ニュース
» 2009年12月17日 08時00分 UPDATE

グレープシティ、Eclipseと統合したJava向けパフォーマンスツール新版を発売へ

グレープシティはJava向けのパフォーマンスツール「JProbe 8.2J」の日本語版を発売すると発表した。

[ITmedia]

 グレープシティは12月17日、Java向けのパフォーマンスツール「JProbe 8.2J」の日本語版を2010年1月27日に発売すると発表した。Javaの開発環境としてユーザーの多いEclipseにJProbeの全機能をプラグインとして追加した。プログラマーの作業負担を抑え、単体テストをしやすい開発環境を提供する。

grapcity_sn.jpg Eclipseと統合したJProbe 8.2Jの画面

 Eclipseとの統合により、プログラマーのアプリケーション開発時間が3分の1程度に減らせるという。通常は、Eclipse環境でコンプライルしたクラスをJProbe側に移行させる必要があるが、新製品ではEclipse上の環境にあるツールとしてそのままJProbeを操作できるため、手間が大幅に省ける。

 新版では、処理の遅延につながるデータベースへのアクセス処理をアプリケーション固有の処理と分離して、個別に計測できるようにしている。

 価格は1開発ライセンスが19万9500円、1コンカレントライセンスは66万円。使用台数制限のないコーポレートライセンスを日本独自に提供する予定で、参考価格は1500万円程度としている。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

関連ホワイトペーパー

環境保護 | Java | データベース


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -