ニュース
» 2011年03月07日 11時38分 UPDATE

Google、非Honeycombアプリにタブレット向けUIを追加するツールを発表

Googleが、Android 1.6以降の旧OS向けアプリをAndroid 3.0で利用できるようにするための「Android Compatibility Package」をリリースした。

[Clint Boulton,eWEEK]
eWEEK

 米GoogleのAndroid開発チームが、タブレット向けユーザーインタフェース(UI)を構築する「Fragments API」をAndroid 1.6以降のOS向けアプリでも利用できるようにするソフトをリリースした。

 この「Android Compatibility Package」は同社のSDK Updaterで入手できると、Android開発者担当のティム・ブレイ氏が3月3日(現地時間)、公式ブログの短い投稿で語った。

 Googleは2月、開発者が多様な画面サイズに対応するアプリケーションを書くためのFragments APIをリリースした。このAPIは、特にAndroid 3.0(コードネーム:Honeycomb)搭載のMotorola Xoomなどのタブレットに向けたものだ。

 Android開発者は、アプリのUIを「フラグメント(断片)」として作成し、これを1つの「アクティビティ」にまとめることで、例えばHoneycomb版Gmailアプリの複数パネルのようなUIを構築できる。

 このAPIに決定的に足りなかったのは、旧バージョンのAndroid向けアプリへの対応だ。

 複数バージョンのAndroid搭載端末が混在している現在、これは問題だ。Googleが提供するAndroid Device Dashboardによると、Android 1.5はスマートフォンの3.9%で稼働しており、1.6は6.3%だ。

 後は、Android 2.1(31.4%)、Android 2.2(57.6%)、Android 2.3(0.8%)という構成だ。タブレット向けに設計されたAndroid 3.0はまだこのダッシュボードには登場していない。

 複数ビルドの問題は、キャリアが最新版のAndroidにすぐにアップグレードせず、アプリが複数ビルド間で断絶してしまうところにある。

 例えば、Googleは2009年にAndroid 2.0搭載スマートフォン向けに多数のアプリをリリースしたが、それらを以前のバージョン向けにも対応させなければならなかった。

 機種によってはこうした作業が開発にとってもユーザビリティにとっても問題になっていた。Android Compatibility PackageでFragments APIが利用できれば、タブレットの問題は改善されるだろう。

原文へのリンク

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ