ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  O

  • 関連の記事

「Oracle Applications」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Oracle Applications」に関する情報が集まったページです。

MicrosoftとOracle、クラウドの相互接続で合意 クロスクラウドのシングルサインオン、AzureからOracle Cloud Databaseへ接続など可能に
MicrosoftとOracleが、Microsoft AzureとOracle Cloudの相互接続で合意。クラウド市場で先行するAWS(Amazon Web Services)との距離を詰めるため、両社の強みを組み合わせた提携といえそうだ。(2019/6/6)

HR Techで臨時スタッフを生かしきる
デジタル時代の人事戦略では、人事責任者の役割がますます重要に
デジタル時代の人事戦略では、自動化や埋め込み分析、使い慣れたサービス同様のインタフェースなどの導入が進み、人事責任者の役割はますます戦略的なものに変わりつつある。(2018/5/30)

うまく使えばコンプライアンス問題も解決?
「開発しやすい」だけではNG 管理者にこそ知ってほしいモバイル開発環境7基準
モバイルアプリ開発基盤を導入する時、開発しやすさを一番に求めたくなる。だが、モバイルアプリを使ったビジネス展開をどうするかで考慮すべき点は大きく変わる。本稿では7つのポイントに絞り紹介しよう。(2017/11/8)

クラウド版に先行して3種の新機能を搭載:
PR:データ分析と視覚化をデスクトップで手軽に!「Oracle Data Visualization Desktop」が現場のデータ活用を加速する
「現場の業務ユーザーが使いやすいBIツールを導入し、社内のデータ活用を推進したい」──そんな悩みを持つ企業に適するツールが「Oracle Data Visualization Desktop」だ。Excelファイルやデータベース内のデータを手軽に可視化/分析できる同ツールにより、企業は全社レベルのデータ活用をさらに加速することができる。[ビッグデータ][Big Data](2016/8/29)

「完璧なプラットフォームだ」と自画自賛だが
OracleがSolaris 11.2を発表! だがSolarisとSPARCの将来性は……?
米OracleがSolaris 11.2のβ版をリリースし、ダウンロード可能になった。「完璧なプラットフォームだ」と自画自賛する同社だが、SolarisとSPARCへの投資を継続するのだろうか?(2014/6/26)

Computer Weekly:
OracleがSolaris 11.2を発表! だがSolarisとSPARCの将来性は……?
米OracleがSolaris 11.2のβ版をリリースし、ダウンロード可能になった。「完璧なプラットフォームだ」と自画自賛する同社だが、SolarisとSPARCへの投資を継続するのだろうか?(2014/6/18)

OOW 2013速報:
Exalogic、Enterprise ManagerがNimbula、OpenStack API対応へ
米オラクルが、「エンジニアドシステム」や運用管理製品において、クラウド環境の自動運用管理ツールやOpenStack互換API対応を発表した。(2013/9/26)

ERP NOW!【第8回】
「ソーシャルERP」は仕事に使えるTwitter、Facebook?
ERPパッケージに追加されることが増えてきたソーシャル機能。人と人の関係から意味ある情報を抽出し、共同作業を効率化する機能です。SAP、Oracleの製品から「ソーシャルERP」の今後を見てみましょう。(2011/6/29)

日本オラクル、業務アプリケーション製品のアップグレードを支援する新プログラム
日本オラクルは1月31日、業務アプリケーション製品群「Oracle Applications」による既存システムのアップグレード支援プログラムを発表した。(2011/2/1)

Oracle、クラウド版Open Office「Oracle Cloud Office」を発表
OracleはOpen Officeのクラウド版を立ち上げ、GoogleやMicrosoftのオンラインオフィススイートに対抗する。(2010/12/16)

NEWS
日本オラクル、旧サンの技術・製品を継承したストレージ製品群「Sun ZFS Storage Appliance」などを発表
日本オラクルがサーバ/ストレージ事業などの国内製品戦略を発表した。旧サン・マイクロシステムズの技術や製品を統合した新製品を順次提供する。(2010/10/20)

NEWS
日本HPと日本オラクル、HP/Oracle環境へのマイグレーションで協業強化
日本HPと日本オラクルは協業を強化し、Oracle GRID Centerを活用したソリューション開発などを通して、他社環境からHP/Oracle環境へのマイグレーションを加速させる。(2010/3/24)

アプリケーションベンダーが語るIFRS【第2回】
オラクル「IFRS対応は金銀銅メダルで考えよう」
オラクルは複数の業務アプリケーションを展開する。企業はIFRSをどうとらえ、ITシステムの対応を進めるべきなのか。日本オラクルの担当者にIFRS対応、IFRSを生かした経営管理について聞いた。(2009/11/20)

NEWS
日本オラクル、エンドユーザー教育用コンテンツ開発ツールを提供
ユーザートレーニングで使用する業務システムの操作マニュアルやシミュレーション環境、設計やテストに関するドキュメントなどを自動的に作成する。(2009/3/23)

Oracle Accelerateを活用:
日本オラクル、中堅企業向けERP製品をパートナーと新たに開発
日本オラクルはパートナー企業がノウハウを持ち寄って開発するプログラム「Oracle Accelerate」を活用した中堅企業向け新アプリケーションを提供すると発表した。(2008/10/29)

オラクルユニバーシティ2009年度の戦略を発表:
求められるのは、上流工程で活躍するDBエンジニア
(2008/7/22)

ERPとプロセス統合:
日本オラクル、PLMの最新版を提供
日本オラクルはOracleのPLMアプリケーションの最新版を同日から提供すると発表した。(2008/6/19)

NEWS
オラクルのPLMアプリケーション最新版、Oracle AppsとのSOA連携を強化
「Agile PLM 9.2.2.4」の提供を開始。「Oracle E-Business Suite」および「JD Edwards EnterpriseOne」とのSOAによるプロセス統合が可能になった。(2008/6/19)

SAPPHIRE 08 Orlando Report:
SAPはSaaSで出遅れ? カガーマンCEOの答えはノーだ
昨年9月、「Business ByDesign」でSaaS市場に参入したSAPだが、事業の展開が計画より遅れている。この市場では、salesforce.comやNetSuiteなどの新興企業がパイオニアとして存在し、SAPはこのまま後塵を拝するのか?(2008/5/7)

Fusion登場の年、Oracleのアプリケーション戦略は?
 2008年は米Oracleが買収したソフトウェア企業の製品を統合して構築するアプリケーションの新製品「Oracle Fusion Applications」が登場する。アプリケーションの最新戦略について聞いた。(2008/4/10)

日本オラクル、公益業界向け製品スイートを提供開始
日本オラクルは、電気やガス、水道などの公益業界向け顧客管理製品スイート「Oracle Utilities」の提供を開始した。(2008/4/3)

日本オラクル、SOAでシステム構築するためのフレームワークを提供
日本オラクルは、SOAに基づく異種アプリケーション統合基盤の構成要素の1つであるフレームワークを発表した。(2008/3/26)

日本オラクルの「圧力団体」、Fusionを迎え撃つ
「日本オラクルに圧力をかけるのが仕事」と話すのは、日本ユニシスのCIO平岡昭良氏。日本オラクルへの圧力団体を自負する日本OAUGの会長という肩書きも持つ。(2008/3/12)

日本オラクル、中小企業向けパートナープログラムを発表
8月に中堅企業を対象としたSMB戦略を発表した日本オラクルが、パートナーとの協業を強化し、業務アプリケーション製品群の市場拡大を目指すことが明らかになった。(2007/10/4)

Oracle OpenWorld Asia Pacific 2007 Report:
「SaaSだけのベンダーとは違う」とOracle
Oracle 上級副社長ジェスパー・アンダーセン氏は、同社の市場優位性を「リーダーシップ、イノベーション、そして多彩な選択肢」だと分析する。(2007/8/6)

オラクルの圧力団体として機能したい――日本OAUG平岡会長
日本OAUGは日本ユニシス 上席常務執行役員 平岡昭良氏の新会長就任を発表し、2008年度の活動方針について説明した。(2007/8/3)

Oracle OpenWorld Asia Pacific 2007 Report:
「レガシーを一新する」、創業30周年のOracleが強力なパートナープログラムを披露
7月30日、上海では2度目となる「Oracle OpenWorld Asia Pacific 2007」が開幕。基調講演では、HPなどとの密接なパートナーシップが改めて強調された。(2007/7/31)

業種ごとの業務プロセスに対応する「アプリケーション統合アーキテクチャー」を発表――日本オラクル
日本オラクルは「Oracle Applications」の統合基盤「アプリケーション統合アーキテクチャー」を発表した。(2007/7/20)

BEA Industry Analyst and Media Summit 2007 APAC Report:
SOAでシステム間連携を簡素化、BPMも視野に入れる出光興産
「BEA Industry Analyst and Media Summit 2007 APAC」で、石油大手の出光興産がSOA導入の取り組みについて紹介した。同社システム総合研究所の山村所長は、BPMによる継続的な業務改善も思い描いている。(2007/6/29)

オラクルとフレームワークス、物流システムで協業
フレームワークス開発のサプライチェーン向けシステム基盤「物流プラットフォーム(仮称)」に日本オラクルの「Oracle Fusion Middleware」が採用された。両社は今後とも、製品の連携や共同セミナーの開催など、積極的に協業を行っていくという。(2007/5/22)

Oracle、Xファクター
Project Xの開発をめぐっては、連携フレームワークが登場することでFusion Applicationsが不要になるのでは? との疑問もある。その真相を探ってみると。(2007/4/18)

Oracle、新たな「Project X」でSOA連携レベル上げる
米Oracleに近い筋の情報によると、同社は「Fusion Applications」の普及促進の可能性を見込み、新たなSOA戦略を構築しているという。(2007/4/13)

オラクルデータベースの新潮流:
Oracle GRIDの導入はベンダーロックインにつながるか?
従来は、部分最適化された情報システムがいくつも存在することが当たり前だった。その結果、運用管理コストがかさむようになり、新規システムへの投資を圧縮せざるを得ない状況に陥っていった。そうした情報システムのあり方を根本的に見直し、標準技術によってシステム統合を実現する基盤を構築しようというのが、Oracle GRIDの基本思想である。(2007/3/30)

Oracle Applications Success Story〜「Siebel Sales」導入事例
全従業員のリアルタイム情報共有を実現し、9期連続の過去最高益を計上
住友グループの総合リース会社として、幅広いフィールドでリースビジネスを展開している住商リース。商談から契約管理まで、すべての営業プロセスを統合することで、リアルタイムな全従業員による情報共有化が可能になり、業務効率を大幅に改善させたという。(2007/1/10)

日立コンサルティング、「Siebel CRM On Demand」を採用
日立コンサルティングが、SaaS型の「Siebel CRM On Demand」を採用したことを明らかにした。グローバル標準のプロセスモデルを備え、短期かつ低コストで導入できるのが決め手となった。(2006/12/25)

グローバルオペレーションを通じて企業の競争力向上を支援
最新のOracle E-Business Suiteがいよいよ登場
Applications Unlimited製品戦略に基づく「Oracle E-Business Suite」の新バージョンがいよいよ登場する。「グローバル ビジネス リリース」と銘打ったこの新バージョンは、一気通貫のグローバルオペレーションを通じて企業の競争力向上を支援するために、実にさまざまな機能追加、および拡張が行われた。グローバルに思考し、活動し、システムを管理する企業に向けて、「Oracle E-Business Suite 12」は最高の包括的なソリューションを提供する。(2006/12/13)

特集サイト
基幹系アプリケーション
(2006/12/5)

IT資産価値向上のためのパッケージ活用【後編】
ソフトウェアの長期的な戦略活用を考える!
日本企業でもM&Aが日常的に行われるようになり、すでに多くの企業はビジネスをグローバル横断的に展開している。このようなビジネス環境の急速な変化が、エンタープライズ・アプリケーションにどのような影響を与えているのかを考えてみたい。(2006/12/1)

Oracle SOA Suite 10g Release3発表、JDeveloper製品版も無償公開
日本オラクルは、SOA対応システム環境を実現する機能をパッケージ化した「Oracle SOA Suite 10g Release3」を正式発表した。併せて、初のSOA統合開発環境であるOracle JDeveloperも無償公開した。(2006/11/13)

IT資産価値向上のためのパッケージ活用【前編】
今こそパッケージの意義を問い直す!
約15年前にERPという言葉が登場して以来、その普及度合いは当時と大きく異なってきた。そこで、これまでの問題点を振り返りながら、パッケージ活用の真の目的である、ビジネスに貢献するエンタープライズ・アプリケーションについて考察する。(2006/10/13)

Column
マイクロソフト対抗策としてオープンソースを利用するオラクル
オープンソースソフトウェア市場におけるオラクルの最近の動きは、マイクロソフトに揺さぶりをかけるのが狙いだというのが、多くのITプロフェッショナルの一致した見方だ。(2006/8/22)

日本オラクルが中堅・中小市場に仕掛ける新たな一手
日本オラクルと日本オラクルインフォメーションシステムズが発表した中堅企業向けアプリケーションビジネスの新戦略、戦略の速やかな実行こそが同市場で重要な要素になるとウォルベン氏は話す。(2006/7/24)

SiebelとOracleの本格融合でCRM市場の制圧を図るオラクル
 日本オラクルは同社のCRM戦略の最新の状況について説明した。(2006/6/26)

日本オラクル、アプリケーション新戦略を発表
日本オラクルは日本オラクルインフォメーションシステムズと協業し、現行のOracle Applicationsの製品開発を今後も継続する同社のアプリケーション戦略「Oracle Applications Unlimited」を発表した(2006/6/15)

進化する!データベーステクノロジー:
Oracle DB 10g R2のセキュリティは本当に向上したのか?
 オラクルは、企業システムのミドルウェアプラットフォーム「Oracle Fusion Middleware」、ミドルウェア上で稼働する業務アプリケーション群「Oracle Applications」、そして運用管理基盤「Oracle Enterprise Manager」を統合したトータルな企業システム環境を提供しているが、Oracle Databaseは、それらのあらゆるアプリケーション、ミドルウェアのデータ基盤としての役割を果たしている。最新版の「Oracle Database 10g Release 2」では、可用性やパフォーマンス向上のためのグリッド機能、さらにはセキュリティや運用管理など、さまざまな機能強化が図られている。(2006/5/23)

Oracle OpenWorld Tokyo 2006 Report:
今を見極め、変化に対応する次世代の「Fusion Applications」を売り込むOracle幹部
最終日を迎えたOracle OpenWorld Tokyo 2006で、午前のキーノートにアプリケーション開発を統括するウーキー上級副社長が登場、次世代の「Fusion Applications」戦略を顧客らに説明した。(2006/3/3)

Oracle OpenWorld Tokyo 2006 Report:
OOW Tokyo開幕、「フュージョン効果」で日本企業の業務プロセス改善も進むとOracle幹部
Oracle OpenWorld Tokyo 2006が開幕、キーノートには、Oracle Fusion Middlewareを統括するクリアン上級副社長とOracle Databaseを統括するメンデルソン上級副社長が登場し、ミドルウェア基盤の戦略を語った。(2006/3/2)

PR:TURNAROUNDを支えるオラクルテクノロジーを東京から世界へ向けて発信するOracle OpenWorld Tokyo 2006
2006年3月1日(水)〜3日(金)の3日間、東京・丸の内の東京国際フォーラムにおいて、日本オラクル株式会社および米国オラクル・コーポレーションの主催による「Oracle OpenWorld Tokyo 2006」が開催される。「TURNAROUND JAPAN 〜事業再生とITの役割〜」をテーマにしたこのイベントは、来場者にどんな発見と驚きを与えてくれるのか。Oracle OpenWorld Tokyo 2006の見所について、日本オラクル株式会社システム事業推進本部営業推進部部長、杉崎正之氏に話を伺った。(2006/2/23)

米Oracle、日本のアプリケーション事業統括者として前EMCジャパン社長を任命
米Oracleは日本のアプリケーション事業を統括する上級副社長兼GMとして、EMCジャパンの前社長、ウォルベン氏を任命していた。都内で開催された16日の日本OAUG年次総会にも姿を見せている。(2005/11/17)

日本オラクル、EBSユーザー向けに新たなサポートポリシー
日本オラクルはアプリケーションのライセンスを持つ限り全製品に標準で無期限にサポートサービスを提供するという新たなポリシー、「ライフタイム・サポート・ポリシー」を打ち出した(2005/10/5)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。