ニュース
» 2010年11月19日 15時14分 UPDATE

MySpaceがFacebookと提携 「いいね!」情報をオプトインで取り込み可能に

Facebookに大きく水をあけられているMySpaceが、Facebookのユーザー情報を取り込む新機能「Mashup with Facebook」で再活性化を目指す。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米MySpaceは11月18日(現地時間)、米Facebookとの提携による新機能「Mashup with Facebook」を発表した。FacebookとMySpaceの両方を使っているユーザーは、Facebookのプロフィールや「いいね!」、ウォールへの投稿情報をMySpaceにオプトインで取り込むことができる。MySpaceのアカウントを持っていないFacebookユーザーも、OAuthによる認証でMySpaceにログインできる。

facebook

 ユーザーはMySpace.comのトップページに表示される「Mashup with Facebook」ボタン(記事執筆現在、日本のMySpace.comではまだ表示されない)をクリックしてFacebookのアカウントでログインすると、データ取り込みを許可するための画面が表示される。「許可する」をクリックするとFacebookの個人情報に基づいてMySpaceが抽出した映画やアーティスト、テレビ番組が10ずつレコメンドされる。この画面で「Go Now」ボタンをクリックすると、Facebookの個人情報のMySpaceでの利用を許可したことになる。

 MySpaceは今後、Facebookの「いいね!」ボタンをMySpace内に設置することも計画している。

 ユーザー数でFacebookに大きく水をあけられているMySpace(Facebookは4億人以上、MySpaceは1億人以上)は、今回の新機能で少なくとも疎遠になっているユーザーを呼び戻すことができるかもしれない。一方、ユーザーデータのエクスポートに制限を設けており、Googleから「ユーザーを“データの袋小路”に置き去りにする」と非難されているFacebookは、ユーザー情報をユーザーのものとして尊重している姿勢を示したことになる。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

関連キーワード

Facebook | MySpace | 新機能 | オプトイン | Likeボタン | OAuth | SNS


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -