ニュース
» 2010年06月17日 16時11分 公開

HPのベクティ氏、クラウドやMicrosoftでの経験を語る

6月にHPの執行副社長に就任した元MicrosoftのWindows Business担当副社長が、クラウド、データ処理、Microsoftでの経験について語った。

[Nicholas Kolakowski,eWEEK]
eWEEK

 米Hewlett-Packard(HP)のソフトウェア&ソリューション部門の執行副社長に新たに就任したビル・ベクティ氏は6月15日(現地時間)、「HP Software Universe 2010」カンファレンスの開幕セッションにおいてクラウドを論じるとともに、増大するデータの活用と管理をめぐって企業が直面している基本的課題について語った。

 ベクティ氏はメリーランド州にあるゲイロードセンターに集まったメディア関係者とアナリストを前に講演を行った。同センターでは数日にわたり、顧客、パートナー、開発者向けにさまざまなセッションが開かれる。

 「わたしは、企業におけるプロダクティビティ製品の利用方法という面で、非常に劇的な市場の変化を目の当たりにする幸運に恵まれた」とベクティ氏は語り、Microsoftでの勤務経験のおかげで、こういった変化を目撃できたと付け加えた。同氏はMicrosoftで数年間にわたってWindowsの開発に携わった。

 「こういった市場の変化は現在も進行中だ」と同氏は続ける。「ITがビジネスで果たす役割は、ビジネスの要求の変化のために根本的に変化しつつある。IT運用担当者とCIO(最高情報責任者)は、サービスとアプリケーションをどのように提供するかという点に関して幾つかの重要な課題に直面している」

 これらの課題は主としてクラウドに関連したものであり、クラウドをめぐっては、特定のサービスやアプリケーションを仮想化すべきかどうか、パブリッククラウドとプライベートクラウドのどちらを利用すべきか、プラットフォームレベルとアプリケーションレベルのどちらでクラウドを利用するのが効果的かといったことを含め、さまざまな問題があるという。

 「わたしがこういったことを話している間にも、企業でクラウドモデルの普及が加速しているのが現状だ。事実、76%の企業が向こう2年間でプライベートクラウドの導入を進める予定だとしている」とベクティ氏は語った。「コンシューマーの間でも企業の間でも、データの利用量が指数関数的に増加しているが、そのうち約85%は企業のデータだ」

 「デジタルデータが加速的に増加する一方で、セキュリティとコンプライアンスをめぐるIT部門への要求は依然として衰えそうにない。“衰えない”というのは、むしろ控え目な表現だ。セキュリティ問題は減るどころか、さらに増えるだろう」(同氏)

 データの増加にもかかわらず、企業はこの激しい潮流から5%の有効なデータを抽出する必要がある。この作業は「極めて困難であり、ますます難しくなっているが、かつてなく重要になってきた」とベクティ氏は述べ、「企業のビジネス部門とIT部門は、このデータ抽出という共通の目標を追求する中で互いに融合し始める」と指摘した。

 Microsoftで何年間もWindowsの開発に携わってきた同氏が、エンタープライズソフトウェアにフォーカスをシフトできるのかという質問に対して、ベクティ氏はサーバ開発の経験を強調した。

 「わたしはクライアントとサーバの両分野で研究開発に携わった経験がある」とベクティ氏は述べた。「5年あるいは6年間にわたり、Microsoftのサーバインフラ製品の開発業務を管理した。インフラ分野で顧客と共同作業をしたことも多い。仕事の成果は顧客の評価で決まるものだ」

 HP Software Universe 2010カンファレンスでHPは、数種類の新しいソフトウェアプラットフォームを発表した。「HP Business Service Management(BSM)9.0」はIT管理者がアプリケーションのパフォーマンスを管理するためのツールで、「HP Test Data Management(TDM)」はアプリケーションテストの時間を短縮することを狙った製品だ。

 BSM 9.0を利用すれば、IT管理者は社内のITサービスの現状を正確に把握できる。ハイブリッド型の環境にも対応する。このプラットフォームはイベント解決プロセスを自動化する機能を備え、理屈の上ではトラブルシューティングに掛かるコストを削減する。データを適切なチームメンバーに配信するコラボレーションツールも用意されている。

 BSM 9.0には、「HP BAC Anywhere」や「HP Operations Manager i 9.0」などのソフトウェアが含まれる。BAC Anywhereは、管理者が社外のWebアプリケーションをオフサイトで監視するためのサービスだ。Operations Managerは、スマートプラグイン(SPI)を利用してアプリケーションの変更を自動的に検出する。

 HP Test Data Managementは、稼働中のアプリケーションからテストデータを収集するプロセスを自動化するソフトウェアで、マスキング機能と自動データ抽出機能を組み合わせることによりアプリケーションテストにかかる時間を短縮するという。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -