ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  V

「Verizon」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Verizon」に関する情報が集まったページです。

狙われる経営幹部、標的はクラウドへシフト――Verizonが情報流出の実態について分析した年次報告書を発表
相手をだまして重要情報を提供させようとするソーシャルエンジニアリング攻撃では、経営幹部が標的にされる確率が前年までに比べて急増した。(2019/5/10)

「Galaxy S10 5G」の米国での販売価格は1300ドルで5月16日出荷
米キャリア大手のVerizonが、Samsungの5Gスマホ「Galaxy S10 5G」の予約受付を開始した。価格は256GBモデルが1299.99ドル(約14万5200円)。出荷は5月16日の予定だ。(2019/4/26)

Altaba(旧米Yahoo!)、Alibaba株売却で解散へ
米Yahoo!が主幹事業を米Verizonに売却後に社名変更したAltabaが、保有する中国Alibaba株をすべて売却し、解散すると発表した。(2019/4/4)

米Verizon、韓国より一足先に世界初のスマホ向け5Gサービスを4月3日にスタート
米国でスマートフォン向け5Gサービスを4月11日にスタートするとしていたVerizonが、開始を3日に前倒しした。世界初になるはずだった5日の韓国でのスタートの先を越した形だ。(2019/4/4)

「Galaxy S10 5G」、まずは韓国で4月5日発売へ
Samsungが、5Gネットワークサポートスマートフォン「Galaxy S10 5G」を4月5日に韓国で発売する。米国ではVerizonが11日に発売するとみられている。色は黒、金、銀の3色だ。(2019/4/2)

GmailやOutlook、「AMP for Email」のプレビュー開始 メールをよりインタラクティブに
Googleが、モバイルネット高速化イニシアチブ「AMP」の下、メールをよりインタラクティブにする「AMP for Email」のGmailでのβプログラムを開始した。MicrosoftのOutlook、VerizonのYahoo Mailもプレビューを開始した。(2019/3/27)

Verizon、米国初のスマートフォン対応5Gサービスを4月11日から提供開始へ
米通信大手のVerizonが、スマートフォンで使える5Gサービスを4月11日からシカゴとミネアポリスで開始すると発表した。通信容量無制限プラン+月額10ドルで利用可能。「Moto Z3」に5Gモジュールを追加することで利用できる。(2019/3/14)

B2Bや高額商材の広告と親和性:
「日経電子版」のオーディエンスデータを活用した動画DSP、Verizon Mediaが提供開始
Verizon Media(旧Oath)は日本において、「日経電子版」のオーディエンスデータを活用した動画DSPの提供を開始した。(2019/2/7)

米AT&T、5Gサービスのデータプランは15GB/月が70ドル(約8000円)に
米AT&Tが米Verizonに続き、一部地域での5Gネットワークの提供を開始した。対応スマートフォンはまだないが、Netgearの5Gルータとネットワークへのアクセスを一部企業やユーザーに提供する。(2018/12/19)

Qualcomm、5Gサポートの新モバイルプラットフォーム「Snapdragon 855」
Qualcommが新モバイルプラットフォーム「Snapdragon 855」を発表した。5Gをサポートする。VerizonやAT&Tが来年前半に搭載端末を発売する計画だ。(2018/12/5)

Verizon、2019年前半に5G対応のSamsungスマホ発売へ
米通信大手のVerizonが、2019年上半期には5GサポートのSamsungスマートフォンを発売すると発表した。一方Appleは2020年まで5G対応iPhoneは提供しないとBloombergが報じた。(2018/12/4)

AOLと米Yahoo!統合企業「Oath」、「Verizon Media Group」に
Verizon傘下でEngadgetやHuffPostなどを擁するメディア企業「Oath」が2019年1月1日からVerizonの一部門「Verizon Media Group」になる。(2018/11/6)

Verizon傘下のメディア企業Oath、CEO交代へ
Verizon傘下で、AOLとYahoo!のメディア事業を統合して新メディア企業Oathを立ち上げたティム・アームストロングCEOが退任し、現COO兼社長のグル・ゴーラッパン氏が後任になる。(2018/9/13)

Verizon、5Gサービス一番乗り 10月1日から「5G Home」をロサンゼルスなどでスタートへ
米通信大手のVerizonが、家庭向け5Gサービスをロサンゼルスなど一部地域で10月1日から提供開始する。最初の3カ月は無料で「YouTube TV」も利用可能。その後は月額50ドル/70ドル。(2018/9/12)

Motorola、Modで5G対応できる「Moto Z3」、Verizonで480ドルで発売へ
Motorolaが、モジュラーアクセサリ「5G moto mod」で将来5Gネットワークに対応できる新スマートフォン「Moto Z3」を発表した。米国ではVerizonが独占販売する。(2018/8/3)

ランサムウェアだけじゃなく、ソーシャル攻撃も広がる
Verizonの「データ漏えい・侵害調査報告書」で明らかになった最も警戒すべき脅威とは
攻撃が確認された中で最も流行している種類のマルウェアが判明した。しかし、着実に増えているその他の脅威についてもレポートは示している。(2018/6/20)

ハイエンドカメラのRED、約14万円のAndroidスマートフォン「HYDROGEN ONE」を今夏発売へ
ハイエンドデジタルカメラで知られるREDの初のAndroid端末「HYDROGEN ONE」が今夏米国でAT&TとVerizonから発売される。“ホログラフィック”なコンテンツを表示できるのが特徴だ。REDのカメラを接続すれば、ホログラフィックなコンテンツの撮影も可能としている。(2018/5/21)

写真共有のFlickrをOathがSmugMugに売却、当面は現状維持
オンライン写真サービスのFlickrを写真共有サービスのSmugMugがVerizon傘下のOathから買収した。Flickrのブランドとサービスは少なくとも当面は現状のままで、将来的にはログインに米Yahoo!へのログインが不要になる見込みだ。(2018/4/22)

基幹システムが標的に:
この1年でランサムウェアの被害は倍増、従業員が最大の弱点――Verizon調査
詐欺メールで従業員がだまされる被害が後を絶たず、「1人の従業員が1通の詐欺メールをクリックしただけで、組織全体が危険にさらされる」とVerizonは警鐘を鳴らしている。(2018/4/12)

製造ITニュース:
ベライゾンがセキュリティリスクを定量化、サプライチェーンのリスクも見える
ベライゾンは、新開発のセキュリティアセスメントフレームワーク「ベライゾンリスクレポート(VRR)」を発表。セキュリティリスクの状態を示すスコアや、スコアに対応するセキュリティコストなどを分かりやすく“見える化”するレポート機能が最大の特徴だ。(2018/4/4)

IBM Think 2018 Report:
VerizonやRBC、北米の老舗企業がクラウドとWatsonで勝ち組に
今週、IBMはWatsonやクラウドをはじめとする、すべてのブランドを集結させた初のカンファレンス、「IBM Think 2018」をラスベガスで開催している。ロメッティCEOは、IBM CloudとWatsonで変革を進めるVerizonやRBCをステージに引き上げた。(2018/3/22)

Yahoo!JAPANは「影響なし」:
米Yahoo!、13年の情報流出は全ユーザー相当の30億件
2013年に発生した米Yahoo!へのサイバー攻撃による情報流出件数が、当時の全ユーザーに相当する約30億件に上ることが判明。親会社の米Verizon Communicationsが明らかにした。(2017/10/4)

誰でもダウンロード可能に:
Verizon加入者1400万人の個人情報、業務委託先が「無防備状態」でクラウドに保存
Verizonから業務を委託された企業は、加入者の氏名、住所、暗証番号などの情報をAmazon S3に保存していたが、URLさえ分かれば誰でもアクセスしてデータをダウンロードできてしまう状態だったという。(2017/7/13)

キーサイトが5G製品群を発表:
Verizon 5G準拠の波形が生成できる44GHz対応信号発生器
キーサイト・テクノロジーは5G(第5世代移動通信)開発に向けたネットワークアナライザーと、PXI Express(PXIe)モジュール型マイクロ波信号発生器を発表した。キーサイトは、素材や部品、モジュール、コネクターといった分野のメーカーからの5G製品についての問い合わせが増えていると話す。(2017/7/7)

ソフトバンク傘下のSprint、Verizonからのスイッチユーザーに1年無料キャンペーン
ソフトバンク傘下のSprintが、Verizonからの乗り換えユーザー獲得キャンペーンを開始した。Verizonから乗り換えると1年間はSprintのサービスをほぼ無料で使える。Sprintは業界3位の座をT-Mobileと争っている。(2017/6/14)

京セラ、北米向け高耐久スマホ「DuraForce PRO」をT-Mobileから発売
京セラは、北米向け高耐久スマートフォン「DuraForce PRO」をT-Mobileから発売。これによりすでに販売しているAT&T、Sprint、Verizon Wirelessを含めた米国の4大通信業者から購入可能となった。(2017/6/13)

米Yahoo!のVerizonへの主要事業売却完了へ
米Yahoo!が2016年7月に発表したニュースやメールなどの主要事業のVerizonへの売却がようやく6月13日に完了する。Verizonはこの事業を傘下のAOLと統合し、Oathという新会社にする計画。約2100人がリストラされるといううわさもある。(2017/6/9)

Verizon、買収する米Yahoo!とAOLを統合し、新会社「Oath」に
Verizonは、買収する米Yahoo!の主要事業とAOLを統合し、社名を「Oath」(宣誓、などの意味)とする。AOLのアームストロングCEOがそうツイートした。(2017/4/4)

米Yahoo!のマリッサ・メイヤーCEO退任へ 退職金は約26億円
2012年から米Yahoo!のCEOを務めてきたマリッサ・メイヤー氏が、米Verizonによる主幹事業買収が完了した段階でCEOを退任する。退職金は約2300万ドル。後任は米IACのCFO、トマス・マキナニー氏。(2017/3/14)

15億人分の情報流出で:
Verizonと米Yahoo!、買収総額の3億5000万ドル減額で合意
Verizonは、米Yahoo!との買収契約後にYahoo!が明らかにした過去の15億人分の個人情報流出を考慮し、買収総額を3億5000万ドル(約400億円)減額の44億8000万ドルに修正した。(2017/2/22)

IoTセキュリティ:
IoT開発者向けに堅牢なワイヤレス接続ソリューションを提供
ベライゾン コミュニケーションズとサイプレス セミコンダクタは、IoT開発者に向けて、堅牢なワイヤレス接続ソリューションを提供すると発表した。サイプレスのWICEDからベライゾンのThingSpaceが利用できるようになる。(2017/1/25)

米Yahoo!、Verizonによる買収完了は第2四半期にずれ込み
Verizonに検索やメールなどの主要事業を売却する計画の米Yahoo!は、当初第1四半期(1〜3月)中に予定していた取引完了が、第2四半期にずれ込むと発表した。(2017/1/24)

「AWS Direct Connect Bundles」を提供:
AWSへの専用線接続を高速化、リバーベッドがベライゾンと協力してサービス提供
リバーベッドテクノロジーが、Amazon Web Servicesの専用線接続に向けた高速化サービスをベライゾンと協力して展開。クラウドへのネットワーク接続を強化する「AWS Direct Connect Bundles」を提供する。(2017/1/23)

米Yahoo!、社名を「Altaba」に変更へ
インターネット事業をVerizonに売却し、投資会社に移行。(2017/1/10)

米Yahoo!が社名変更 「Altaba」に(Verizonへの主要事業売却後)
米Yahoo!は主要事業をVerizonに売却後、ヤフー日本法人と中国Alibabaの株を保有するAltabaという名の投資企業になる。Verizon入りする見込みの現CEO、マリッサ・メイヤー氏はYahoo!(Altaba)の取締役を退任する。(2017/1/10)

CLIの時代は終わろうとしている
VerizonとYahoo!が語る「ネットワーク担当者はSDN、DevOpsに備えよ」
VerizonとYahoo!は2016年10月に開催されたカンファレンスで、企業はネットワーク担当者にSDNやDevOpsの実践に向けて準備させる必要があるとの見解を示した。(2016/11/9)

米Yahoo!傘下のTumblr、新広告プログラム導入へ
Verizonによる主幹事業の買収を発表した米Yahoo!傘下のTumblrが、ユーザーのブログに広告を表示させる新プログラムを発表した。年内にブロガーへの支払いを開始する計画という。(2016/7/28)

米Yahoo!の買収はGoogleとFacebookに対抗するため──AOLのアームストロングCEO
Verizon傘下のメディア企業AOLのティム・アームストロングCEOがRecodeのインタビューで、買収するYahoo!のマリッサ・メイヤーCEOのポジションは未定だが、少なくとも取引完了までは協力していくと語った。(2016/7/26)

米Yahoo!の主要事業をVerizonが48.3億ドルで買収へ
長く身売りを検討していた米Yahoo!が、通信大手のVerizonに主要事業を約48億3000万ドルで売却することで合意したと発表した。Verizonは昨年44億ドルで買収したAOLとYahoo!を合わせ(ブランドは残す)、コンテンツおよび広告事業強化を進める狙いだ。(2016/7/25)

「あやしいメールを開くな」は無意味? 掛け声で終わらせない方法
米Verizonの分析では2015年に発生した900件以上のデータ侵害になりすましメールが使われた。「あやしいメールを開くな」とよく言われるが、同社は補完的な対応が不可欠だと指摘する。(2016/6/29)

「なぜ漏れた?」を実例を基に紹介:
世界で起きた漏えい事件の「事例集」をベライゾンが公開
ベライゾンジャパンは、情報漏えい事件のトレンドをまとめた年次レポート「データ漏えい/侵害調査報告書(DBIR)」に加え、発生頻度の高い事例をまとめた「Data Breach Digest」(DBD)を発表した。(2016/4/13)

AT&Tは「ネットワーク機能の75%を仮想化する」:
「Open Compute Project」にAT&Tやベライゾンら、通信大手が参加
フェイスブックが主導するオープンハードウェアプロジェクト「Open Compute Project」(OCP)が通信事業者向けプロジェクトを立ち上げ、AT&Tやベライゾンなどの大手が参加を表明した。(2016/1/28)

セキュリティサービスとも連動:
ベライゾン、SD-WANサービスを2016年初めに国内提供へ
ベライゾンジャパンは、2016年1月にも、日本でSD-WANサービスを提供開始する。同社はMPLSサービスを主力商品としているが、これにブロードバンドIPサービスを組み合わせることで、企業の拠点間接続における広帯域化を支援したいという。(2015/12/9)

Verizon、「Xperia Z4v」の発売を中止――「市場環境を考慮して総合的に判断」
Xperia Z4よりも高いスペックが話題を集めていた米国Verizon専用の「Xperia Z4v」が、発売中止となった。(2015/10/6)

顧客視点でのソリューションビジネス拡大へ:
「脱PCメーカーとして突き進むデル」――前ベライゾンの平手氏が社長就任
デルが新社長就任の記者会見を実施。日本アイ・ビー・エムやベライゾンジャパンで経験を積んだ平手智行氏が新社長に就任する。(2015/7/24)

デルがトップ人事 郡社長が退任へ
新社長には前ベライゾンジャパン社長の平手智行氏が就任する。(2015/7/7)

「Xperia Z4v」、日本のZ4より高スペックで米Verizonが発売へ
米通信キャリア大手のVerizon Wirelessが、「Xperia Z4」より解像度が高く、無線充電に対応する(ただしやや重くて分厚い)新端末「Xperia Z4v」を独占的に発売する。(2015/6/18)

情報漏えい対策、「国家級の監視必要」と専門家が提言
米Verizonが2014年に発生した2100件以上のデータ漏えい・侵害事件を分析。企業で国家並みの監視体制が必要になると同時にやるべき課題も多いという。(2015/6/17)

継続的なモニタリングを推奨:
米ベライゾンの年次報告書が明らかにする、データ漏えいの原因とは
ベライゾンジャパンは2015年6月10日、2014年に世界で発生したセキュリティインシデントやデータ侵害(漏えい)事件を分析した「2015年度データ漏えい/侵害調査報告書」(Data Breach Investigations Report:DBIR)に関する説明会を開催。侵害の原因などを解説した。(2015/6/11)

VerizonのAOL買収、狙いはコンテンツよりも動画広告か
Verizonが44億ドルでの買収を発表したAOLの直近の業績をみると、Huffington Postなどを含むコンテンツ事業よりも動画広告を含む広告事業の売上高が圧倒的に大きい。Huffington Postがスピンアウトを検討しているといううわさもある。(2015/5/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。