ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「買収」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「買収」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

5営業日以内に買収完了:
InfineonのCypress買収、全承認を取得し取引完了へ
Infineon Technologies(インフィニオン テクノロジー)は2020年4月7日(ドイツ時間)、Cypress Semiconductor(サイプレス セミコンダクタ)の買収に必要とされる規制当局からの全ての承認が得られた、と発表した。同日から5営業日以内に買収取引を完了する予定だ。(2020/4/8)

Apple、音声AIを使いやすいAPIで提供する「Voysis」を買収
アイルランドのAIスタートアップ買収により、AppleはSiriを強化するのではないかと見られている。(2020/4/7)

戦略転換は受け入れられるか
IntelがAIプロセッサ「Nervana」の開発を打ち切り、「Habana」に注力する理由
IntelがAIプロセッサ「Intel Nervana」シリーズの開発打ち切りを表明した。代わって同社は2019年に買収したHabana Labsのプロセッサに注力する。同社の行動が意味するものとは。(2020/4/7)

Apple、360動画ストリーミングの「NextVR」を1億ドルで買収か?
開発陣はAppleとみられるペーパーカンパニーに雇用されているようだ。(2020/4/6)

Niantic、AR企業6D.aiを買収 3Dマッププラットフォーム「Real World Platform」に統合へ
「Pokemon GO」などのARゲームを手掛けるNianticが、3Dマップ開発ツールを手掛ける新興企業6D.aiを買収した。6D.aiのツールはNianticのARプラットフォーム「Real World Platform」に統合される。(2020/4/1)

Apple、アメリカ天気予報アプリジャンル1位の「Dark Sky Weather」を買収
天気アプリだけでなく、Appleマップも強化される可能性も。(2020/4/1)

Facebook、コンシューマー向けARメガネ開発でAppleも狙っていたPlesseyと提携
ARメガネ開発中のFacebookが、Appleも買収を検討していたという英マイクロLEDディスプレイ企業Plesseyと独占技術契約を結んだ。(2020/3/31)

コロプラ、「STEINS;GATE」など開発のMAGES.を買収 IP創出力をモバイルゲーム事業に活用
MAGES.は19年にドワンゴから独立していました。(2020/3/30)

CAEニュース:
フォトニック設計とシミュレーションツール開発企業を買収
Ansysは、フォトニック設計とシミュレーションツールを開発するLumericalを買収する。今回の買収により、最高クラスのフォトニックシミュレーションが同社のマルチフィジックスポートフォリオに加わる。(2020/3/30)

シャープ、NECのディスプレイ事業を買収 国内外で強みを相互補完
シャープが、NEC傘下のNECディスプレイソリューションズの株式66%を取得して子会社化する。取得額は92億4000万円。(2020/3/25)

材料技術:
材料エンジニアリングを強化、有限要素ソフト開発会社を買収
Siemensは、有限要素ソフトウェア「MultiMech」を手掛けるMultiMechanicsの買収を発表した。「TRUE Multiscale」シミュレーションテクノロジーを3Dシミュレーションプラットフォーム「Simcenter 3D」に統合し、先端素材の採用を加速化させる。(2020/3/24)

Wi-Fi 6の開発加速に向け:
シリコン・ラボがRedpineの無線事業を買収
Silicon Labsは2020年3月12日(米国時間)、米国シリコンバレーに拠点を置くRedpine Signalsのコネクティビティ事業を買収することで合意したと発表した。(2020/3/18)

GitHub、JavaScriptパッケージ管理のnpmを買収
Microsoft傘下のGitHubが、サーバ側で動作するJavaScript「Node.js」パッケージを管理するオープンソースツール「npm」を提供するnpmを買収する。将来的にはnpmをGitHubに統合していく計画。(2020/3/17)

SiCとともにポートフォリオを強化:
STマイクロ、フランスのGaN企業を買収へ
STMicroelectronics(以下、ST)は2020年3月5日(スイス時間)、GaN(窒化ガリウム)パワー半導体を手掛けるフランスExaganを買収することで合意したと発表した。STは、Exaganの株式の過半数を取得する。(2020/3/13)

3Dプリンタニュース:
DMLSプリンタ対応のソフトウェア開発企業を買収
シーメンスは、直接金属レーザー焼結プリンタ対応のソフトウェアを開発する、Atlas 3Dを買収する契約を締結した。買収により、アディティブマニュファクチャリングのポートフォリオを拡張していく。(2020/3/11)

材料技術:
旭化成が185億円で自動車内装材事業を買収、欧州市場の強化へ
旭化成は2020年3月6日、米国の大手自動車シートサプライヤーAdientから自動車内装ファブリック事業を1億7500万ドル(約185億3048万円)で買収すると発表した。(2020/3/11)

CFIUSが安全保障上のリスクを指摘か:
InfineonのCypress買収が大幅遅れ、破談も?
米国の対米外国投資委員会(CFIUS)が、Infineon Technologies(以下、Infineon)によるCypress Semiconductor(以下、Cypress)の買収を、国家安全保障上のリスクが両社の株式の下落を引き起こしたという理由から、阻止することを推奨している可能性があるという。(2020/3/9)

スマホ決済サービス「Origami Pay」が段階的にサービスを終了 6月30日22時をもって全て終息へ
メルペイ(メルカリ子会社)が同業のOrigami(オリガミ)を買収することを発表してから約1カ月。Origamiがスマホ決済サービスを段階的に終了することを発表した。(2020/2/28)

2020年がターニングポイントに?:
スマホ決済の勝者はこのまま「QRコード決済」になるのか? 一筋縄ではいかないこれだけの理由
キャッシュレスブームの主役ともいえるスマホ決済。ヤフーとLINEが経営統合を発表し、一方ではメルカリがOrigamiを買収するなど再編の動きが進む。業界「内」の淘汰は進むが、業界「外」にまだまだ強敵がいるようで……。(2020/2/28)

IIoT市場での拡大を加速:
Dialog Semiconductor、5億米ドルでAdesto買収へ
Dialog Semiconductor(以下、Dialog)は2020年2月20日(現地時間)、Adesto Technologies(以下、Adesto)を5億米ドルで買収する予定だと発表した。これによりDialogは、過去12カ月間でIoT(モノのインターネット)関連企業の買収を3回行ったことになる。(2020/2/26)

Facebook、VRゲームのSanzaru Gamesを買収 Oculus Studio傘下に
Facebookが人気VRゲーム「Asgard’s Wrath」などの開発元であるSanzaru Gamesを買収した。Oculus Studio下の独立スタジオとして、Oculus向けゲームを開発していく。(2020/2/26)

GoogleがCornerstone Technology買収を発表 メインフレームからGoogle Cloudへのマイグレーションサービス強化へ
米Googleが、マイグレーション支援ベンダーのCornerstone Technologyを買収したことを発表。Cornerstone Technologyは、顧客のレガシーシステムからモダンなシステムへのマイグレーション支援を行うベンダー。同社の買収により、メインフレームからGoogle Cloudへのマイグレーションサービスを強化する。(2020/2/20)

Twitter、SNSのストーリー編集アプリのChroma Labsを買収
Twitterが、InstagramやSnapchatの「ストーリー」編集用アプリ「Chroma Stories」の開発元Chroma Labsを買収した。Chroma Storiesの提供は終了する。(2020/2/19)

Dell、EMC買収で獲得したセキュリティ企業RSAを21億ドルで売却
Dellが2016年にEMC買収で獲得したセキュリティ企業RSAを約21億ドルで売却する。EMCが2006年にRSAを買収したのとほぼ同額だ。(2020/2/19)

ディスプレイ産業フォーラム 2020:
2020年は“ローラブルディスプレイ元年”に?
市場調査会社であるIHS Markit(テクノロジー系の大部分をInfoma Techが買収し、現在移管中である)が2020年1月30〜31日に、東京都内で「第38回 ディスプレイ産業フォーラム 2020」を開催。今回は、FPDの新しい技術についてまとめる。(2020/2/17)

Habanaにリソースを移行:
Intel、NervanaのAIチップ開発を打ち切りへ
漠然とではあるが推測されてきた通り、IntelがNervanaのデータセンター向けAI学習用チップ「NNP-T」ならびに推論チップ「NNP-I」を打ち切った。最近買収したHabana Labs(以下、Habana)のチップ「Gaudi」と「Goya」の方を選択したとみられる。(2020/2/12)

米連邦取引委員会、GAFA+Mに独禁法関連報告を要請
米連邦取引委員会(FTC)がAlphabet(傘下のGoogleを含む)、Amazon.com、Apple、Facebook、Microsoftに対し、2020年以降に行ったすべての買収に関する情報の提出を要求した。報告に基づいて、買収が競争上の懸念を引き起こしていないかなどについて調査する計画。(2020/2/12)

ソニーのInsomniac Games買収総額は249億円
ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)が昨年8月に発表した米ゲームメーカーInsomniac Gamesの買収総額は248億9500万円だった。ソニーが米証券取引委員会(SEC)に提出した財務報告書で明らかになった。(2020/2/11)

製造マネジメントニュース:
ダイヘンがドイツのロボットシステム開発会社を買収、自動化対応力強化
ダイヘンは、ドイツのロボットシステムインテグレーターLASOtech Systemsを買収した。同社が得意とするアーク溶接の前後工程に、ラゾテックのハンドリングアプリケーションを活用することで、工場全体の自動化対応力を強化する。(2020/2/10)

Spotify、スポーツPodcastのRingerを買収 「MAUの16%がPodcastを利用」
Podcastに注力するSpotifyが、スポーツPodcastのThe Ringerを買収する。同社は第4四半期決算発表で、MAUの16%がPodcastを利用し、総再生時間は昨年より200%増加したと語った。(2020/2/6)

自作は危険!:
SoCインターコネクトの内製化に潜むリスク
Facebook、Intelはそれぞれ、SoC(Systems on a Chip)向けインターコネクト技術を開発する企業を買収しました。しかし、両社は「DIY(自作)はしない」という意識的な決定を下しています。なぜ、インターコネクト技術を内製しないのか。インターコネクト技術の内製化に潜むリスクを考えます。(2020/2/6)

新ソリューション「Cisco Duo Security」を日本で提供へ:
「ネットワークをつなぐだけ」の時代は終わった シスコが約2億ドルの企業買収で挑む“ゼロトラストセキュリティ”とは
シスコが新たに統合型のゼロトラストセキュリティ戦略を発表した。その重要部分となるのが、同社が2億ドルを投じて買収したDuo Securityの多要素認証ソリューションだ。ネットワークを手掛けながらセキュリティベンダーを名乗る同社の新戦略の内容と、新ソリューションの役割とは。(2020/2/5)

Googleはなぜノーコード開発ツールのAppSheetを買収し、1年半前に正式版になったばかりのApp Makerを終了させるのか?
Googleは先日、コーディング不要でアプリケーション開発ができる「AppSheet」を買収した。それに伴い、2018年から提供していたノーコード開発ツール「App Maker」は終了する。なぜ、このような判断を下したのだろうか?(2020/2/3)

Google、「App Maker」を2021年終了 買収した「AppSheet」への移行を推奨
Googleが、「G Suite」向けオンプレミスアプリ開発ツール「App Maker」を来年1月に完全終了すると発表した。同社はこの発表の数日前、競合するアプリ開発ツール「AppSheet」を買収しており、顧客にはApp MakerからAppSheetへの移行を勧めている。(2020/1/28)

Twitterが葬った6秒動画アプリ「Vine」、「Byte」として復活
Twitterが買収して自社アプリとして公開し、2016年に終了した「Vine」の共同創業者が、ほぼ同じ機能の6秒動画アプリ「Byte」をiOSおよびAndroidのアプリストアで公開した。間もなくクリエイター支援プログラムも立ち上げる計画だ。(2020/1/25)

メルペイ、「Origami Pay」提供元を買収 スマホ決済サービスを統合
メルペイがOrigamiを買収する。Origami Payのサービスとブランドは、メルペイに統合する方針。大企業のチェーン店に限らず、地域の中小事業者にもキャッシュレス決済の導入を促していく考えだ。(2020/1/23)

メルペイがOrigamiを買収 Origami Payは「メルペイ」に統合へ
中小企業を中心に導入を推進するとのこと。(2020/1/23)

メルペイがOrigamiを買収
メルカリ子会社でスマホ決済事業を営むメルペイは、スマホ決済「Origami Pay」を営むOrigamiを買収すると発表した。買収金額は非公開、株式の譲渡は2月25日を予定している。(2020/1/23)

画像処理に注力する:
Apple、エッジAIの新興企業を買収
エッジAI(人工知能)技術を手掛ける米スタートアップXnorが、Appleによってひそかに買収されたと報道されている。(2020/1/17)

Apple、エッジAIのXnor.ai買収を認める
Appleが、エッジAIを手掛ける米Xnor.aiを買収したと報じられ、これを認めた。買収総額は約2億ドルとみられる。(2020/1/16)

オン・セミコンダクター PSGジャパンサイトマネージャー 夏目正氏:
300mm工場も取得、広範製品群で車載中心に拡大へ
省エネ化/低炭素社会のキーデバイスとして、近年注目を集めるパワー半導体。次世代素材の開発など競争が激化する中、主要メーカーはいかに戦っていくのか。今回は、企業/事業買収を積極的に進め急速に規模を拡大してきたOn Semiconductor(オン・セミコンダクター/以下、オンセミ)のパワー・ソリューションズ・グループ(PSG)ジャパンサイトマネジャー、夏目正氏に話を聞いた。(2020/1/15)

Visa、アプリと銀行口座を繋げるユニコーン企業Plaidを53億ドルで買収
Visaがフィンテック企業Plaidを約5800億円で買収する。Plaidは銀行口座とモバイルアプリを接続する“配管”APIを提供する企業だ。CoinbaseやVenmo、American Expressなどが採用している。(2020/1/14)

「ルネサス エレクトロニクス・アメリカ」運営開始:
ルネサス、米国でIDT統合完了、シナジー具現化を強調
ルネサス エレクトロニクス(以下、ルネサス)は2020年1月6日、買収したIntegrated Device Technology(IDT)の米国内での統合が完了し、同月1日付で「ルネサス エレクトロニクス・アメリカ(Renesas Electronics America)」として運営を開始した、と発表した。ルネサスの社長兼CEO(最高経営責任者)柴田英利氏は、「両社のシームレスな統合により、今後さらにデジタルとアナログのシナジー発現を加速させ、より深く、より広い顧客へ高競争力、高付加価値の新ソリューションを提供するとともに、新市場開拓を推進していく」としている。(2020/1/6)

倒産したAnkiのAIロボット「Vector」、“第2の父”Digital Dream Labsが救う
昨年倒産してしまったAnkiのAIロボット「Vector」の資産一式をDigital Dream Labsが買収した。同社はVectorをオフラインでも利用できるようにする「Escape Pod」と、ユーザーが自分のサーバにVectorを接続できるようにする「Dev Vector」を開発する計画だ。(2020/1/6)

製造マネジメントニュース:
村田が産総研発ベンチャーを買収、ハプティクス技術を取り込み
村田製作所は2019年12月25日、ハプティクス(触覚)技術開発などを手掛けるミライセンス(茨城県つくば市)を買収し、完全子会社化する契約に合意したと発表した。(2019/12/26)

次世代型HMI技術の開発を加速:
村田製作所、ミライセンスを買収し完全子会社化
村田製作所は、3D触力覚技術を活用したハプティクスソリューション技術を提供するミライセンスを買収し、完全子会社とする。(2019/12/26)

2020年のクラウド業界も予測:
2019年、AWS以外が「マルチクラウド」をあおった理由――相次いだ買収劇と勢力図の変化を解説しよう
競合同士による協業やクラウドベンダーによる他社の買収劇が相次いだ2019年。読者がよく耳にしたのが「マルチクラウド」「コンテナ」といった用語だったのではないか。その裏側には、これまでの競争の形を大きく変えた各ベンダーの思惑がある。(2019/12/25)

Mobile Monthly Top10:
2019年を振り返る(7月編):IIJが個人向け「eSIM」スタート/DMM mobileを買収した楽天モバイル
法人向けにeSIMサービスを提供していたインターネットイニシアティブ(IIJ)が、7月にβ(ベータ)版ながら個人向けにもeSIMを提供し始めました。その可能性はどのようなものなのでしょうか。(2019/12/24)

エディオン、プログラミング教室「ロボ団」買収
家電量販大手のエディオンは、子供向けプログラミング教室「ロボ団」を全国展開する「夢見る」を買収したと発表した。(2019/12/24)

医療機器ニュース:
血管内治療支援ロボットの先進企業を買収
Siemens Healthineersは、低侵襲治療を目的としたロボットシステムの開発、製造、販売を手掛けるCorindus Vascular Roboticsを買収した。今回の買収により、高精度な画像技術とロボット支援による、低侵襲治療が可能になる。(2019/12/24)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。