ニュース
» 2009年10月14日 19時21分 公開

アンラボ、ネットワークセキュリティの監視サービスを開始

韓国のセキュリティ企業AhnLabは都内にセキュリティ監視センターを開設し、国内企業向けにサービスを始めた。住商情報システムズやネットワールドとも協業する。

[ITmedia]

 韓国のセキュリティ企業AhnLabsは10月14日、企業向けのネットワークセキュリティ監視サービス「アンラボマネージドセキュリティサービス(AMSS)」を開始した。データセンターや中堅、中小企業などでの利用を見込む。

 同サービスは、今年7月に表明した「アンラボ トータルマネジメントセキュリティサービス(TMSS)」の名称を変更したもので、このほど都内に開設したセキュリティ監視センター(SOC)の運用開始に合わせて正式に開始した。

 同社では、24時間体制でユーザー企業のネットワークを監視するSOC、インシデント発生時に復旧作業などを行う「SWATチーム」、マルウェア対策のシグネチャの開発と提供を担当する「ASEC」を組織し、3つの組織が連係することで高度なセキュリティ対策サービスを提供できるとしている。

 サービス提供と併せて住商情報システムやネットワールドと協業し、データセンターや中堅、中小企業へ同サービスを提供する予定。オンラインゲーム運営企業には同社が直接販売で対応する。

 利用想定価格は、ファイアウォール監視サービスが月額2万4000円から、IDS/IPS(不正侵入検知/防御)監視サービスが同4万8000円からなどとなっている。

企業向け情報サイト「ITmedia エンタープライズ」へ

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連ホワイトペーパー

運用管理 | セキュリティ対策


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -