ニュース
» 2009年12月21日 09時40分 UPDATE

Google、認証プロトコル強化に向け、OpenID理事のスマー氏を採用

GoogleがソーシャルWebへの全社的取り組みに備え、OpenID界の立役者、Plaxoのジョゼフ・スマーCTOを採用する。

[ITmedia]

 米GoogleがOpenID推進団体の理事を務める米Plaxoのジョゼフ・スマー氏を採用する。同氏が自身のブログで明らかにした。

 OpenIDは、ユーザーが1つのURLで複数のサービスにログインできるようにする分散認証プロトコル。Googleは、2007年設立のOpenID Foundationに理事として参加しており、同社のSNS共通API「OpenSocial」やソーシャルサービス「Google Friend Connect」などでOpenIDをサポートしている。PlaxoはOpenID Foundation、OpenSocial Foundationに参加しており、スマー氏は長くGoogleの社員と協力してきた。

 スマー氏は2002年にPlaxo入りし、CTO(最高技術責任者)として同社製品の認証プロトコル対応に従事してきた。GoogleからソーシャルWebへの全社的取り組みをサポートしてほしいとの要請を受けてGoogle入りを決意したという。2010年1月下旬からGoogleに参加する予定。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

関連キーワード

Google | OpenID | Plaxo | OpenSocial | Google Friend Connect | SNS


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -