ニュース
» 2011年04月06日 11時33分 UPDATE

Google、マルウェアダウンロードに警告する機能をChromeに追加

2007年に発表した「Safe Browsing API」のブラックリストにWindowsの悪意ある実行ファイルを追加し、そうしたファイルをダウンロードしようとすると警告を表示する機能をGoogle Chromeの開発者版に搭載した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは4月5日(現地時間)、URLブラックリスト上のファイルをダウンロードしようとすると警告する機能をGoogle Chromeの開発者版に追加したと発表した。次期正式版「Google Chrome 11」にも搭載する計画という。

 Googleは2007年に、同社が収集した不審なURLのブラックリストを利用できる「Safe Browsing API」を公開した。Google Chromeのほか、MozillaのFirefoxとAppleのSafariがこのAPIを利用している。

 Googleはこのブラックリストに悪意あるWindows実行ファイルを追加した。Google Chromeの開発者版でユーザーがブラックリストに載っている実行ファイルをダウンロードしようとすると、以下のような警告が表示される。

 Safe Browsing

 なお、Googleはユーザーが訪問したWebサイト履歴などのデータを同機能から収集することはないとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -