメントは、エンタメのど真ん中、映画に関するお話でございます。(2019/4/16)

架空世界で「認証」を知る:
押井守監督作品で考える「VRオンラインゲームの個人認証」
小説、漫画、アニメ、映画などの架空世界に登場する「認証的なモノ」を取り上げて解説する連載をITmediaで出張掲載。第13回のテーマは「オンラインVRゲームにおける認証」について。(2019/4/16)

「なんて素敵な光景」「映画のワンシーン」 安藤サクラ、夫・柄本佑にヘアカットされる“日常ムービー”が幸せの塊
これが幸せってやつか。(2019/4/15)

SF映画さながら:
「空飛ぶクルマ」への挑戦 日本の革新力を培う好機
都市の上空をクルマが飛び交う――。そんなSF映画さながらの未来図は、決して絵空事ではない。海外では、ベンチャー企業から大手企業まで、さまざまな企業が「空飛ぶクルマ」の開発競争を繰り広げ、日本でも実用化に向け、官民一体の取り組みが本格化してきた。空を活用した次世代の移動手段による「空の移動革命」への挑戦は、日本経済に何をもたらすのか。(2019/4/15)

ホラー映画の金字塔「13日の金曜日」 ジェイソンの全マスクがカプセルトイで登場
映画シリーズの全マスクを再現しています。(2019/4/15)

「踊る大捜査線」映画シリーズやドラマ「アンフェア」など、Amazon動画見放題でGWに楽しみたい作品配信
「映画クレヨンしんちゃん」の新作公開前に前作「爆盛!カンフーボーイズ〜拉麺大乱〜」が配信されます。(2019/4/12)

ディズニーの定額動画サービス「Disney+」は月額6.99ドルで11月に米国で開始
Disneyが11月に米国で開始する定額動画サービス「Disney+」の詳細を発表した。サブスク料金は月額6.99ドルとNetflixの最低プランよりさらに2ドル安く、「スター・ウォーズ」や人気アニメなどの既存映画をオフラインでも視聴できる。様々なオリジナルコンテンツも提供していく。(2019/4/12)

Twitterにポケモンの絵文字 実写映画「名探偵ピカチュウ」公開で
Twitterにポケモンの絵文字が登場。実写映画「名探偵ピカチュウ」公開を記念したもの。(2019/4/11)

Sって何だよ! 実写映画「東京喰種」最新作、「東京喰種 トーキョーグール【S】」に
脚本は同作のテレビアニメシリーズや舞台、ミュージカル「刀剣乱舞」シリーズの脚本も手掛けた御笠ノ忠次さん。(2019/4/11)

池田エライザ、スタッフからのサプライズに本気ビビり 「もっと感動的な感じのリアクションしたかったー!!!」
映画「貞子」的には正しい。(2019/4/9)

「エンジン全開」「アカデミー賞とりますよ」 賀来賢人、“今日俺”映画化で三橋ばりに気合を入れる
ツッパリ&スケバンが帰ってくる!(2019/4/8)

構想10年、紆余曲折経て映画「麻雀放浪記2020」公開に斎藤工、白石監督らが思いを吐露 ピエール瀧へも言及
「初日を迎えることができて、心から幸せに思っております」と斎藤さん。(2019/4/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。