ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「セキュリティ監視」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「セキュリティ監視」に関する情報が集まったページです。

三井不動産が“イスラエル軍”発ベンチャーのビル管理セキュリティシステムを実物件で検証
三井不動産は、ビルの中央監視などビルディングオートメーションシステム(BAS)向けのサイバーセキュリティ監視システムを自社保有の複合施設に試験導入し、サイバー攻撃対策や運用手法策定のための検証作業を行う。この検証を通して、街づくりを通した持続可能な社会の構築に加え、テクノロジーの活用による不動産業のイノベーションを強力に進め、安心・安全なスマートシティーの実現を目指す。(2019/4/8)

ハッカーのチャットを監視するようなもの
犯罪の巣窟「ダークWeb」をセキュリティ監視ツールに変える方法
犯罪の温床になることもある「ダークWeb」が、セキュリティ監視の有効な手段になり得るという。それはどういうことなのか。(2019/4/1)

マキシム MAX36010、MAX36011:
IoTデータ保護用高集積セキュリティ監視IC
Maxim Integrated Productsは、IoT機器の機密データを保護する、高集積セキュリティ監視IC「MAX36010」「MAX36011」を発表した。高度なセキュリティ機構により、開発の全段階で堅固な改ざん検出、暗号、セキュアストレージを容易に実装できる。(2019/2/19)

FAニュース:
セキュリティ脅威から生産ラインを守る工場セキュリティ製品
シーイーシーは、生産ラインの制御機器やシステムをセキュリティ脅威から守る「ICS Defender」を発表した。セキュリティ監視とサイバー攻撃に対するセキュリティ対策により、制御システムの遅延や停止を防ぐ。(2019/2/4)

24時間365日のセキュリティ監視をどう実現?
マネージドセキュリティサービスを最大限に活用するコツは?
大手システムインテグレーターであるTISの情報システム部は、自社による24時間365日のセキュリティ監視に困難さを感じており、セキュリティ体制強化に悩んでいた。インシデント対応の速度と確実性を高めるために選んだセキュリティ対策とは。(2018/11/12)

インテリジェンスと高度な人材が支えるIIJのSOCサービス
社内だけでセキュリティ対策は困難 企業が信頼するSOCサービスの選ばれる理由
24時間365日企業に代わって常時セキュリティ監視を実施するSOCサービスには、高度なインテリジェンスや豊富な知識を備えた人材が必要だ。企業に代わって脅威を検知・予測し、予防措置を講じるサービスを紹介する。(2018/8/15)

スノーデン氏、Android端末をセキュリティ監視ツールに変えるアプリ「Haven」をβリリース
米連邦政府の機密情報を暴露したエドワード・スノーデン氏が、安価なAndroid端末をセキュリティツールに変えるアプリ「Haven: Keep Watch」のβ版を公開した。端末のカメラやセンサーを利用して周囲の変化を感知し、メインで使っているスマートフォン(Android/iPhone)に暗号化した情報をプッシュ通知する。(2017/12/25)

IoTセキュリティ:
“東西南北”に広がるIoTのネットワーク、ウインドリバーが多層防御を提案
ウインドリバーがIoTセキュリティへの取り組みについて説明。“東西南北”に広がるIoTのネットワークに対して、「セキュアなデバイスとサービス」「セキュアな通信」「セキュリティの監視と管理」という3つのレベルと「セキュアプロセス」から成る多層防御のコンセプトでIoTセキュリティに対応する考えだ。(2017/11/13)

ラックが7年ぶりにJSOCをリニューアル、それに込められた深い意図:
これからのセキュリティ技術者は「ホワイトで明るい職場」で働こう
ラックが、同社のセキュリティ監視サービス拠点である「JSOC(Japan Security Operation Center)」を7年ぶりに一新。これまでのダーク基調の雰囲気から一転、「白を基調に、自然光も取り入れた明るい内装」にした理由とは──。(2017/7/26)

NEC、AIを活用した脅威分析システムを導入、セキュリティ監視サービスを高度化・効率化
NECは、AI(人工知能)技術を活用した「脅威分析システム」を開発し、自社のセキュリティ監視サービスに導入した。アナリストの監視業務を高度化・効率化し、脅威レベルの高いサイバー攻撃を優先的に分析する。(2017/5/9)

常時SSL化の普及に潜む「セキュリティ対策の抜け穴」を警告:
ラックとF5、“暗号化通信全盛時代”のセキュリティ監視ソリューション展開で協業
ラックとF5ネットワークスジャパンがセキュリティ監視ソリューションで協業。暗号化通信全盛時代の「セキュリティ対策の抜け穴」封じを推進すべく、共同でソリューションの販売を強化する。(2017/4/11)

NHN テコラス、マネージドセキュリティ市場に参入
Dell傘下のSecureWorksと協業し、セキュリティ監視センターやITインフラサービスなどと組み合わせたセキュリティサービスを展開する。(2016/6/28)

「脅威対策プラットフォーム(CTP)」を拡充:
SecureWorks、AWS上のアプリとデータのセキュリティ監視に対応
SecureWorksは、データ分析エンジン「脅威対策プラットフォーム(CTP)」の機能を拡充し、AWSでホストされているクライアントアプリケーションとデータのセキュリティ監視を可能にした。(2016/6/15)

セキュリティ監視サービスを強化:
脅威の監視、インシデント対応サービスなどを提供──デロイト トーマツ リスクサービスが新たな監視拠点を開設
デロイト トーマツ リスクサービスが、横浜・みなとみらい地区に「サイバー インテリジェンス サービス」の拠点となる「サイバー インテリジェンス センター」を開設した。セキュリティ監視サービスを強化する。(2016/5/25)

あのカレーチェーンに学ぶ「ログ管理」の重要性
企業に1つ用意しておきたいセキュリティの「かかりつけ医」
相次ぐセキュリティインシデントの経緯から、全ての侵入を防ぐのは困難なことは明らかだ。必要なのは、ログを監視して不審な兆候にいち早く気付き、迅速に対処できる体制整備だ。(2016/4/12)

QES PrintInsight for SKYSEA Client View:
紙からの情報漏えいをどう防ぐ? 印刷イメージログ監視システム発売
紙の印刷物は、業種を問わずあらゆるシーンで多用されている。ある調査によると情報漏えいが発生した経路の最多が印刷物だという。しかし、文書印刷に対する情報漏えい対策を行っている企業はまだ少ない。(2016/4/4)

有料ツールは試用可能かどうかも選定のポイント
うんざりする作業が少しは楽に? 「Windows Server」のイベントログ監視ツール5選
Windows Serverのイベントログファイルは、パフォーマンスと運用に関する情報の宝庫だ。とはいえ、それを何十台も監視するのは大変な作業だ。ログ監視を少しでも効率化するための有料・無料ツールの一例を紹介する。(2015/12/22)

Docker運用管理製品/サービス大全(4):
Kubernetes管理サービスGoogle Container Engine、Google Container Registryの概要と使い方、Fluentdによるログ監視
数多く台頭しているDockerの運用管理に関する製品/サービスの特長、使い方を徹底解説する特集。今回は、Google Cloud Platformで動くKubernetesの管理サービスであるGKEや、グーグル独自のDockerリポジトリであるGoogle Container Registryの概要や主な機能、環境構築方法、使い方について。(2015/10/30)

未知の脅威に特化しMSSを補完:
ファイア・アイが「FireEye as a Service」提供へ、攻撃発見までの期間を短縮
ファイア・アイは、未知の脅威に特化して検知、防御やインシデント対応を支援するセキュリティ監視サービス「FireEye as a Service」を発表した。既存のマネージドセキュリティサービスやSOCを補完するものという位置付けだ。(2015/7/23)

中間電圧変換を不要に:
60Vから0.6Vの直接降圧を行うDC/DCコントローラー、インターシルが発表
インターシルは2015年6月、都内で新製品の60V同期整流型降圧コントローラー「ISL8117」を発表。デューティサイクルを低くしたことによって、60Vから0.6Vへの直接降圧を可能にした。通信/ネットワークシステムやセキュリティ監視システム、テスト/計測機などを対象に展開する。(2015/7/6)

NEC、中堅・中小企業のマイナンバー対応を支援 奉行やPCA Xとも連携
顔認証やログ監視、暗号化を活用した「マイナンバー安心セット」を提供。人事・給与ソフトとの連携も推進する。(2015/7/3)

イーセクター、マイナンバー取扱担当者対策向けの操作ログ監視ソフト
イーセクターが、クライアントインストールベースの操作ログ監視ソフトを投入。これまで取得しにくかったHTTPS通信のサイトやSNSサイトなどの操作記録も残せるよう工夫。企業のマイナンバー対策、内部不正対策の一環になる。(2015/4/10)

DNS Tips:
権威DNSサーバーはどのように監視すればよいですか?
権威DNSサーバーに対する監視は、一般的なWebサーバーなどと同様「死活監視」「リソース監視」「ログ監視」を行うとよい。(2014/12/22)

脆弱性攻撃の対策に工夫を――2014年上半期の脅威から読み解く傾向は?
IBMが東京のセキュリティ監視センターで観測した脅威動向によれば、脆弱性発覚から攻撃までの期間が短くなり、対応に要するスピード感が重要になっている。(2014/8/27)

KDDIとラックがセキュリティで協業強化、出資比率も増強へ
企業顧客が社内でセキュリティ監視を行えるためのサービス開発などを目的に協業体制を強化し、KDDIによるラックへの出資比率も31.1%に高める。(2013/12/9)

2013年上半期 Tokyo SOC情報分析レポート:
PR:サイバー攻撃の6つの真実――セキュリティ監視から見えたこと
IBMセキュリティー・オペレーション・センター(SOC)では世界10カ所の拠点からネットワーク・セキュリティー上の脅威をリアルタイムに監視している。主に国内の企業に影響を与える脅威の動向を年2回「Tokyo SOC 情報分析レポート」としてまとめている。ここでは最新版レポートから特に重要なポイントを抜粋して紹介しよう。(2013/10/28)

入口・出口対策に加えて重要なログ管理
標的型攻撃対策に有効、「初めてのSIEM」に取り組むには
多くの企業が頭を悩ます標的型攻撃への対策で、社内の機器のログを監視し、事前に必要な対応を取ることができるSIEMが注目されている。有効なSIEMソリューションを紹介する。(2013/10/28)

川口洋のセキュリティ・プライベート・アイズ(45):
CMSが狙われる3つの理由
今回のコラムでは、ラックのセキュリティ監視センター、JSOCでもたびたび観測しているCMSを狙った攻撃の状況とその対策について解説します。(2013/4/8)

Maker's Voice:
HPが提案、「企業にはセキュリティ監視システムが不可欠」
HPが実施した調査から、サイバー攻撃やITを悪用した内部不正などに対応するコストが上昇していることが分かったという。同社は「インシデントに即応できるセキュリティ監視システムを活用すべき」という。(2012/11/21)

GSX、次世代ファイアウォールの監視サービスを発表
グローバルセキュリティエキスパートは、デル(ソニックウォール)のセキュリティアプライアンスを利用したセキュリティ監視を支援するサービスを開始する(2012/11/20)

シマンテックが都内にセキュリティ監視サービスの新拠点、日本語対応を強化
シマンテックがグローバル提供するセキュリティ監視サービスの拠点を都内に開設。記者会見にはユーザー企業の日産自動車の行徳セルソCIOも参加した。(2012/11/13)

NTT Com、セキュリティ監視サービスで標的型攻撃対策を強化
「Bizマネージドセキュリティサービス」に企業を標的としたサイバー攻撃に対応する3種類の新機能を導入した。(2012/9/28)

アカマイがセキュリティ監視サービス、DDoSやWebアプリ攻撃を防御
同社の配信サービスを利用していなくても、DNSサーバの変更だけでセキュリティ監視サービスを利用できる。(2012/2/29)

今日の企業に求められる「プロアクティブな不正行為管理」とは:
PR:従来のログ監視では防げない不審な操作を事前検知、横領や情報漏えいといった内部不正を未然に防ぐ――NetIQのAttachmate「Luminet」
横領や情報漏えいといった内部不正が企業に与えるインパクトは計り知れない。社会的信用の失墜による事業への深刻な影響は避けられず、最悪の場合、事業継続自体がストップし、経営破たんに追い込まれるケースもある。そうしたなか、海外でにわかに注目を集めている分野に「EFM(Enterprise Fraud Management“企業における不正行為管理”)」がある。これは、従来のログ監視では防げない不審な操作を事前に検知し、内部不正を未然に防ぐというものだ。本稿では、今年9月に、国内初の本格的な不正行為管理ソリューションとしてリリースされたNetIQのAttachmate「Luminet」を取り上げて、その特徴や機能を詳しく紹介する。(2010/9/1)

企業ネットワークを防衛する最前線、IBMのセキュリティ監視センター
企業からの委託を受けて不正侵入などの脅威からネットワークを24時間体制で監視、保護するのが「セキュリティ運用監視センター(SOC)」だ。IBMが世界9カ所に展開するSOCの一つ、日本のSOCを公開してくれた。(2009/12/19)

アンラボ、ネットワークセキュリティの監視サービスを開始
韓国のセキュリティ企業AhnLabは都内にセキュリティ監視センターを開設し、国内企業向けにサービスを始めた。住商情報システムズやネットワールドとも協業する。(2009/10/14)

ウォッチガードとITレスキュー、中小向けUTMで協業
ウォッチガードのUTMを利用した中小企業向けのセキュリティ監視サービスをITレスキューが提供する。(2009/8/25)

節約達成を祝ってくれる インク使用量削減ソフト「inksaver3」
メディアナビは、インクの使用量を最大75%削減するソフト「inksaver」の最新版を発売。新たにセービング統計リポートと通知機能を搭載。ビジネス版には印刷ログの監視機能を備えた。(2009/8/7)

マルウェア駆除も含むセキュリティ監視サービス、アンラボが中小企業向けに
韓国のセキュリティ企業のアンラボは、オンサイト対応やマルウェア駆除などを含めたセキュリティ監視サービスを始める。(2009/7/7)

サーバ1台から対応:
サイバネット、ファイルサーバログ監視ツールを発売
サイバネットシステムは、Windows Server 2008に対応予定のファイルサーバアクセスログ監視ツールを発売する。(2009/2/13)

世界150カ所以上の国や地域で:
KDDI、企業ネットワーク向けのセキュリティ監視サービス
KDDIは海外展開する企業向けネットワークサービスにセキュリティ監視のメニューを追加する。(2009/2/12)

PCログ監視システムに関するアンケート結果リポート
PCログ監視システムのユーザーは「費用対効果より機能重視」
TechTargetジャパンでは今回、PCログ監視システムに関する会員アンケートを実施した。管理・リポート機能を重視し、情報漏えい防止などセキュリティ対策としての導入効果を見込むユーザーが多いようだ。(2009/2/6)

TechTargetジャパン 会員調査
「PCログ監視システムの利用状況に関するアンケート調査」結果リポート
TechTargetジャパンでは、アンケートを通じて企業内でIT導入や運用管理に携わる会員に対しPCログ監視システムの利用状況に関する調査を実施しました。調査結果から、会員が導入しているPCログ監視システムやその満足度、製品選定の際に重視するポイント、導入する目的やきっかけなどが明らかになりました。(2009/1/21)

TechTargetジャパン 会員調査
【お知らせ】 「PCログ監視システムの利用状況に関するアンケート調査」結果リポート
TechTargetジャパンでは、アンケートを通じて企業内でIT導入や運用管理に携わる会員に対しPCログ監視システムの利用状況に関する調査を実施しました。調査結果から、会員が導入しているPCログ監視システムやその満足度、製品選定の際に重視するポイント、導入する目的やきっかけなどが明らかになりました。(2009/1/21)

問い合わせ増加で:
IBM、セキュリティ対応サービスを強化
IBMは、セキュリティ部門「ISS」によるネットワークセキュリティ監視サービスを拡充すると発表した。(2008/12/5)

ラック、ネットワークのセキュリティ監視サービスを拡充
10Gbpsの広帯域トラフィックへの対応やIPS(不正侵入防御)の機能強化などを図る。(2008/7/24)

大量のトランザクションにも対応:
ヤフーのデータベースを監視する「iTres」、CTCが発売
ヤフーが自社向けに開発した情報漏えい監視システムをCTCが発売する。(2008/6/6)

サイトロック、クライアントPCの操作ログを監視するSaaS型サービス
サイトロックは、クライアントPCの操作ログを収集・管理・監視するASP/SaaS型サービス「siteROCK Log Care」の販売を開始した。(2008/4/17)

Mac OS X Leopardも内部統制対応に、インテリジェントワークスが新製品
インテリジェントワークスは、PCの操作ログ監視、資産管理統合ツール「コンテンツウォッチャー・スマート」の最新版を発売した。(2008/3/14)

NEWS
アシストとNST、内部統制監査を効率化する「IT全般統制 評価ソリューション」を提供
アシストの内部統制評価支援ツール「監査れポータル」とNSTのデータベースログ監視ツール「Chakra」を連携させる。(2008/2/7)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。