ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「買収」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「買収」に関する情報が集まったページです。

新VMwareがユーザーとパートナーに与える影響(1):
VMwareの製品再編をユーザーはどれくらい深刻に受け止めるべきか【2024年2月】
Broadcomは買収したVMwareの製品/ライセンス体系を大幅に再編した。これはどれくらい深刻な変化なのか。どのようなユーザー組織にどんな影響を与えるのだろうか。関係者への取材に基づき、具体的に解説する。(2024/2/27)

永久ライセンス終了と一部売却の決定
VMwareの変更にユーザー大困惑……なのにBroadcomの筋書きはぶれない?
BroadcomはVMwareの買収を完了してから、業界を困惑させる方針を矢継ぎ早に打ち出してきた。今回の事業売却の発表も例に漏れない。VMware製品が置かれた現状と、Broadcomの思惑を探る。(2024/2/27)

今後もパートナーシップは継続:
ルネサスがシーカンス買収を断念、TOBを中止
ルネサス エレクトロニクスは2024年2月23日、フランスSequans Communications(シーカンス・コミュニケーションズ)の買収に関する基本合意書を解除したと発表した。これにより2023年9月に開始した公開買い付け(TOB)も終了した。当初、買収は2024年第1四半期までに完了する予定だった。(2024/2/26)

台湾ASEに:
Infineonがフィリピンと韓国の後工程2工場を売却へ
Infineon Technologiesはフィリピンと韓国に所有する後工程の2工場を、大手OSAT(Outsourced Semiconductor Assembly and Test)である台湾ASE Technology Holdingの子会社に売却すると発表した。ASE側は買収後、現在の従業員とともに事業を引き継ぐ。(2024/2/22)

Computer Weekly日本語版+セレクション
Broadcom配下で「脱VMwareが止まらない」の真相
VMwareがBroadcomに買収されたことで、VMwareの製品やサービスを利用する企業にさまざまな影響が出てくると考えられる。岐路に立たされる企業が目を向ける新たな戦略とは。(2024/2/21)

組み込み開発ニュース:
ルネサスが史上最大規模の買収、ECAD大手のアルティウムを約8880億円で
ルネサス エレクトロニクスは、プリント基板設計ツール(ECAD)大手のアルティウム(Altium)を買収すると発表した。買収金額は91億オーストラリアドル(豪ドル)、日本円に換算して約8879億円で、ルネサス史上最大規模の企業買収となる。(2024/2/16)

電子機器設計を容易に:
Altium買収のルネサス 「設計プラットフォーム+半導体の2本柱を作る」
ルネサスは2024年2月15日、PCB(プリント基板)設計ソフトウェアなどを手掛ける米Altiumを買収すると発表した。買収額は約91億豪ドル(約8879億円)。今後、エレクトロニクス設計のプラットフォーム提供を目指す。(2024/2/15)

全株式取得で完全子会社化:
ルネサス、米ソフトウェア企業のAltiumを8800億円で買収へ
ルネサス エレクトロニクスは2024年2月15日、PCB(プリント基板)設計ツールなどを手掛ける米Altiumを買収すると発表した。買収額は、約91億豪ドル(約8879億円)。2024年下半期の買収完了を予定する。(2024/2/15)

産業動向:
施工管理アプリのアンドパッド、不動産向けMAツールを提供するコンベックスを買収
施工管理アプリを提供するアンドパッドは、住宅/不動産向けの営業自動化ツールを運営するコンベックスを買収することで基本合意した。両社のシステムを連携させることで、営業活動から施工管理、アフター管理までの業務を効率化する。(2024/2/15)

日本企業の“米国買い”が活発化 鉄、住宅、化粧品……縮む日本から成長市場に布石
日本製鉄や積水ハウスが米国企業の巨額買収に動くなど、日本企業の対米投資が拡大している。(2024/2/13)

日本企業の“米国買い”が活発化 縮む日本から成長市場に布石
日本製鉄や積水ハウスが米国企業の巨額買収に動くなど、日本企業の対米投資が拡大している。M&A(企業の合併・買収)助言会社のレコフ(東京)によると、2023年に発表された日本企業による米企業のM&Aの件数は前年比で約2割増、金額は約3倍に膨らんだ。人口増加や株高などで堅調な消費が続く成長市場に活路を求める。国内に投資を呼び込む米国の政策に対応する必要性にも迫られている。(2024/2/12)

VMware製品を巡る今後【後編】
「VMware買収」の“全容”見えず VDI含む一部事業の行く先は?
Broadcomは、2023年11月に買収を完了させたVMwareの一部事業を売却する意向だと公表した。売却は本当に成立するのか。今後どのように進む見込みなのかを解説する。(2024/2/8)

生成AI「だけ」では業務は回らない 「OCI Generative AI」はエンタープライズのユースケース網羅をねらう
ミッションクリティカルなエンタープライズアプリケーションと生成AIエンジンの両方を持つことが強み――。Oracleがデータベースとアプリケーション、買収したAI Techを生かして事業をドライブさせようとしている。(2024/2/5)

VMware製品を巡る今後【中編】
VMware製品群はどこへ? 買収に乗り出すのはやはり“あの企業”か
Broadcomが、2023年11月に買収を完了させたVMwareの事業に、「VMware Horizon」を含む事業がある。その売却の意向を表明した同社。買収に乗り出す企業、売却額などはどうなるのか。(2024/2/1)

Microsoft、AI「Copilot」のAzure好調で予想を上回る増収増益
Microsoftの10月〜12月の決算は、売上高、純利益ともに予想を上回る2桁台の増収増益だった。AI統合を進めたクラウド部門が好調だった。Activision Blizzard買収による営業損失も計上した。(2024/1/31)

製造マネジメントニュース:
アマゾン買収断念で再び苦難に直面するアイロボット 大規模リストラも決行
Amazon.comは家庭用掃除ロボット「ルンバ」を手掛けるiRobotの買収に向けた両社の契約終了に合意したと発表した。EUの規制当局による買収の許可を得られなかったとしている。(2024/1/31)

Amazon、iRobotの買収を「EUの承認が得られそうにない」として断念 iRobotのCEOは辞任、大規模リストラも
Amazonは2022年8月に発表したiRobotの買収契約を終了したと発表した。EU規制当局の承認を得られないとの判断だ。iRobotはCEOの辞任を含む大規模リストラを発表した。(2024/1/30)

Nutanix、BroadcomによるVMware買収完了の影響に言及
NutanixのAPJセールス責任者が同社ビジネスの近況を説明した中で、BroadcomによるVMware買収完了とその後のパートナープログラム再編の影響に言及した。(2024/1/29)

Cybersecurity Dive:
Cisco、Splunkに続きeBPF技術を提供するIsovalentを買収 その狙いを考察
CiscoはSplunkの買収に続き、OSSのネットワーキングおよびセキュリティオブザーバビリティベンダーIsovalentを買収することを明らかにした。Isovalentの共同経営者が指摘するその狙いとは。(2024/1/28)

VMware製品を巡る今後【前編】
VMware製品の“一部売却”は現実的か? 全貌見えないBroadcomの思惑
BroadcomはVMware を買収してから、今後に関する重要な方針を幾つか公表してきた。その中には事業売却の話も含まれている。VMwareの製品や技術のこれからの見通しとは。(2024/1/25)

頭脳放談:
第284回 社会を支えるパワー半導体メーカーの再編にルネサスが参入? で、パワー半導体って何
ルネサス エレクトロニクスがGaN(窒化ガリウム)技術を持つTransphorm(米国)の買収を発表した。これによりパワー半導体のポートフォリオを拡充するという。そもそもGaN技術やパワー半導体とはどういったものなのだろうか? 筆者が最新の動向を解説する。(2024/1/22)

CAEニュース:
Synopsysが約350億米ドルでAnsysを買収し、シリコンtoシステム戦略を加速
Synopsysは、Ansysを約350億米ドル(約5.1兆円)で買収すると発表した。買収完了はAnsys株主および規制当局の承認などを経て、2025年上半期を予定する。(2024/1/19)

古田拓也「今さら聞けないお金とビジネス」:
大正製薬、創業家による「7000億円超のMBO」に、投資家の批判が集まるワケ
大正製薬ホールディングス(HD)は2023年11月24日、日本企業としては過去最大の経営陣主導の買収(MBO)を実施すると発表した。このMBOにおいて、創業家が代表を務める企業が株式公開買い付け(TOB)を実施することで市場から株式を買い集める。その総額は約7100億円に達する見込みだ。(2024/1/19)

Broadcomによる買収後のVMware
Broadcomが「VMware買収」をした真の結末とは? 生き残る製品、旅立つ製品
BroadcomがVMwareの買収を2023年11月に完了した。買収後も開発や提供が続く可能性が高いVMware製品、売却になる可能性のある製品は何か。VMware製品が今後どうなるのかを考える。(2024/1/18)

渡邉美樹「経営者目線」:
ワタミ「シンガポールの食品会社」を買収 なぜ?
ワタミは昨年末、シンガポールの食品卸大手「リーダーフード」を子会社化するM&Aを発表した。世界中から食肉や鮮魚を仕入れ、シンガポール中の飲食店や、スーパーマーケットに加工・配達している企業だ。(2024/1/17)

2025年上半期に完了予定:
SynopsysがAnsys買収を正式発表、350億ドル規模
EDA大手のSynopsysが、エンジニアリングシミュレーションソフトウェアなどを手掛けるAnsysをおよそ350億米ドルで買収する。2024年1月16日(米国時間)、両社が発表した。Ansys株主の承認や規制当局の承認などを経て、2025年上半期に完了する予定だ。(2024/1/17)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
ルネサスもTransphorm買収で本格参戦へ、再編が進むGaNパワー半導体業界
市場形成が本格化してきたGaNパワー半導体業界の再編は、近い将来さらに加速していくことが予想されます。(2024/1/15)

セールスフォース・ジャパン幹部に聞く:
買収に頼らず自社開発したCDP「Salesforce Data Cloud」の特徴とは?
社内に分散するあらゆる顧客データを集約し、顧客をより深く理解した上で施策を展開したい――。そんなマーケターのニーズに応えるテクノロジーがCDPである。すでに強力な競合が先行する市場で、Salesforceはどのように独自性を発揮しようとしているのか。(2024/1/15)

組み込み開発ニュース:
GlobalLogicが組み込み技術特化のエンジニアリングサービス企業を買収
GlobalLogicは、組み込み技術に特化したエンジニアリングサービスを提供するMobiveilを買収した。買収により、組み込みソフトウェアやハードウェア、ASIC技術の能力を強化する。(2024/1/12)

買収総額は約492億円:
ルネサス、GaN半導体メーカー・Transphormを買収
ルネサス エレクトロニクスは2024年1月11日、Transphorm(トランスフォーム)を買収すると発表した。買収額は、約3億3900万米ドル(約492億円)。2024年下半期の買収完了を予定する。(2024/1/11)

「AIインフラ」がカギ:
HPEがJuniperを買収へ、Ciscoにどう対抗していくのか
Hewlett Packard EnterpriseがJuniper Networksを買収すると発表した。両社のネットワーク事業を統合し、Cisco Systemsに一矢を報いることができるのか。(2024/1/11)

HPE、ジュニパーネットワークスを買収 約2兆円で
米Juniper Networksが、米Hewlett Packard Enterpriseによる買収に同意。買収額は約140億ドル(1ドル140円換算で1兆9600億円)という。(2024/1/10)

能登半島地震で露呈、イーロン・マスク氏体制「X」の課題 偽情報などで混乱
災害情報をいち早く入手する手段として、SNSが主流になりつつあるなか、1日午後に発生した能登半島地震では、(旧ツイッター)では、2022年の起業家イーロン・マスク氏による買収による運営方針の影響を受け、偽情報の急増や仕様変更による混乱も一部で生じた。専門家はX社が偽情報に対する運用を厳格に行うとともに、利用者も情報の検証をすることが重要だと強調する。(2024/1/9)

VMware買収がもたらす影響
VMware買収の狙いはやはりあれ? レイオフに動くBroadcomの本心
VMwareの買収を2023年11月に完了させたBroadcomは、VMware従業員のレイオフに踏み切った。この動きから、BroadcomがVMware を買収した狙いの一部が見えてきた。(2024/1/9)

「買収完了」でも安心できない
VMware製品が“消える”なんてあり得ない? Broadcom傘下での今後とは
VMware買収後のBroadcomはどう動くのか。喫緊の課題としては、VMware HorizonとCarbon Blackという2つの製品群の行方だ。(2024/1/9)

EDA業界で再び「地殻変動」の兆し?:
SynopsysがAnsys買収を計画か、海外メディア報道
SynopsysがAnsysを買収するというニュースが業界をにぎわせている。買収が実現すれば、2024年のエレクトロニクス設計業界における重要な出来事となるだろう。また、EDA業界やIC設計全般にも大きな影響を与える可能性がある。(2023/12/28)

ついに完了した大型買収
「BroadcomによるVMware買収」は何の始まりなのか?
BroadcomによるVMwareの買収がついに完了した。今後Broadcomはどのような戦略を取るのか。VMware買収により何が始まるのか。(2023/12/26)

BroadcomのVMware買収で高まる不安【後編】
VMware信者をやめるのが「悪くない選択肢」である理由
VMwareがBroadcomに買収されたことで、VMwareの製品やサービスを使う企業は新たな戦略を選択する岐路に立たされている。どのような対処を検討すべきなのか。(2023/12/26)

Imperas Softwareを傘下に:
SynopsysがRISC-V市場に攻勢、シミュレーションツールベンダーの買収で
Synopsysが、RISC-Vのシミュレーションツールを手掛けるImperas Softwareを買収した。RISC-Vを採用したプロセッサIP「ARC-V」を発表したばかりのSynopsysは、RISC-Vのエコシステム形成に力を入れる。(2023/12/25)

SaaS for SaaSの世界:
SaaS管理が情シスに“刺さる”背景 freeeが買収した「Bundle」の戦い方は
SaaSの急増に伴い注目されるSaaS管理サービス。しのぎを削るメインプレイヤーたちに取材し、サービスの特徴や戦略を探る。今回はfreeeに目を向ける。(2023/12/25)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
日本製鐵のUSスチール買収、円安なのになぜ? 「数千億円の損失」リスクも
日本製鐵のUSスチール買収のニュースは、日本のみならず米国の一般市民やバイデン大統領さえ懸念を隠さないほどの衝撃をもたらした。しかし、今の為替レートは数十年ぶりの歴史的な円安だ。同社はなぜ今、買収に踏み切ったのか。(2023/12/22)

Microsoftに買収されたActivision BlizzardのコティックCEOが12月末に退社へ
Microsoftによる買収が10月に完了したActivision Blizzardのボビー・コティックCEOが12月29日に退社する。同社の各スタジオはXboxのマット・ブーティ氏直属になる。(2023/12/21)

BroadcomのVMware買収で高まる不安【前編】
Broadcom配下で「脱VMware」が止まらない?
これまでに買収した企業の事業を売りさばいてきたBroadcomが、VMwareを買収した。VMwareの製品やサービスを利用する企業にとって、今回の買収は事業にまで影響を及ぼす変化を生む可能性があるという。その影響とは。(2023/12/20)

製造マネジメントニュース:
日本製鉄がUSスチールを2兆円で買収、粗鋼生産能力は8600万トンに
日本製鉄は、同社の米国子会社である NIPPON STEEL NORTH AMERICAを通じ、米国の鉄鋼メーカーであるUnited States Steelを買収することを発表した。(2023/12/19)

アドビ、Figmaの買収を断念
米Adobeは、デザインコラボレーションツールを手掛ける米Figmaの買収を断念すると発表した。同買収については、欧州委員会や英国の競争・市場庁などが懸念を示しており、買収に必要な承認が得られないと判断したことから合併契約の終了を決めた。(2023/12/18)

「先進半導体パッケージの事業化を支援」:
富士通が新光電気を売却へ JIC、大日本印刷、三井化学に
富士通が、半導体パッケージ基板を手掛ける子会社の新光電気工業を、政府系ファンドの産業革新投資機構(JIC)などに売却すると発表した。買収総額は約6850億円に上る見通し。(2023/12/13)

英規制当局、MicrosoftとOpenAIの関係が“関連する合併状況”かどうかの調査開始
英政府競争規制当局の競争・市場庁(CMA)は、MicrosoftとOpenAIの関係が英国市場に影響する“合併状況”かどうか、利害関係者に意見を求めていると発表した。Microsoftのブラッド・スミス氏は「GoogleによるDeepMind買収とは違う」とポストした。(2023/12/9)

FC-BGAの生産能力を増強:
TOPPANがJOLEDの工場を買収、次世代半導体パッケージ開発/量産へ
TOPPANが、2023年3月末に経営破綻したJOLEDの能美事業所(石川県能美市)を買収した。次世代半導体パッケージの開発/量産ラインを構築する予定で、2027年以降の稼働を目指す。(2023/12/6)

Cybersecurity Dive:
Splunk、2023年の最新のレイオフで従業員の7%を削減 Cisco買収との関係は?
SplunkはCiscoが同社を買収する旨の合意をしてから6週間も経たないうちに、従業員の7%、少なくとも500人のレイオフを発表した。(2023/12/3)

買収は完了したが……:
Broadcomが買収したVMwareを4部門に分割、深まる謎
BroadcomによるVMwareの買収プロセスが完了した。だが、Broadcomは公表することなくVMwareを4つの部門に分割した。この4つの部門を束ねるリーダーは置いていない。VMwareはどう変わっていくのか。(2023/11/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。