ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「Google Apps Marketplace」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Google Solutions Marketplace」から名称変更

マルチデバイスで使える強力なコラボレーション機能
Googleは「Google for Work」にどこまで本気? 企業ユーザーを魅了できるか
Googleの「Google for Work」ブランドで数多くの企業向けサービスを提供している。その中のコラボレーションサービスについて、どのような展開を進めているのか紹介する。(2016/5/20)

Windowsシステム管理者のためのGoogle Apps入門:
第4回 Google Apps for Businessの初期設定と管理方法を知る
Google Appsの導入後には少ないながら初期設定が必要だ。そのために、設定メニューの全体像や管理コンソールを使いやすく構成する方法、スマートフォン/タブレットからの管理手段、初期段階で設定すべき項目や確認が推奨される項目について解説する。(2014/1/20)

ビジネスニュース 企業動向:
Googleが「MIPS版」Androidにてこ入れ
ほとんどのAndroidタブレットはARMプロセッサコアを搭載している。だが、プロセッサコアの候補は他にもある。「MIPS」と「x86」だ。GoogleはMIPS対応に力を入れている。まずMIPS用コンパイラを投入し、数カ月以内にはMIPS向けのABI(Application Binary Interface)をAndroidに追加する。MIPS採用はコスト面で有利であり、性能も十分だという。(2012/4/19)

失くしたAndroid端末をリモート操作で見つけ出すアプリ「Free Android Security」――Avira
独Aviraは、Android端末の位置把握やデータロック/消去機能を備えた「Avira Free Android Security」の無料公開を開始した。(2012/3/28)

安藤幸央のランダウン(55):
開発者は覚えておきたいアプリストア/マーケット大全
「Java News.jp(Javaに関する最新ニュース)」の安藤幸央氏が、CoolなプログラミングのためのノウハウやTIPS、筆者の経験などを「Rundown」(駆け足の要点説明)でお届けします(編集部)(2011/2/7)

salesforce.com、タスク管理のManymoonを買収、TwitterクライアントのSeesmicに出資
salesforce.comが「Chatter」強化を狙い、タスク管理ツールを提供するManymoonを買収した。また、最近企業市場にシフトしつつあるSeesmicにソフトバンクのグループ企業と共に400万ドル出資した。(2011/2/4)

SAP、クラウドベースのコラボレーションツール「StreamWork」をGoogle Appsに統合
Google AppsのアカウントでSAPのコラボレーション・意思決定ツールの「StreamWork」を利用できるようになった。BlackBerry向けアプリと、セキュリティを強化したエンタープライズ版も発表。(2010/12/7)

Spreadsheets Data APIを使うための基礎知識(3):
GData APIでスプレッドシートの排他制御とバッチ処理
SaaS形式のさまざまなGoogle Appsを操作するGData APIの1つ、Googleスプレッドシートを操作するSpreadsheets Data APIのJavaライブラリの使い方を基本から紹介する入門連載(編集部) (2010/6/4)

GoogleはSalesforce.comを買収すべきだろうか?
DoubleClickやAdMobなど、大規模な買収を繰り広げるGoogleの次のターゲットはどこだろうか。Microsoftに対抗するために、Salesforce.comを買収すべきという意見もある。(2010/6/2)

Google、企業向け「App Engine」とVMwareとの提携を発表
Googleは、開発者向けホスティングサービスを企業向けに強化するとともに、VMwareとの提携を発表し、エンタープライズ市場に注力する姿勢を鮮明にした。(2010/5/20)

Google、Webアプリストア「Chrome Web Store」オープンへ
Googleは、ブラウザから利用できるWebアプリを集めたストア「Chrome Web Store」を年内に立ち上げる。(2010/5/20)

Hotmailの一歩先を:
Google、Gmailでのプレビューを可能にするAPIを公開
サードパーティーはサービスをGmailの受信トレイで利用できるようにするガジェットを、ビジネスアプリストア「Google Apps Marketplace」で提供できる。(2010/5/19)

Google、Microsoft ExchangeからGoogle Appsへの簡易移行ツールを公開
Exchangeのメールや予定表を4ステップで移植できるオンラインツールの無料公開で、Google Appsの企業利用拡大を狙う。(2010/3/18)

Google、ビジネスアプリストアでGoogle Appsエコシステム強化
ユーザーは「Google Apps Marketplace」で購入したサードパーティー製アプリを、OpenIDでのシングルサインオンでGoogle Appsとシームレスに利用できる。(2010/3/11)

Zoho CRMがGoogle Appsと連係、Gmailの組み込みなど可能に
「Zoho CRM」「Zoho Projects」がGoogle Appsとの連係機能を拡張し、GmailやGoogleカレンダーのデータを活用しやすくなった。(2010/3/10)

Google、ビジネスアプリを販売するオンラインストアをオープン
Googleは「Google Apps Marketplace」で、Google Appsユーザー向けに会計ソフトなどサードパーティーのビジネスアプリを販売する。(2010/3/10)

Google、ビジネス版Google AppsにGoogle Voice追加を計画
Googleは今年、Google Appsに200以上の新機能を追加し、有料版向けにはGoogle Voiceを組み込む計画だ。実現すれば強力なUC製品になるだろう。(2010/2/9)

「Google、ビジネス向けソフトのオンラインストア計画」の報道
Googleが、「Google Apps」と連係するサードパーティー製ビジネス向けソフトを販売するオンラインストアを立ち上げると伝えられている。(2010/2/3)

GoogleとSalesforce.com、「Salesforce for Google Apps」を発表
GoogleとSalesforce.comが提携を拡大、SalesforceのCRMアプリにGoogle Appsを統合してリリース。(2008/4/15)

Google、エンタープライズアプリのマーケットプレイスを新設
サードパーティーの開発者は「Google Solutions Marketplace」でGoogle Appsや検索関連のエンタープライズアプリケーションを提供できる。(2008/4/10)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。