ニュース
» 2010年03月01日 07時16分 UPDATE

Palm、「webOS 1.4」リリース ビデオの録画・編集・投稿が可能に

上位機種のPalm Preは、近いうちにアプリストアで公開されるプラグインを追加することでAdobe Flash 10.0に対応するようだ。

[ITmedia]

 米Palmは2月26日、同社製スマートフォンOSの最新版「webOS 1.4」のダウンロード提供を開始したと発表した。

 webOSは米Sprintが販売するPalm PreおよびPalm Pixi、米Verizonが販売するPalm Pre PlusおよびPalm Pixi Plusに搭載されているOS。新版では、ビデオ録画とその編集、YouTubeなどへの投稿機能が追加された。

palm

 予定表、電話、メッセージング、メールでの横断操作が可能になった。例えば予定表に記入した電話番号をタップして直接電話をかけたり、チャット中に相手のアイコンをタップして電話をかけることなどができる。また、メールやメッセージ、予定表などの更新をLEDの点滅で知らせる機能が追加された。画面をオフにしていても機能する。そのほか、アプリ機能時間の短縮、多数のアプリでのレスポンスの向上、バッテリー持続時間の延長、多数のバグ修正が行われた。

 なお、プレスリリースには明記されていないが、Palmのサポートフォーラムへの投稿によると、Palm PreはFlash 10.0に対応するようだ。近いうちにアプリストア「Palm Appl Catalogue」でFlash 10.0 Adobeプラグインが公開されるもようだ。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -