ニュース
» 2009年11月30日 20時24分 UPDATE

ソフトウェアAG、AS/400の端末エミュレータ保守費用を大幅削減するツールを紹介

ソフトウェア・エー・ジーはレガシーシステムにおける端末エミュレータの保守費用を圧縮するソフトウェアを紹介した。

[ITmedia]

 ソフトウェア・エー・ジーは11月30日、都内で記者説明会を開催し、主にIBMのAS/400およびiシリーズのシステムをウェブ化、サービス化することで、端末エミュレータの保守費用を5分の1程度に圧縮するソフトウェアを紹介した。

sag.jpg ApplinXをアピールするソフトウェア・エー・ジー担当者

 ソフトウェア名は「webMethods ApplinX」。導入することにより、AS/400などのいわゆるレガシーシステムにユーザーがWebブラウザ経由でアクセスできるようになる。このため、PCごとに特別な設定をする必要がなくなるため、コストを抑えられる。通常は、ユーザーのPCごとに端末エミュレータをインストールする必要があり、企業はそれに伴う運用管理費、リース料といったコスト負担を強いられている。

 もう1つの利点は、レガシーシステムをサービス化し、システム間を連携できること。「ログイン」「メインメニュー」「パターンメニュー」「データ入力」といったアプリケーションの画面遷移のパターンをマクロとして記録し、サービスとして他システム向けに公開できる。この際、他システムからサービスが実行されると、ApplinXが自動的に画面オペレーションを実行する。従来端末エミュレータの画面オペレーションは手動であったため、他システムとのリアルタイムの連携は難しかった。

 webMethods ApplinXでは、画面アプリケーションをそのまま包み込む仕様であるため、レガシーシステムを変更する必要がないこともメリットと説明した。

 価格は、最小構成の20ユーザーで120万円から。初年度は2億円の売り上げを見込んでいる。直販と代理店販売の販売比率は50%ずつになる見通し。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

関連キーワード

Software AG | webMethods | 保守 | 運用管理


関連ホワイトペーパー

運用管理 | IBM(アイ・ビー・エム)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -