ニュース
» 2010年01月25日 07時25分 UPDATE

Microsoft、Office 2010のシステム要件を発表

Office 2007が稼働するPCではOffice 2010も動くが、より多くのディスク容量が必要になり、GPU推奨になった。

[ITmedia]

 米Microsoftは1月22日、次期オフィススイート「Microsoft Office 2010」のシステムの最小要件を発表した。基本的に、現在「Office 2007」が稼働しているPCであればOffice 2010も動かせるが、「Office 2003」ユーザーは要件を確認する必要があるとしている。

 CPUおよびRAMディスクの要件はOffice 2007と変わらず、CPUは500MHz以上、メモリは256Mバイト以上。Office 2003の要件はCPUが233MHz、メモリが128Mバイトだった。

 必要なハードディスク容量は増加した。アプリケーション単体ではOffice 2007より0.5Gバイト、スイート全体では1〜1.5Gバイト多く必要になった。Ribbonインタフェースや新機能の追加、Office Professionalの場合は新アプリケーションOneNoteの追加などの影響としている。

 対応するOSは以下の通り。

office 2010

 また、最小要件ではないが、GPU搭載PCであれば、Excelでのチャートの描画やPowerPointでのトランザクションなどの描画速度が向上するという。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

関連キーワード

Office 2010 | Microsoft | Office 2007 | CPU | GPU | PowerPoint


関連ホワイトペーパー

Office | Microsoft(マイクロソフト)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -