ニュース
» 2010年05月24日 08時11分 UPDATE

Cisco、高速光通信向けDSP企業のCoreOpticsを買収

CiscoはCoreOpticsの買収により、サービスプロバイダーに100Gbpsの伝送技術を提供できるとしている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Cisco Systemsは5月20日(現地時間)、高速光通信向けDSP(デジタル信号処理装置)を手掛ける米CoreOpticsを買収することで合意に達したと発表した。買収は約9900万ドルの現金と株式交換で行われ、2010年下期に完了の見込み。

 CoreOpticsは2001年創業のカリフォルニア州サンノゼに拠点を置く非公開企業。高速光通信用のトランスポンダーを開発、提供している。Ciscoは同社を買収することにより、サービスプロバイダーに対し、ビデオ、モバイル、クラウドサービスの普及で急増しているIPトラフィックにネットワークを対応させるための100Gbpsの伝送技術を提供できるとしている。Ciscoは、世界のIPトラフィックは年率40%の増加率で伸び、2013年には年間で667エクサバイトになると予測している。

 買収完了後CoreOpticsの従業員は、イタリア、インド、米国にあるサービスプロバイダー技術グループの光学エンジニアリングチームに編入される。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -