ニュース
» 2010年03月24日 07時14分 UPDATE

Safariの競合:Opera、iPhone版「Opera Mini」をAppleに申請したと発表

「Safariの6倍速い」Opera MiniをAppleは承認するだろうか? OperaはApp Storeに申請した瞬間からのカウントアップページを公開し、iPhoneが当たる予想キャンペーンを始めた。

[ITmedia]

 ノルウェーのOpera Softwareは3月23日、モバイルWebブラウザのiPhone版「Opera Mini for iPhone」を、米AppleのApp Storeに登録申請したと発表した。この申請が承認されれば、Appleの「Safari」以外の初めてのiPhone向けWebブラウザになる。

 Operaは2月にMobile World Congress 2010でこのブラウザを披露している。Opera Mini for iPhoneは、iPhoneにデータを送る前にサーバ側でデータを最高90%圧縮するため、ページの読み込みがSafariの6倍速いという。

opera 1

 Appleは以前、iPhoneの機能と競合するアプリ「Google Voice」のApp Storeへの登録を却下したとして、現在も米連邦通信委員会(FCC)が調査している。一方、米Real NetworksはAppleのiTunesと競合するアプリ「Rhapsody」をApp Storeに申請する際に公式ブログで発表し、約2週間後に承認された。

 Operaは、「AppleはいつOpera Miniを承認するか」を予想するキャンペーンページをコミュニティーサイト内に開設した。ページには、Opera MiniをAppleに登録申請した瞬間からの経過時間が表示されており、ユーザーに予想競争への参加を呼び掛けている。最も近い予想を出したユーザーには新品のiPhoneが贈られる。

opera 2

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -