ニュース
» 2010年02月17日 15時08分 UPDATE

Java向けPDF操作ライブラリ「ApachePDFBox 1.0」公開

PDFの作成や操作を行えるオープンソースのJavaライブラリ「Apache PDFBox 1.0.0」「Apache FontBox 1.0.0」がリリースされた。ページラベルとAdobe CFF/Type 2フォントのサポートなどが図られている。

[末岡洋子,SourceForge.JP Magazine]
SourceForge.JP Magazine

 Apache PDFBoxコミュニティーは2月16日、PDFの作成や操作を行えるオープンソースJavaライブラリ「Apache PDFBox 1.0.0」および「Apache FontBox 1.0.0」を公開した。性能と安定性が強化され、また最小要件はJava 5となっている。

 ApachePDFBoxはPDFファイルの作成や操作、PDFドキュメントからの内容抽出などを行うJavaライブラリ。PDFドキュメントの暗号化と解読、テキスト抽出などのコマンドラインツールも備える。「Apache Tika」や「Apache Lucene」などとの連携も可能。

 ApachePDFBox 1.0では性能の強化、ページラベルとAdobe CFF/Type 2フォントのサポートなどが特徴となる。暗号化されたPDFファイルの読み込みや暗号化PDFファイルから暗号化なしPDFファイルへの変換も可能となった。そのほかデフォルトのビルドシステムが「Ant」から「Maven」に移行、Java 5が必須となった。

 FontBoxはPDFフォントを操作するためのJavaライブラリ。PDFBoxの1コンポーネントとなり、ローレベルのフォントデータをフォントファイルから抽出可能にする。同時に、XMPメタデータのJavaライブラリ「JempBox 1.0」も公開されている。FontBoxおよびJempBoxともにJava 5が必要。



Copyright © 2010 OSDN Corporation, All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -