ニュース
» 2010年03月18日 08時51分 UPDATE

Google、Microsoft ExchangeからGoogle Appsへの簡易移行ツールを公開

Exchangeのメールや予定表を4ステップで移植できるオンラインツールの無料公開で、Google Appsの企業利用拡大を狙う。

[ITmedia]

 米Googleは3月17日、Microsoft Exchangeのユーザー企業向けに、Google Appsへの移行を簡易化するオンラインツール「Google Apps Migration for Microsoft Exchange」を公開したと発表した。Gogle Appsの有料版ユーザーは、Google Appsのページから無料でダウンロードできる。

 同ツールで移行できるのは、Exchange 2003および2007のメール、予定表、連絡先のデータで、オンプレミスとホスティングの両方に対応する。わずか4ステップの設定で実行でき、数百人分のデータを同時に移行できるという。また、従業員によるMicrosoft Exchangeの利用を中断させることなく移行作業を行えるとしている。移行するデータは、受送信した期間やフォルダなどで個別に設定することもできる。

apps

 Googleは、Google Appsユーザー企業向けのアプリストア「Google Apps Marketplace」を立ち上げるなど、このオフィススイートのシェア拡大に注力している。同社によると、最近ではJaguar Land Rover、National Geographic、コニカミノルタなどの企業がGoogle Appsを採用しており、2500万人以上が「gone Google(Google Appsに移行)」したという。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -