ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「Google Friend Connect」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Google Friend Connect」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

Google、終了予定サービス第三弾 「Knol」や「RE<C」
Googleは終了する「Google Connect」の利用者に対し、Google+ページの構築とGoogle+バッジの設置を奨励している。(2011/11/23)

Google、認証プロトコル強化に向け、OpenID理事のスマー氏を採用
GoogleがソーシャルWebへの全社的取り組みに備え、OpenID界の立役者、Plaxoのジョゼフ・スマーCTOを採用する。(2009/12/21)

D89クリップ(13):
マッシュアップを超えたマッシュアップを−Mashup Awards 5表彰式レポート
リクルート主催による「Mashup Awards 5」の表彰式が開催された。前回を上回る応募作品数と高いクオリティのなか、数々の賞が決定した(2009/12/11)

Google Friend Connectに新機能 WebサイトをよりSNS的に
Webサイトのビジター同士の交流を促進したり、ビジターの関心に合わせて広告表示する新機能が加わった。(2009/11/6)

ニュースや予定表をWebページに埋め込める「Google Web Elements」発表
Google Web Elementsでは、YouTubeビデオの埋め込みと同じように、コードをコピー&ペーストするだけでGoogle Newsなどをサイトやブログに組み込める。(2009/5/28)

Google、「Google Friend Connect API」を発表
Google Friend Connect APIを利用することで、より簡単にサイトにSNS機能を組み込めるようになった。(2009/3/13)

Yahoo! IDでJS-Kit採用の60万以上のサイトでのコメントが可能に
Yahoo! IDで投稿されたコメントはYahoo! Updatesのフィードにも反映される。(2009/3/5)

海外ダイジェスト(2月13日)
GoogleがAndroid向け移動経路記録サービス「My Track」をリリース、P2PサービスのQtraxがWarner Musicと提携、など。(2009/2/13)

Google Friend Connectに「Social Bar」機能
Google Friend Connectに、ソーシャル機能をまとめる「Social Bar」機能が追加された。(2009/2/13)

ネットの逆流(9):
ハッカー御用達か Twitterの功罪
時にはマスコミよりも早くニュースを伝えるTwitter。だが同時に、ハッカーたちにとっても魅力的なツールとなってきている。被害にあわないためにはどうすればいいのか。そしてTwitterの今後はどうなるのか。(2009/2/1)

ブログの過去、現在、未来〜日本ブログ界の5年間と今後を占う(3):
ブログという名の“わらしべ”
ブログの5年間を振り返り今後を占う本シリーズ、最終回は、ツールとしてのブログの可能性と、ブログ活用の可能性について論じてみよう。(2008/12/24)

海外ダイジェスト(12月17日)
Operaが中国語版デスクトップWebブラウザをリリース、TwitterがGoogle Friend Connectに続きFacebookとMySpaceのログイン情報共有もサポートすると発表、など。(2008/12/17)

海外ダイジェスト(12月16日)
オバマ次期大統領の「Change.gov」がiPhoneアプリに、Android携帯向けにGoogle Maps編集アプリが登場、など。(2008/12/16)

Twitter、Google Friend Connect陣営に参加
ログイン情報共有技術で、TwitterはFacebookではなく、Googleを選んだ。(2008/12/16)

海外ダイジェスト(12月10日)
Googleが「Macwordl Expo/SF」に出展、Googleブック検索で「Popular Science」など雑誌記事の閲覧が可能に、など。(2008/12/10)

MySpace、OpenID戦略を強化――Google Friend Connectもサポート
MySpaceは同社のOpenIDイニシアチブ「Data Availability」を「MySpaceID」と改称。新たにVodafoneが加わった。(2008/12/10)

海外ダイジェスト(12月5日)
Google Earthのブラウザ用プラグインがMacに対応、NokiaとRIMが通信技術のライセンス契約を更新、など。(2008/12/5)

GoogleとFacebook、それぞれデータ共有の「Connect」技術を提供開始
「Google Friend Connect」β版と「Facebook Connect」は、それぞれほかのサイトとのデータ共有を実現する技術。(2008/12/5)

Google、Bloggerの「Following」機能をほかのブログにも
愛読しているブログの更新状態を知るための「Following」機能の一部が、Blogger以外のブログにも利用できるようになった。(2008/9/12)

Facebook、Googleの「Friend Connect」を遮断
プライバシー上の問題から、FacebookがGoogle Friend ConnectからFacebookユーザー情報へのアクセスを遮断した。(2008/5/16)

GoogleとFacebook、それぞれデータポータビリティ技術を発表
プロフィール情報を他サイトで利用可能にしたMySpaceに続き、GoogleとFacebookもデータポータビリティ技術「Google Friend Connect」と「Facebook Connect」をそれぞれ発表した。(2008/5/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。