ニュース
» 2010年03月02日 13時36分 UPDATE

パナソニック電工IS、「BTO Club」に協賛を表明

1月に開設したソフトウェア開発とテスト技術者向けコミュニティーサイト「BTO Club」に、パナソニック電工ISが協賛を表明した。

[ITmedia]

 パナソニック電工インフォメーションシステムズ(パナソニック電工IS)は3月2日、ソフトウェア開発とテスト技術者向け参加型コミュニティーサイト「BTO Club」に協賛企業として参加した。BTO Club事務局が明らかにしたもので、これにより、BTO Clubを協賛する企業は、日本HP、アシスト、ウィプロ・テクノロジーズを含めて4社となる。

 ITをBT(ビジネステクノロジー)ととらえ、ビジネスの視点からテクノロジーを考えるというコンセプトを提唱する日本HPの肝いりサイトとして立ち上がったBTO Clubは、開設後1カ月で会員数が200人を突破するなど、ソフトウェア開発とテスト技術者に対してうまくターゲティングされたサイトとなっている。

 パナソニック電工ISは、分散開発環境における開発業務の変革を目指してBTOソリューションを提供している。また、HP Quality Centerと連携するソフトウェア開発ALMプラットフォームソリューションとしてCollabNetが提供するSaaSプラットフォーム「CollabNet TeamForge」を販売している。

関連キーワード

運用管理 | HP Software(OpenView)




Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ