ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「辞任・退任」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「辞任・退任」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

日本マイクロソフト平野社長、8月末で退任へ
日本マイクロソフトの平野拓也代表取締役社長が8月31日付で退任する。(2019/7/3)

日本マイクロソフト、平野社長の退任を発表
平野社長は2019年9月1日付で同社の特別顧問に就任。米国に拠点を移し、本社Microsoftで新役職に就く。(2019/7/3)

AppleのクックCEO、ジョニー・アイブ氏退社の背景を報じたWSJに反論「不条理だ」
Appleのジョニー・アイブCDO退社について、Wall Street Journalが「アイブ氏はクックCEOのデザインへの無関心に失望していた」と報じ、クック氏がこの記事は「ばかげている、不条理だ」と反論した。(2019/7/2)

ヤッター! なのか……? AKSが運営/管理体制の改善着手、マシ・オカがアドバイザリー就任へ
一連の出来事で批判の矢面に立たされたAKS運営担当責任者兼取締役の松村匠氏は退任へ。(2019/7/1)

「電気グルーヴ」石野卓球 ソニー・ミュージックアーティスツとの契約解除
4月には「もう事務所は辞める」「瀧もいないし」と退社の意向を示したこともありました。(2019/7/1)

ITはみ出しコラム:
ジョニー・アイブはAppleを去り、最高デザイン責任者は空席に
iMac、iPod、iPhoneなどのデザインを手掛け、Appleの再興に多大な貢献をしたジョニー・アイブ氏が退社へ。Apple最高デザイン責任者の椅子は空席になります。(2019/6/30)

ジョニー・アイブ氏、Appleを退社し、デザイン企業「LoveFrom」立ち上げ Appleは顧客に
スティーブ・ジョブズ氏がCEOに復帰した後のほとんどの製品デザインを手掛けてきたAppleの最高デザイン責任者、ジョニー・アイブ氏が同社を退社し、自身のデザイン会社「LoveFrom」を立ち上げる。今後は別会社でApple製品デザインを手掛けていく。(2019/6/28)

業績悪化の責任問われ:
ルネサス呉社長が辞任、後任はCFO柴田氏
ルネサス エレクトロニクス(以下、ルネサス)は2019年6月25日、社長兼CEOを務める呉文精氏が同年6月30日付で退任し、現取締役執行役員常務兼CFO(Chief Financial Officer)の柴田英利氏が7月1日付で新社長兼CEOに選任したと発表した。(2019/6/25)

Googleでの抗議デモ主催者の1人、退社を表明「耐えがたい報復を受けた」
Googleでハラスメント対策などを求める大規模抗議デモを主催した従業員の1人が、職場で耐えがたい報復を受け続けたとして退社を表明した。(2019/6/10)

製造マネジメントニュース:
JEITA新会長にNEC会長の遠藤氏が就任、米中摩擦は「好ましい方向で落ち着く」
電子情報技術産業協会(JEITA)は2019年5月31日、同月29日付で柵山正樹氏(三菱電機 会長)が任期満了で同協会 会長を退任し、遠藤信博氏(NEC 会長)が新たに会長に就任したことを発表した。(2019/6/3)

製造マネジメントニュース:
JDIが中計を取り下げ、CEO東入來氏とCMO伊藤氏も退任
ジャパンディスプレイは2019年3月期(2018年度)業績を発表し、売上高は前年度比11.3%減の6367億円、営業損失は310億円、当期純損失は1094億円となった。また、中期経営計画を取り下げ、同社CEOの東入來信博氏とCMOの伊藤嘉明氏が退任したことも明らかにした。(2019/5/16)

ロボット:
バスケットコート4面分を自動清掃するロボット、竹中ら4社がレンタル開始
竹中工務店とカナモト、豊和工業、朝日機材の4社は、自動的に床を清掃する吸引型ロボット「AXキュイーン」を共同開発した。工事現場や閉店後の店舗、社員が退社した後のオフィスなどへの導入を想定して、2019年5月27日からレンタルを開始する。(2019/5/13)

虚偽決算のDLE、朝日放送が子会社化 椎木氏は代表取締役を辞任
コンテンツ企画・制作力を活用するとのことです。(2019/5/10)

リリース延期中のゲームアプリ「ウマ娘」、プロデューサーが退任 配信を待ち望むファンから不安の声
コンテンツそのものは、まだまだ続くとのことです。(2019/5/8)

サマンサタバサが年初来安値 カリスマ創業者の退任がネガティブに受け止められる
経営再建にめどをつけたものの……。(2019/4/15)

「いくつかのプロダクションとお話を」 宇垣美里、TBS退社後は「オスカープロモーション」所属へ “美女軍団”入りに反響
宇垣ちゃんがオスカーに!(2019/4/1)

才色兼備な「FlexScanシリーズ」:
PR:“ホワイト企業”のオフィスに、EIZOの“ホワイト”ディスプレイを導入 業務にどう役立った?
労務管理を徹底し、従業員が定時の午後6時過ぎに退社できる体制を整えているIT企業・ラクス。同社の執務室と会議室に、デザイン性と高機能性が特徴のEIZO社製ディスプレイ「FlexScanシリーズ」を導入した。日々の業務や打ち合わせにどう役立ったのか?(2019/3/25)

代表権も再び取得:
「高級車の維持」などに1億円を流用した日本和装元社長、会長として辞任後3カ月で復帰
日本和装ホールディングスが、かつて私物のロールスロイスの維持費など計約1億1000万円を同社の資金から拠出し、責任を取って2018年10月に社長職、12月に代表取締役を辞任した吉田重久氏が代表取締役会長として復帰すると発表した。同社の担当者にその理由を聞いた。(2019/3/20)

FacebookのザッカーバーグCEOの片腕、コックス氏が退社 「方向転換を楽しめるリーダーが必要」
FacebookでInstagramやWhatsAppも含むすべてのサービスを統括していた最高製品責任者のクリス・コックス氏が退社する。同社は先週、“Facebookファミリー”を相互運用できるようにするという新方針を発表した。(2019/3/15)

AKB48劇場支配人・細井氏が退任、前NGT48劇場支配人・今村氏は契約解除 「元関係者のツイッター投稿」受け
AKSがオフィシャルブログを通じて発表しています。(2019/3/7)

Squareの共同創業者、35歳で死去
ジャック・ドーシー氏のモバイル決済企業Squareのアプリを開発したトリスタン・オティアニー氏が2月23日、35歳で逝去した。母親は薬物中毒が原因と語った。同氏は2013年にSquareを退社している。(2019/3/4)

吉村界人、“オフィス作”を電撃退社 「半分、青い。」や「けもなれ」出演
「新たな場所で俳優活動を続けていきたい」と、芸能活動は継続すると表明した吉村さん。(2019/2/18)

カドカワが川上量生社長の退任を発表 後任に松原眞樹氏
組織図がまた大きく変わりそうです。(2019/2/13)

カドカワの川上社長が退任、後任は松原氏
カドカワは2月13日、川上量生氏が代表取締役社長を退任し、取締役に退くと発表した。(2019/2/13)

Appleのリテール責任者、アンジェラ・アーレンツ氏が4月に退社へ
BurberryのCEOからAppleのリテール担当上級副社長に転身したアンジェラ・アーレンツ氏が、Appleでの5年間後、4月に退社する。「個人的および職業的な新たな追求のため」。(2019/2/6)

「宇垣、やっめま〜す!」 TBS宇垣アナがラジオで退社生報告、「怒りの退社、フルヌード」報道に「なるわけねーし。バカか」
何そのアムロ。でもお疲れさまでした!(2019/2/5)

AppleのSiri責任者が退任
AI戦略の変更に伴い、Siriへの取り組みにも変化が。(2019/2/4)

Intel、暫定CEOのロバート・スワン氏を正式CEOに指名
Intelが、昨年6月に辞任したブライアン・クルザニッチCEOの後任として、減暫定CEO兼CFOのロバート(ボブ)・スワン氏を指名した。(2019/2/1)

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:
あのCEOは今/MIPS ISAのオープン化とその前途/IIoTは難しい……GEの苦悩
エレクトロニクス/組み込み業界の動向をウォッチする連載。相次ぐCEOの辞任が目立った2018年だが彼らのその後はどうなったのか? またWave Computingが発表した「MIPS Open Initiative」の今後も気になるところだ。そして、“身売り”がうわさされていたGEによるGE Digitalの分社化とServiceMaxの売却――。2018年を締めくくるこれら3つのトピックを順に紹介しよう。(2019/1/21)

Apple TV誕生秘話 元iOS開発責任者、フォーストール氏が語る
地図問題で辞任したスコット・フォーストール氏がApple時代を回想する。(2019/1/18)

「看板娘になっちゃうかも」 イモトアヤコ、リボンきらめく“白洲美加ファッション”で新ドラマへ気合入れる
テーコー不動産を退社し夜の蝶へ。(2019/1/7)

下げ幅は一時380円を超え:
日経平均は大幅続落、2万円に接近 連日で年初来安値
東京株式市場で日経平均は大幅続落し2万円に接近した。前日の米国株の下落や円高進行が重しとなったほか、マティス米国防長官の退任表明でリスク回避姿勢が強まった。(2018/12/21)

製造マネジメントニュース:
革新機構の取締役9人が辞任へ、今後の投資活動も先行き見通せず
産業革新投資機構(JIC)は2018年12月10日、同社社長 CEO(最高経営責任者)の田中正明氏を始めとした取締役9人が辞任することを発表した。辞任時期は「残務整理がつき次第」(JIC)とし直近の投資活動への影響は避ける方針だが、2019年4月以降の新規投資活動は停止する見込み。中長期的な投資方針への影響は必至とみられる。(2018/12/11)

「目的達成が困難なため」:
産革投資機構、田中社長ら取締役9人が総退陣 官民ファンド頓挫
官民ファンドの産業革新投資機構(JIC)の田中正明社長は10日開いた記者会見で、民間出身の取締役9人が辞任すると正式発表した。革新投資機構に残るのは、官僚出身の取締役2人だけとなり、事実上、経営陣の総退陣となる。官の資金を活用して新産業創出を目指した「官によるファンドビジネス」は抜本的な見直しが必要な事態に追い込まれた。(2018/12/10)

絵師コンテストで物議醸す仮想通貨「MINDOL」 公開買付の中止を発表 プロジェクトも全て無期限延期に
CEOも辞任するとしています。(2018/12/3)

カルチャーの改善進む:
コンサル業界で「残業が少ない企業」ランキング 1位は「午後6時退社」も可能な……
コンサルティング業界で月間残業時間が最も少ない企業は? 転職サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイが調査結果を発表。業界全体で、残業や休日出勤が当たり前のカルチャーが変わりつつあることがうかがえた。(2018/11/26)

Facebookの退社予定の幹部、Definers問題について謝罪「責任は自分にある」
New York Timesに社内問題を暴露されたFacebookの幹部、エリオット・シュレージ氏が、従業員宛書簡でこの記事について説明し、責任は自分にあると語った。シュレージ氏は間もなく退社する。(2018/11/22)

iPhone生産需要低下、中国労働者の大規模退社招く
iPhone生産需要低下により、Foxconnなど生産メーカーの残業時間削減で自主退社が相次いでいる。(2018/11/22)

Google Cloudのダイアン・グリーンCEO退任へ Oracleの元プレジデントが後任
VMwareの共同創業者で2015年からGoogle CloudのCEOを務めてきたダイアン・グリーン氏が2019年に退社する。後任はOracleのプレジデントで9月に退社したトーマス・クリアン氏。グリーン氏はAlphabetの取締役には留まる。(2018/11/17)

Tesla、マスク氏に代わる新会長に取締役のロビン・デンホルム氏が就任
米証券取引委員会との和解条件で会長職を退任したイーロン・マスクCEOに代わり、2014年から同社取締役を務めるロビン・デンホルム氏が就任する。(2018/11/9)

Googleの従業員がセクハラの不適切対応に抗議デモ ピチャイCEOは改善を約束
Googleを退社したアンディ・ルービン氏が社内セクハラで報告されていたにもかかわらず、Googleがそれを公表せずに9000万ドルもの退職金を支払っていたことなどに抗議して、同社の世界各地の従業員が11月1日に大規模な抗議デモを行った。(2018/11/2)

Evernote、オニールCEO退社 後任は外部からのイアン・スモール氏
Evernoteのクリス・オニールCEOが退社し、後任にはEvernoteに出資するSequoia CapitalのポートフォリオにあるTokBoxのCEOだったイアン・スモール氏が指名された。(2018/10/30)

Microsoft、GitHubの買収を完了 Xamarinのフリードマン氏がCEOに
Microsoftが6月に発表した75億ドルでのGitHubの買収を完了した。クリス・ワンストラスCEOは退任してテクニカルフェローになり、Xamarin創業者のナット・フリードマン氏が新CEOに就任した。(2018/10/27)

業績不振受け大ナタ:
千趣会、280人リストラを正式発表 社長辞任、本社移転も
千趣会が希望退職者を募集すると正式発表。社長の交代と本社の移転も実施する。通期業績の下方修正と、新体制での役員報酬の減額も発表された。(2018/10/26)

アンディ・ルービン氏のGoogle退社はセクハラ発覚後だったが高額退職金──New York Times
“Androidの父”として知られるアンディ・ルービン氏は2014年にGoogleを退社したが、その前に社内セクハラを報告されていたにもかかわらず、9000万ドルもの退職金を支給されたとNew York Timesが報じた。(2018/10/26)

Oculus共同創業者のイリーブ氏もFacebookを退社
Facebook傘下のOculus VRの共同創業者でCEOのブレンダン・イリーブ氏が退社する。しばらく静養して次のステップに進むという。Facebookからは、5月にはWhatsAppのCEOが、9月にはInstagramのCEOが退社している。(2018/10/23)

幸せと生産性を考える:
離職率28%だったサイボウズは、どうやってブラック企業から生まれ変わったのか
今から13年前、当時ベンチャーだったサイボウズは20人以上の社員が退社し、離職率が28%となりました。どんどん社員は辞めていくが、業務は山のようにあり、休日出勤も常態化しているといった、いわゆるブラックな労働環境だったという。そこからどうやってホワイト企業に生まれ変わったのだろうか。(2018/10/22)

本城慎之介、軽井沢風越学園創設への道【後編】:
元楽天副社長が作る幼小中“混在校”の武器
2002年に楽天の副社長を退任して以降、幾多の迷いを経て、本城慎之介氏が最終的に辿り着いた理想の学校。いったい、それはどんな学校なのか? その革新性や武器は何なのだろうか?(2018/10/15)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
阪神・金本監督を辞任に追い込み、チームも崩壊させた背景
阪神タイガースの金本知憲監督が今季限りでの辞任を表明した。虎党からは「ホンマかいな」と驚いたかもしれないが、成績不振の責任を取り、指揮官は身を引くことに。それにしても、なぜ金本監督は結果を残すことができなかったのだろうか。原因を探っていくと……。(2018/10/12)

本城慎之介、軽井沢風越学園創設への道【前編】:
30歳で楽天を辞めた元副社長が私財を投じて学校を作る理由
かつて三木谷浩史とともに楽天を創業し、副社長を務めた本城慎之介。彼は2002年11月に30歳で楽天副社長を退社して以降、教育畑に転身した。現在は長野・軽井沢の地で幼稚園・小・中学校の混在校である「軽井沢風越学園」の開校を目指している。彼が成し遂げようとしていることの本質を探った。(2018/10/12)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。