ニュース
» 2010年12月16日 08時10分 UPDATE

Oracle、クラウド版Open Office「Oracle Cloud Office」を発表

OracleはOpen Officeのクラウド版を立ち上げ、GoogleやMicrosoftのオンラインオフィススイートに対抗する。

[Chris Preimesberger,eWEEK]
eWEEK

 オープンソース擁護者らは、米Oralceの米Sun Microsystems買収後にSunのオフィススイート「Open Office」がどうなるか気にかけてきた。今日、新たな進展があった。

 Oracleは12月15日(現地時間)、同製品の取り組みを更新し、デスクトップおよびノートPC向けの「Open Office 3.3」と、モバイル端末向けの「Oracle Cloud Office 1.0」という2つの新バージョンを発表した。

 両製品ともに2つのエディションがあり、オンプレミス版の価格はエンタープライズが90ドルで、スタンダードが50ドル。クラウド版の価格はユーザー数ベースとなっている。

 いずれもOpen Document Format(ODF)およびMicrosoft Office形式のファイル(ドキュメント、表計算、プレゼンテーション)を作成できる。

 Open Office 3.3の新機能として、Oracle Business Intelligence、Oracle E-Business SuiteをはじめとするOracle ApplicationsとMicrosoft SharepointにOpen Officeを統合するコネクタなどが追加された。

 9月にサンフランシスコで開催されたOracle OpenWorldで発表されたCloud Officeは、Webベースのコラボレーションが可能で、モバイル端末やタブレットでドキュメントにアクセスできる。オンプレミスでもオンデマンドでも導入でき、Open Officeに統合できる。通信キャリアやISPは、カスタマイズしたOpen Cloudをコンシューマーおよび企業向けに再販できる。

 これらの製品パッケージは、米MicrosoftのOfficeおよび米GoogleのGoogle Docsと競合する。

 価格が差別化の鍵となる。Microsoft Office 2010はHome and Studentエディションが150ドル、Home and Businessエディションが280ドル、Professionalエディションが500ドルとなっている。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

原文へのリンク

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -