ニュース
» 2010年03月03日 07時40分 UPDATE

Google Chromeの最新βリリース 翻訳機能追加とプライバシー向上

Windows向けにリリースされたGoogle Chromeの最新β版にはページの自動翻訳機能が追加され、サイトごとにCookieなどのプライバシー項目を設定できるようになった。

[ITmedia]

 米Googleは3月1日、Webブラウザ「Google Chrome」のWindows向け最新β(バージョン4.1.249.1021)をリリースしたと発表した。Google Chromeのβページからダウンロードできる。

 最新βには、Webページの自動翻訳機能が追加された。Chromeのオプション設定で選択した言語以外のページを表示すると、ページ上部に例えば「これは[英語]のページです。翻訳しますか?」などと表示され、「翻訳」を選ぶと自動的に設定言語に翻訳される。オプションであらかじめ翻訳しないページを設定しておくこともできる。

chrome translate

 また、プライバシーの設定が強化された。オプション設定の「高度な設定」に「コンテンツの設定」メニューが追加され、サイトごとに、Cookie、画像、JavaScript、プラグイン、ポップアップについて設定できるようになった。

chrome privacy

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -