ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2019年03月14日 07時35分 公開

Verizon、米国初のスマートフォン対応5Gサービスを4月11日から提供開始へ

米通信大手のVerizonが、スマートフォンで使える5Gサービスを4月11日からシカゴとミネアポリスで開始すると発表した。通信容量無制限プラン+月額10ドルで利用可能。「Moto Z3」に5Gモジュールを追加することで利用できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米通信大手のVerizonは3月13日(現地時間)、5Gのサービスを4月11日からシカゴとミネアポリスで開始すると発表した。米国でスマートフォンで利用できる5Gサービスとして先鞭をつけた。

 5G対応端末で通信容量無制限プランを利用しているユーザーが対象で、現行プランに月額10ドル(約1100円)を上乗せすることで利用できる。最も安いプランでも月額95ドルになる。

 verizon 1

 少なくともスタート段階では5Gデータ使用量は無制限で、データの優先順位付けはしないという。

 Verizonで利用できる5G対応端末は、4月の段階ではMotorolaの「Moto Z3」のみだが、年内にSamsung Electronicsの「Galaxy S10 5G」およびLG Electrnoicsの「V50 ThinQ」も利用できるようになる見込みだ。

 verizon 2 「Moto Z3」

 Verizonは昨年10月から家庭向け5Gサービスを一部の都市で提供している

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.