ニュース
» 2010年06月09日 07時00分 UPDATE

Microsoft OfficeのWeb版「Office Web Apps」公開

ブラウザ上でOffice文書を編集できる「Office Web Apps」が公開された。文書をほかのユーザーとリアルタイムで共同編集することもできる。

[ITmedia]

 Microsoftは6月7日、Web版Office「Office Web Apps」を米国など一部地域で公開した。

ah_office.jpg

 Office Web AppsはWeb上でWord、PowerPoint、Excel、OneNote文書を編集したり、共有できるサービス。現時点では米国、英国、カナダ、アイルランドのユーザー向けに提供されており、今後ほかの地域にも拡大の予定だ。

 Office Web AppsはOffice.live.comからアクセスでき、Office文書をアップロードしたり、文書を新規に作成することができる。文書はブラウザ上で編集でき、ほかのユーザーとリアルタイムで共同編集することも可能だ。スマートフォンからの文書閲覧にも対応する。

 Office Web Appsは、最新版オフィススイート「Office 2010」と併用するとオフライン編集などの機能を利用できる。Office 2010は来週一般向けに発売される。

関連キーワード

Office | Office 2010 | Microsoft | Office Web Apps | ブラウザ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -