ニュース
» 2009年11月25日 17時08分 UPDATE

日本IBM、Felicaなどに対応したSSO製品の最新版

日本IBMは、シングルサインオン製品の最新版「IBM Tivoli Access Manager for Enterprise Single Sign-On V8.1」を発売する。

[ITmedia]

 日本IBMは11月25日、シングルサインオン製品の最新版となる「IBM Tivoli Access Manager for Enterprise Single Sign-On V8.1」を28日に発売すると発表した。

 同製品は、複数のシステムやサービスの認証を統合するシングルサインオン製品で、パスワード認証や生体認証などさまざまな認証方式に対応する。最新版ではFeliCaなどの非接触型ICカードや指紋認証機器など、対応する認証デバイスを拡充した。

 併せて日本セキュアジェネレーションと協業し、同社の指紋認証装置と連係するソリューション「SecuMAP for TAM ESSO」も提供する。250ユーザー時の参考価格は246万7500円(税別)からなどとなっている。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -