ニュース
» 2011年03月15日 08時44分 UPDATE

Twitterが創業5周年 1日当たりの平均ツイート数は1億4000万件

東北地方太平洋沖地震発生の日のツイート数は1億7700万件、翌3月12日の新規加入者数は平均を大きく上回る57万2000人だった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Twitterが創業5周年を迎え、現在の利用状況を示す幾つかの数字を発表した。同社の共同創業者であるジャック・ドーシー会長らは2006年の3月にTwitterのプロトタイプを立ち上げ、3月21日に最初のツイートを投稿した。

 ツイート数に関する数字としては、以下の数字が紹介された。

  • 3年2カ月と1日:最初のツイートから10億件達成までの期間
  • 1週間:現在10億件のツイートが投稿されるのに要する期間
  • 5000万件:2010年の1日平均ツイート数
  • 1億4000万件:2011年2月の1日平均ツイート数
  • 1億7700万件:2011年3月11日(東北地方太平洋沖地震発生の日)のツイート数
  • 456件:2009年6月25日にマイケル・ジャクソンが亡くなった際の1秒当たりのツイート数(TPS)
  • 6939件:TPSの最高記録(日本の新年0時4秒時点)

 アカウント数関連の数字は以下の通り。

  • 57万2000人:2011年3月12日の新規加入者数
  • 46万人:2月の1日当たり新規化入社数
  • 182%増:過去1年の携帯からTwitterを利用する加入者の増加率

 同社の従業員数は、2008年1月の8人から、2009年1月には29人、2010年1月には130人、2011年1月には350人、同日の400人と増加している。

 また、ドーシー会長は同日、#twttrというハッシュタグで創業当時の思い出を連続ツイートしている。

 jack 「5年前の今日、僕たちはTwitter(略称twttr)のプログラミングを開始し、8日後に最初のツイートを投稿した」

関連キーワード

Twitter | 東北地方太平洋沖地震 | 地震


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -