ニュース
» 2009年10月23日 09時21分 UPDATE

検索結果を自分のコミュニティーに限定:Google、「Social Search」を発表

「Googleの検索結果は十分参考になるが、信頼できる友人のアドバイスはもっと貴重」とGoogleのマリッサ・マイヤー氏は語った。

[ITmedia]

 米Googleは10月21日、米サンフランシスコで開催の「Web 2.0 Summit 2009」において、検索結果を自分のコミュニティーに限定できる「Google Social Search」を発表した。向こう数週間のうちにGoogle Labsからリリースするという。

 この機能はGoogleプロフィールに登録しているコミュニティーの情報を利用するので、使う際はGoogleのアカウントでログインする必要がある。機能はオプトインで有効になる。この機能を有効にすると、検索結果の最初のページの最下に「returns from people in your social circle for 検索語」というグループが表示され、コミュニティー内の人々による検索対象に関するブログやコメントを読むことができる。

 Social Searchのデモで、同社の検索製品およびユーザーエクスペリエンス担当副社長を務めるマリッサ・マイヤー氏は「iPhoneからBlackBerryに買い換えようと思っているので友だちの評価を見てみましょう」と検索例を紹介した。Googleトップページで「iPhone BlackBerry」と入力して表示された検索結果から「returns from people in your social circle for iPhone BlackBerry」のリンクをクリックすると、Googleプロフィールに登録してある友だちのアイコンとともに、iPhoneやBlackBerryに関するブログ投稿などが表示された。マイヤー氏は「Googleの検索結果は十分に参考になるが、信頼できる友人からの情報に限定することでより自分に合った情報を得ることができる」と語った。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ