ニュース
» 2009年12月02日 15時35分 UPDATE

クエスト・ソフト、SQL文のパフォーマンスを検証するツール製品を発売

クエスト・ソフトウェア、OracleデータベースのSQL文のパフォーマンスを検証するツール製品「SQL Optimizer for Oracle」を発売した。

[ITmedia]

 クエスト・ソフトウェアは12月2日、OracleデータベースのSQL文のパフォーマンスを自動検証するツール製品「SQL Optimizer for Oracle」を発売したと発表した。

 同ツールは、複数のSQL文を自動的に実行して、それぞれのパフォーマンスを計測する。パフォーマンスの高いSQL文に自動的に書き換えられるほか、アプリケーションからSQL文を抽出して分析する機能、インデックスに追加した場合のパフォーマンスを分析する機能などを搭載している。

 SQL文のパフォーマンスを最適化するには手作業に頼るのが現状。また、高度なスキルを持ったデータベース技術者の不足や、検証手法を確立されていないなどの課題もあり、実際には運用段階でパフォーマンスの劣化を招いてしまうケースが珍しくないという。

 同ツールを活用することで、開発段階からパフォーマンスの向上を効率的に進められ、最適化作業に伴う時間的、人的コストを削減でき、運用後の問題発生を回避できる可能性が高まる。また、パフォーマンスを得られるSQL文をノウハウ化することで、経験の浅いエンジニアの育成にも役立つという。

 価格は1ユーザー当たり32万4000円(税別)。また、利用するマシン単位で課金する「MSP」ライセンスも用意する。対応データベースは、Oracle Database 8.1.7、9i、10g、11gとなっている。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連ホワイトペーパー

SQL | データベース | Oracle(オラクル)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -