ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「オプトイン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「オプトイン」に関する情報が集まったページです。

Spotify、ラジオ番組をPodcastに変換するツールのWhooshkaaを買収
Spotifyは、ラジオ番組を簡単にPodcast化するツールを手掛けるWhooshkaaを買収すると発表した。昨年買収したPodcast広告プラットフォームのMegaphoneに統合し、Podcastクリエイターの収益化を促進する。(2021/12/17)

海外医療技術トレンド(77):
フィットネストラッカーにも広がる米国のセキュリティ規制、異業種連携も加速
前回の連載第76回では米国の医療機器サイバーセキュリティ規制動向を取り上げたが、医療機器に該当しない健康アプリケーション/機器でも、新たな規制に向けた動きが顕在化している。(2021/11/12)

Meta(旧Facebook)、Facebookでの顔認識機能停止へ 10億人以上のテンプレートは削除
Meta(旧Facebook)は、Facebookアプリでの顔認識機能をシャットダウンすると発表した。数週間中に顔認識テンプレートが削除され、写真のタグ付け提案などの機能が使えなくなる。メタバースへのシフトに向けて、プライバシーの懸念を減らす狙いだ。(2021/11/3)

Python最新情報キャッチアップ:
Python 3.10の新機能:型ヒントに関連する新機能
Pythonで静的な型付けを行いながらプログラミングを行うために使える型ヒントに関連する機能がPython 3.10でどのように強化されたかを紹介する。(2021/10/15)

Python最新情報キャッチアップ:
Python 3.10の新機能:with文の強化/エラーメッセージの改善/EncodingWarningクラス
ネストしたコンテキストマネジャーを簡潔な記述、分かりやすくなったエラーメッセージ、EncodingWarningクラスを取り上げる。(2021/10/12)

Python最新情報キャッチアップ:
Python 3.10の新機能:「構造的パターンマッチ」とは
Python 3.10で追加された構造的パターンマッチ(match〜case文)の概要と各種パターンの記述方法をサンプルコードと共に紹介する。(2021/10/8)

MLモデルを使ってプログラミング言語を自動検出:
「Visual Studio Code」の「August 2021」リリース(バージョン1.60)が公開
Microsoftはクロスプラットフォームエディタ「Visual Studio Code」の最新版「August 2021」リリース(バージョン1.60)を公開した。自動言語検出やブラケットペアの色分けなど、ワークベンチやエディタ、ターミナル、デバッグ、ノートブック、言語などの機能が強化されている。(2021/9/10)

今日のリサーチ:
iOS 14.5へのアップデート率は全世界で71%、ATTオプトイン率は全体の47%に――AppsFlyer調査
AppleがATTフレームワークを本格導入して3カ月以上が経過しました。アプリデベロッパーや広告主、アプリユーザーがどのように反応したのでしょうか。(2021/9/8)

広告主が今すぐ対応すべきこと:
ポストIDFA時代のモバイルプログラマティック戦略
2021年4月に始まったAppleのIDFA利用制限はモバイル広告にどのような変化をもたらすのか。InMobiで日本事業の責任者を務める井料武志氏が解説する。(2021/8/30)

Facebook、Messengerの音声と動画チャットもE2EEにするテスト開始
Facebookがメッセージサービス「Facebook Messenger」の音声および動画チャットもE2EE(エンドツーエンド暗号化)できるようにするテストを開始した。テキストメッセージは既に可能だ。(2021/8/16)

Apple、児童保護目的でユーザーの「メッセージ」とiCloudの「写真」の画像検出を実施へ
Appleは児童保護の目的でユーザーのコンテンツを検出する機能を追加する。「メッセージ」とiCloudの「写真」が対象。まずは米国で年内に開始する計画だ。(2021/8/6)

Googleが考えるプライバシーの在り方 「広告にはユーザーデータを使わない」
Web検索やマップ、カレンダーなどさまざまなWebサービスを展開するGoogleは、同意を得た上でユーザーの情報を収集、分析し、サービスに活用している。同社はサービス設計の段階でプライバシーに配慮し、世界最高水準のセキュリティを確保することを基本方針としている。Googleがユーザー同士の会話を盗み聞きすることもないという。(2021/6/30)

これからどうなる?:
Google、ChromeでのサードパーティーCookie廃止を2023年まで延期 アドテク各社がコメント
GoogleがWebブラウザ「Chrome」におけるサードパーティーCookieのサポート完全廃止を2023年後半まで延期と発表。広告プラットフォーム各社が発信したメッセージをまとめた。(2021/6/28)

Facebook年次開発者会議「F8 Refresh」基調講演で発表されたことまとめ
Facebookは2年ぶりに年次開発者会議を「F8 Refresh」としてオンラインで開催した。その基調講演で発表されたことをまとめる。ビジネス向けツールや「Spark AR」の新API、AIフレームワークの「Pytorch」の進捗などが発表された。(2021/6/4)

Googleアカウント、間もなく自動的に2段階認証に(オプトアウト可能)
2段階認証によるログインを推奨するGoogleが、間もなくGoogleアカウントへのログインを自動登録にすると発表した。2段階認証に設定していないユーザーも設定するよう促される。(2021/5/7)

Google、睡眠モニター機能つきスマートディスプレイ「Nest Hub(第2世代)」日本でも発売 1万1000円
Googleが3月に米国で発売したスマートディスプレイ「Nest Hub(第2世代)」を日本で5月5日に発売する。価格は先代より安い1万1000円。「Soli」センサーとマイクを使う「睡眠モニター」機能付きだ。(2021/4/22)

Googleさん:
歩きポケモンしてるとGoogleさんに叱られる
歩きスマホをしていると「前方注意」と警告し、夜ふかししていると「もう寝なさい」といさめるGoogleさん。なんでもお見通しでちょっと怖い?(2021/4/18)

有料版Slackに外部ユーザーとDMでやり取りし、チャンネルにも追加できる「Slackコネクト」
Slackの有料版で、社外の人をメールで招待し、Slack内でダイレクトメールでやり取りできるようになった。管理者が承認すれば、チャンネルに参加してもらうこともできる。(2021/3/25)

Google、スマートディスプレイ「Nest Hub」第2世代を100ドルで 「Soli」での睡眠サポート付き
Googleが2018年に発売したスマートディスプレイ「Nest Hub」の第2世代を99.99ドル(約1万1000円)で米国などで発売した。「Pixel 4」で使えたモーションセンサー「Soli」を搭載し、ベッドサイドに置けば、身に付けずに機能する睡眠トラッカーとしても使える。(2021/3/17)

「無料アプリがなくなる」とFacebook
Facebookが「Appleのプライバシー保護強化」に異例の批判 双方の言い分は?
Appleは同社製デバイスユーザーに関する新たなプライバシー保護策の導入を進めている。これに対してFacebookは異例の批判を始めた。それはなぜなのか。(2021/1/30)

2020年改正個人情報保護法の解説 〜EUの一般データ保護規則(GDPR)との比較も含めて
2020年6月に改正案が可決された個人情報保護法。個人データを利用する事業者にはどのような規制が適用されるのか。(2020/12/29)

「Google Pay」、口座サービス「Plex」やワリカン機能追加、ロゴ変更などの大幅刷新(まずは米国で)
Googleのモバイル決済アプリ「Google Pay」が米国で大幅に刷新された。「あなたと友人、企業との関係を中心に設計」し、ワリカン確認ツールやクーポンの自動追加、財務管理機能などが追加された。来年にはCitigroupなどの銀行との提携による口座サービス「Plex」も始動する。(2020/11/19)

医療ITニュースフラッシュ
薬剤師500人に聞いた「電子薬歴システム」最大の課題とは?
薬剤師は電子薬歴システムにどのような不満を抱いているのか。その原因とは。薬剤師約500人に聞いた調査結果から、オンライン服薬指導の新サービスまで、医療ITに関する主要なニュースを6本取り上げる。(2020/10/31)

世界のモバイルアプリトレンドを読む:
新型コロナ接触確認アプリ プライバシーと感染抑止の間で揺れ動く各国の対応
欧米では新型コロナ「第2波」への危機感が高まっています。主要国における接触確認アプリ事情をまとめました。(2020/10/30)

Zoom、E2E暗号化の“第1フェーズ”を来週ロールアウト 無料ユーザーも利用可能
Zoomが5月に予告したWeb会議のエンドツーエンド暗号化(E2EE)のプレビュー版を来週提供すると発表した。ホストと参加者の双方が有効化して使う。無料ユーザーの場合は、悪用回避のため追加の認証プロセスが必要だ。(2020/10/15)

新型コロナ接触通知技術「Exposure Notifications Express」が登場しても「日本ではCOCOAが必要」な理由
iOS 13.7はアプリをインストールしていなくても「接触通知」の項目が追加される。だがCOCOAアプリは必要なのだ。その理由を解説する。(2020/9/4)

「iOS 13.7」リリース 新型コロナ接触通知、アプリなしで可能に【追記あり】
Appleが「iOS 13.7」をリリースした。AppleとGoogleが新たにリリースした新型コロナ接触通知システムに対応。各国の公衆衛生当局がこのシステムを採用すれば、ユーザーは専用アプリをダウンロードしなくてもオプトインするだけで接触通知を受けられるようになる。(2020/9/2)

AppleとGoogleの曝露通知、「Express」で当局の負担軽減
AppleとGoogleが新型コロナウイルス対策で協力して提供している曝露通知システムのフェーズ2として、国や地域の公衆衛生当局が独自アプリを開発する必要のない「Exposure Notification Express」を発表した。当局がオプトインすれば、iOS 13.7以降はアプリのダウンロードが不要になる。(2020/9/2)

Amazon、フィットネスバンド「Halo」発売 声による対人関係解析や体脂肪計搭載
Amazonが、メンタルヘルスも重視するフィットネスバンド「Amazon Halo」を発表した。ユーザーの声から対人関係を解析したり、ボディスキャンから体脂肪率を測る機能を搭載。価格は本体は99.99ドルで、連携するサブスクサービスが月額3.99ドル。(2020/8/28)

Google、Android端末利用のグローバルな地震検知ネットワークを構築
Googleが、Android端末の加速度計を活用するグローバルな地震検知ネットワークの構築を発表した。Google検索結果に最寄りで発生した地震を表示する他、将来的にはこのネットワークに基づく緊急地震警報を表示する計画だ。(2020/8/12)

新型コロナウイルス接触確認アプリは本当に感染者を減らすことができるのか
COCOAのリリースから約1カ月半が経過した。その現状や課題を考察。(2020/8/4)

内閣府副大臣が説明:
コロナ接触確認アプリ「6割目標ではない」「義務化ない」
新型コロナウイルス接触確認アプリ(通称:COCOA)について、当初開発を主導した内閣府の「新型コロナウイルス感染症対策テックチーム」事務局長を務める平将明内閣府副大臣が2020年7月31日、報道関係者向け説明会を実施。COCOAの現状や課題の認識、今後の広報施策などについて語った。(2020/8/4)

内閣府が語る「接触確認アプリ」開発の経緯 「インストール義務化は信義則に反する」
新型コロナウイルスのクラスタ対策を目的として政府が提供するスマートフォン向けの接触確認アプリ「COCOA」。6月19日のリリース以来、7月31日までに996万件ダウンロードされている。COCOA投入までは紆余(うよ)曲折もあり、政府の説明不足から誤解を招いている点も否めない。(2020/7/31)

これ、個人データですよね:
フリークス、コロナ接触確認アプリ適法性を精査する――プライバシーフリーク・カフェ(PFC)リモート大作戦!03 #イベントレポート #完全版
アプリがひも付けるのは個人データなのか、胴元は国でよかったのか――Apple、GoogleのAPIを採用して作った新型コロナウイルス感染症(COVID-19)接触確認アプリは最適なのか、鈴木正朝、高木浩光、板倉陽一郎、山本一郎の4人が適度な距離を保って議論した。※本稿は2020年6月10日に収録したオンラインセミナーの内容に加筆修正を加えたものです(2020/7/30)

厚労省のアプリに代替案はあるのか:
キャリアのGPSを使う? アプリをプリインストール? QRコードにキャッシュレス?――プライバシーフリーク・カフェ(PFC)リモート大作戦!02 #イベントレポート #完全版
日本国は巨大プラットフォーマーに負けたのか?――Apple、GoogleのAPIを採用して作った新型コロナウイルス感染症(COVID-19)接触確認アプリは最適なのか、鈴木正朝、高木浩光、板倉陽一郎、山本一郎の4人が適度な距離を保って議論した。※本稿は2020年6月10日に収録したオンラインセミナーの内容に加筆修正を加えたものです(2020/7/29)

私は入れますよ:
プライバシーフリーク、コンタクトトレーシング(接触確認)アプリの是非を問う――プライバシーフリーク・カフェ(PFC)リモート大作戦!01 #イベントレポート #完全版
接触確認アプリは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大防止に役立つのか、セキュリティに問題はないのか――鈴木正朝、高木浩光、板倉陽一郎、山本一郎の4人が適度な距離を保って議論した。※本稿は2020年6月10日に収録したオンラインセミナーの内容に加筆修正を加えたものです(2020/7/28)

Reddit、1投稿で20点までの画像とGIFを公開できる「Image Galleries」機能追加
Redditではこれまで、1投稿に複数の画像を添付できなかったが、20点までの画像とGIFの添付が可能になった。ただし、モデレータがオプトインする必要がある。(2020/7/16)

「ニューノーマル」時代のオフィス像を模索 NECが本社でデジタルオフィスの実証実験を開始
NECが、東京都港区にある本社において「デジタルオフィスの実証実験」を開始した。新型コロナウイルスの影響で「ニューノーマル」が叫ばれる中、それを前提にしたオフィスのあり方を模索するという。(2020/7/14)

新型コロナ接触追跡システムの可能性【後編】
新型コロナ「接触確認アプリ」はなぜ必要で、なぜ過度な期待は禁物なのか
新型コロナウイルス感染症陽性者の接触追跡アプリケーションは、公衆衛生機関が主導する国家的な取り組みにも有益な技術だ。ただし真価を発揮するためには超えるべき壁がある。それは何か。(2020/7/14)

新型コロナが投げ掛けるプライバシー問題【第3回】
政府主導の「新型コロナ接触確認アプリ」には何の意味があるのか?
人の行動や体温に関するデータを分析し、新型コロナウイルス感染症の拡大を防止しようとする政府の試みには、プライバシー面の不安が伴うとの意見もある。各国はどう対処しているのか。(2020/7/7)

「Googleマップ」アプリのAndroid版でタイムラインの場所を選択削除可能に
Android版「Googleマップ」のタイムラインに保存した場所を、個別に選択して削除できるようになった。昨年12月に発表された機能だが、5月に入って実際に使えるようになっている。(2020/5/27)

Googleさん:
AppleとGoogleのAPI採用新型コロナ通知アプリ開発は今、どの段階にあるのか
AppleとGoogleが新型コロナの曝露(感染者との接触)通知アプリのためのAPIを公開しました。日本では厚生労働省がiPhoneとAndroid端末向けのアプリをそれぞれのアプリストアで公開する予定です。(2020/5/24)

AppleとGoogle、新型コロナ「曝露通知」のAPI公開 日本を含む22カ国がアクセス済み
AppleとGoogleが、予告通り新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の曝露通知アプリのAPIを公衆衛生機関向けに公開した。日本を含む22カ国の政府当局からリクエストがあり、提供済みとしている。(2020/5/21)

FacebookのWebアプリ新デザインが全ユーザーにロールアウト ダークモードあり
Facebookが、昨年のF8で予告したFacebook.comの新デザインを全ユーザー向けに提供開始した。メニューからのオプトインで切り替えられる。ニュースフィードよりグループや動画に重点を置いたデザインだ。(2020/5/9)

Googleショッピング検索、無料リスティング開始 新型コロナ対策の一環で
Googleショッピング検索結果には現在、有料で登録された商品しか表示されないが、無料登録商品も表示されるようになる。新型コロナによるオンラインショッピング需要の高まりを受けての改善としている。(2020/4/22)

Facebookとカーネギーメロン大学、オプトイン調査に基づく新型コロナ感染マップを公開
カーネギーメロン大学が米国のFacebook上で実施した新型コロナについてのオプトインアンケート調査結果のデータに基づいて、Facebookが全米郡別の感染マップを公開した。アンケートには100万件以上の回答があった。両者はこの調査対象を世界に拡大する計画だ。(2020/4/21)

AppleとGoogleの「新型コロナ感染者と接触したかも」通知がフェイク申告を防ぐ方法は?
AppleとGoogleが新型コロナ共闘で開発中の「Contact Tracing(接触追跡)」ツールについて、何がサーバに送られるのか、フェイク申告はどうやって防ぐのかなどを両社のエンジニアさんが説明してくれました。(2020/4/15)

組み込み開発ニュース:
ビーコンで新型コロナ感染者との濃厚接触を追跡、アップルとグーグルが共同開発
アップルとグーグルは、スマートフォンに搭載されているBluetoothを用いて、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染者との濃厚接触を検出・追跡できる技術を共同開発する。(2020/4/15)

Zoom、有料プランで経由リージョンのカスタマイズを可能に
Zoomの有料プランユーザーは、4月18日から会議の経由リージョンをオプトインまたはオプトアウトすることでカスタマイズできるようになる。無料ユーザーでも中国のサーバを経由することはない。(2020/4/14)

新型コロナ感染追跡とプライバシー保護を両立 AppleとGoogleが共同開発する技術とは?
新型コロナの感染リンクをスマートフォンで追跡するツールは、位置情報を使うため国による国民の監視につながる懸念がある。AppleとGoogleが共同開発する技術はどのようにプライバシーを保護するのか。(2020/4/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。