ニュース
» 2010年07月26日 12時51分 UPDATE

楽天証券、基幹系システムにOracle Exadata V2を採用

楽天証券は、可用性とパフォーマンスの向上を目的にOracle Exadata V2を導入する。

[ITmedia]

 楽天証券は、オンライン証券サービスの証券基幹系システムの基盤として日本オラクルの「Oracle Exadata V2」の採用を決定した。日本オラクルと導入プロジェクトを手掛ける新日鉄ソリューションズが発表した。

 採用理由として、Oracle Exadata V2がOracle Database 11g R2の性能を引き出すのに最適なハードウェア構成であることで、バッチなど大量データ処理に高い性能を発揮すること、日本オラクルと新日鉄ソリューションズの事前検証で想定以上のコスト効果が確認できたこと――などを挙げている。

 またIT管理基盤として、「Oracle Enterprise Manager」の採用を併せて決定したという。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -