ニュース
» 2010年08月27日 17時06分 UPDATE

HP、クラウド向けアプリケーション自動化ソフトのStrataviaを買収

HPが、プライベートクラウド構築向けのアプリケーション自動化ツールを手掛けるStrataviaを買収した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Hewlett-Packard(HP)は8月26日(現地時間)、データベースおよびアプリケーション自動化ソフトを手掛ける米Strataviaを買収したと発表した。買収総額などの詳細は公表していない。

 HPは、Strataviaの技術は仮想化システムやクラウドなどで構成されるハイブリッドなIT環境でのアプリケーションの導入や管理の簡易化を支援できるという。また、Strataviaのソリューションはクラウド環境へのデータベース、ミドルウェア、アプリケーションの導入を自動化できることから、同社の買収はHPのクラウド戦略の拡充に役立つとしている。

 Strataviaは2001年創業の、コロラド州デンバーに拠点を置く非公開企業。アプリケーションのライフサイクル全体を自動化するための包括的なソリューション「Data Palette Platform」を提供している。同社はHP、Oracle、Microsoft、IBM、Sybaseのパートナー企業として、それらの企業の製品にData Palette Platformを最適化させている。

 Strataviaの技術は、HPのソフトウェアソリューション部門のポートフォリオに統合される。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ